LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【実機レビュー】4K有機EL・反応速度1msのタッチパネルの高スペック・モバイルモニターInnocn PU15-PRE

深センのモニターメーカーinnocn(イノセン)から発売されている、15.6インチのモバイルモニター「Innocn PU15-PRE」が手元に来ました。数日間使ってみましたので、使用感を共有したいと思います。

ちなみにモバイルモニターとは、持ち運び可能なコンパクトなモニターで「パーソナルモニター」とも呼ばれています。
最近の巣籠もり需要では、リモートワークやオンライン授業の時、PCのサブモニターとして人気のデバイスです。また子供にテレビを独占されがちな、ゲーム用モニターとしても使えます。在宅率の高い状況下では、一家に一台あると便利なデバイスです。

 

フラッシュ・レビュー

お勧めポイント
 ベゼルが極細でコンパクト
 バッテリーを内蔵で電源なしで使える
 内蔵スピーカーの音が綺麗
 画面が10点タッチ 対応
 コントラスト比 100000:1でくっきり鮮やか
 輝度400cd/㎡の明るい画面
 視野角が広い
 2系統のポート入力に対応
 応答速度は1msで本格的なゲームに使用可能
 スマホへの充電等モバイルバッテリーとして使える
 ブルーライト軽減で目に優しい

 

残念な点
 3.5インチ・ミニステレオジャックがない
 グレア加工で光の映り込みがある
 

 

Innocn PU15-PRE スペック

モデル番号 ‎PU15-PRE
画面サイズ 15.6 インチ
解像度 3840*2160
UHD(4K)
パネルタイプ OLED
10点タッチパネル
画面比率 16:9
輝度 400cd/㎡
色域 100%DCI-P3
応答速度 1ms
リフレッシュレート 60 Hz
コントラスト比
(標準値)
100000:1
バッテリー容量 5,000mAh
視野角 約 178°
ダイナミックコントラスト比 1000:1
定格電圧/電流 DC 20V/2.25A
内蔵スピーカー 1 W x 2
インターフェイス USB-C x 2
Mini HDMI x1
重さ 950g
製品サイズ 358X233X6.5mm
(幅x高さx厚さ)

 

開封レビュー

【セット内容】

  • PU15-PREモニター本体 x1
  • スタンド兼カバー x1
  • PD充電器(45W)
  • Mini HDMI to HDMIケーブル
  • USB-C to USB-C ケーブル(USB3.1 Gen2 規格対応)
  • 給電用USB-U to USB-Cケーブル
  • 取扱説明書, キャリブレーションレポート

取扱説明書は、全て日本語で書かれています▼

 

筐体レビュー

モニターサイズは 15.6インチ、アスペクト比16:9、画面はグレア加工(艶あり)▼画面前面はベゼル部もガラスで覆われています。

500mlのペットボトルと並べたサイズ感▼

 

付属のケース(カバー)は、折りたたんでスタンドになるタイプ▼

 

モニター背面はメタル製です▼

 

質感はノートパソコンによくあるアルミ合金製。Innocnのロゴが入っています。

 

重さは実測で約973グラム。公称スペックより23グラム重かったです。同サイズのモバイルモニターは 平均で約700~750gですが、こちらのモバイルモニターはバッテリーを搭載していますので、このくらいの重さになりますね▼

 

厚さ7.0mmジャスト▼

 

モニター右側面にはUSB Type-Cポートが2口とMiniHDMIポート▼USB-Cポートは、下側が映像出力用、上側は給電用。ちなみに下側のポートは電力の出力が可能で、モバイルバッテリーとして他のデバイスへの給電も可能となっています。

USB ACアダプターがあれば給電できます▼

 

付属のUSB充電器は、45WのPD充電器が付属していました(20V/2.25A)

 

右側面上部にはボリューム調整ボタンが配置されています▼

 

筐体の左右の中央部には、出力1Wのスピーカーが配置されています。
↓画面中央の・・・のある吸気口のように見える穴▼

 

電源ボタンは右上部▼

 

ディスプレイ発色・視野角

モニターサイズは 15.6インチの有機EL液晶4K(3840 x 2160)画面、アスペクト比16:9。画質は発色が綺麗です。
ドット抜けもなく、手持ちのノートパソコンと並べてみても彩度が鮮やかで、明るいモニターでした▼

 

視野角が広く視野角178°の浅い角度からも視聴可能です。真横近くからでも画面が確認できます▼

10点タッチに対応したタッチスクリーンで、最近重視されているTUV(テュフ)認証にて「目に優しいモニター」として認証されています。

 

画像出力

画面のOSD調整メニュー

電源ボタンを軽く押すと設定メニューが表示されます▼

 

タッチパネルなので直接タッチして設定できます▼

【設定可能項目】

  • 輝度
  • コントラスト
  • シーンモード
    ・標準、シアター、ゲーム、RGB、Adobeモード、アイケア
  • 色温度
  • OSD
    ・表示時間、透明度
  • 彩度
  • 重力センサー
  • 音量
  • ロック
  • 言語
  • HDRモード
  • オールリセット
  • 入力切替(Type-C / HDMI)

 

画面出力レビュー

出力はモニター右側に配置されている、USB-CとMiniHDMIの2系統が使えます。
付属しているケーブルはUSB-C➡USB-Cが2本。1本は映像入力用で、もう1本は充電用の太いケーブルとなっています。HDMIケーブルは MiniHDMI➡HDMIケーブル。

USB-Cでの映像出力可能なノートPCやデバイスは、モバイルモニターへの給電+映像出力がUSB-Cケーブル一本で可能です。
スマートホンは、DisplayPort Alt Mode(DP Alt Mode)に対応していれば出力可能です。

ノートパソコンでHDMI出力する場合は、フルサイズのHDMIポートに対応していない事が多いので、MiniHDMI➡MiniHDMIケーブルを用意するか、変換アダプタを用意する必要があります。

HDMIメスMiniHDMIオス変換アダプタで変換▼

 

ノートパソコンのマルチモニター(サブモニター)として丁度良いサイズです▼

Fire TV StickやChromecast、Apple TVなどのセットトップボックス(STB)でも使えます。HDMI出力できるデバイスなら、ほぼ何でも映せますので、DVDやブルーレイプレイヤーも楽しめます。

 

バッテリー

5000mAhのバッテリーを内蔵しているので、電源が取れない環境でも使えます。だいたい3時間から4時間くらいは使えました。

バッテリーで駆動中

 

ゲーム機対応(PS4 / ニンテンドーSWITCH)

子供達にテレビを占領されがちなゲーム機でも、モバイルモニターが活躍します。
ニンテンドーSWITCHを大画面に映してプレイできます▼

 

プレイステーション4も問題なく遊べます▼

リフレッシュレートは60Hzとなっていますが、応答速度は1msと、ゲーミングモニター並みの反応速度を実現しています。 Apex Legendsで遊んでみましたが、かなり描画速度が速く快適にプレイできました。

内蔵スピーカーは、1ワットx 2と非力ですが、音割れも無く音質に違和感も感じません。結構きれいな音が鳴りました。
Youtubeやネットフリックスなど、動画視聴では十分です。ただし音圧が弱いので、大人数での動画視聴やゲームを遊ぶ時は、少し物足りなく感じるかもしれません。

 

まとめ・価格・販売サイト

Innocn PU15-PREは、4K 、タッチスクリーン、バッテリー内蔵、OLED(有機EL)、反応速度1ms、と全部入りのハイエンド・モバイルモニターとなります。とにかく鮮やかで明るいモニターという印象です。モニター付属のスピーカーとしては音も悪くありませんので、別途外部スピーカーを用意する必要も感じません。

一番のポイントはバッテリーを内蔵しているので、机上でデバイスと接続するだけで即モニターとして使える点だと思います。ニンテンドーSwitchでちょっと遊びたい時など、ほんと便利ですよ。

 

価格は83,990。Amazonにて購入可能です。

 

Innocn PU15-PRE
 モバイルモニター 4K OLED UHD Innocn 10点タッチ 15.6インチ
 

 メーカーさんの方からサンプル品をご提供頂いてのレビューとなります。金銭の授受などはありませんので、公正な視点で製品をレビューしています。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top