LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【iPhone】画面を自動でタップする方法、スイッチコントロール機能の使い方!ゲーム周回タップのオート化

iPhoneで画面のタップ、スワイプを自動化する方法をご紹介します。

一か所をタップし続けるだけのタワーディフェンスゲームや、一定時間毎に出発する放置ゲーム、RPGのアイテム集めやレベル上げ周回、人間が手動で操作するには単純すぎるゲームが多いですよね。
そんな時、画面タップをオート化できれば、気が付けば大きくレベルがアップしていたり、アイテムがザクザク入手できたりします。

最近では「オートクリッカー」という、画面上の任意の場所をタップ、スワイプする自動タップ装置的なガジェットも販売されています。Androidでは「自動クリッカー」や「クリックアシスタント」など、オートクリックアプリもリリースされていますが、iPhoneにはiOSのデフォルト機能で自動タップが可能な「スイッチコントロール」が実装されています。

 

スイッチコントロール機能の設定方法

設定アプリを開き「アクセシビリティ」>>「スイッチコントロール」>>「レシピ」をタップ▼

 

「新しいレシピ」画面になるので、レシピに名前をつけて「スイッチを割り当てる…」をタップ▼

 

「フルスクリーン」を開き「カスタムジェスチャ」を選択▼

 

この画面で、ジェスチャを記録して、終了したら右上の「保存」をタップ▼

1つめのタップ、スワイプした時から10秒間 5つのアクションを記録可能です。
全画面で操作したい時は「コントロールを非表示」をタップします。
実際に自分がタップした時間間隔や位置が記録されます。

 

スイッチコントロールの起動設定

設定アプリを開き「アクセシビリティ」から「スイッチコントロール」>>「レシピ」をタップ。

「レシピを起動」をタップし、先ほど作ったレシピにチェックを入れる▼

 

アクセシビリティの「ショートカット」から「スイッチコントロール」にチェックを入れる▼

 

これでボタンを3回クリックするとスイッチコントロールが起動します。
第2世代iPhone SEなど、ホームボタンがある機種はホームボタン、iPhone 12などFaceID機種はサイドボタン(電源ボタン)をクリックします▼

スイッチコントロールは、画面を1回タップすると、記録したジェスチャが1回実行されます。画面をタップしまくると、何度も繰り返し実行されます。

 

実際の設定方法

次のようなシチュエーションでオートタップの設定をしてみます▼

画面では探索時間が時間単位になっていますが、少し長すぎるので時間を10分として置き換えて読んで下さい。

 

私はタップ位置の記憶用に、マスキングテープに番号を書いて画面に貼っています▼

 

こんな感じ▼

 

その後、上で解説したスイッチコントロールで実際にタップします▼

 

実際にゲームアプリでスイッチコントロールを実行して、微調整します。

画面を何度もタップすると、長時間同じジェスチャを実行し続ける事も可能です。しかしながら、周回プレイ中にタップする位置に他のコマンドが表示されると、それもタップされてしまい上手くループさせる事が難しいです。

その場合、「スイッチコントロール」と自動タップ装置を併用するか、画面を1タップで出撃できる簡易自動化用として使うしかありませんね。

 

スイッチコントロールでタップ自動化まとめ

スイッチコントロールでは、10秒間のジェスチャを記録する事ができますが、最初にタップした時から最後のアクションまでの間隔が記録されるようです。
そのため、ポンポンポンと短時間で記録すると、2,3秒に1度アクションが繰り返される事になります。
長時間起動し続けたい場合、ゆっくりと記録しておくと良いでしょう。
例えば10秒一杯まで時間を使って記録しておけば、画面を6回タップするたび、1分間オート化されます。

私も某放置ゲームで使っていますが、面倒なレベリング作業が楽になります。

あまり長時間自動化しておくと、ゲームによってはアカウント停止などの危険があります。ご注意ください。
また、スイッチコントロール起動中は、画面は排他処理されタップを受け付けてくれなくなります。
画面も点灯しっぱなしになりますので、長すぎる自動化は画面の焼き付きにも注意して下さい。

M6 スマホ連打機 自動連続タップ チート装置
【自動】連続自動で画面をタップ!

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top