スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【2018年10月の2トップ発表】圧倒的な人気NO1の中華タブレット&ノートパソコンまとめ


2018年 9月~10月の段階で「中華タブレット」と「中華ラップトップ・パソコン」の人気端末を集計してみました。
面白いことに、どちらも人気が1機種のみに集中しており、売り上げ台数の7割以上を独占している状態でした。

意外な結果でしたので急遽、人気2トップ端末をご紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

中華ラップトップ部門【1位】Teclast F5 Laptop

Teclast F5 Laptop スペック

OS  Windows 10 Home OS
CPU Intel Gemini Lake N4100
GPU Intel HD Graphics 600
ディスプレイ 11.6 インチ
1920 x1080
メモリー 8 GB DDR
 内部ストレージ 128GB SSD
カメラ 前面カメラ:2.0MP
microSD
スロット
あり
Bluetooth 4.2
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
バッテリー 3,850 mAh
 インターフェイス USB Type-C
MicroUSB
ミニHDMI
3.5mmステレオジャック
 サイズ 27.4x 18.1x 1.2 cm
 重量 約 980 g
その他

ディスプレイは11.6インチ、解像度1920 x1080(FHD)で視野角178°のIPS液晶を採用。

タッチスクリーン対応▼

Teclast のFシリーズは、ヒンジ部が360°回転できるのが特徴のラップトップPC。タッチスクリーンを採用しているので、タブレットとしても使えるマルチユースのデバイスとなっています。

用途によって様々なモードで使えるのがF5の特徴です▼

「Teclast F5 Laptop」は、CPUにIntel Gemini Lakeを搭載した11.6インチ画面の端末で、既にリリースされている13.3インチ画面端末「Teclast F6 Pro」の下位モデルとなっています。搭載されているCPUの Intel Celeron N4100 はGemini Lake世代の Nシリーズ で、格安ノートパソコン向けに開発されたWi-Fi内蔵 CPUです。性能は抑えめだが消費電力が少ないというメリットがあります。 前世代のApollo Lakeに比べ 30 % 処理能力が上がり、YouTubeやNetflixといった動画視聴が快適になっています。
決して高スペックではありませんが、メール・ネットでの調べ物、資料作成などのビジネスユース・動画視聴程度なら十分なスペックです。電源はMacBook Pro同様にUSB-C PD (USB Power Delivery) に対応していますので、邪魔で大きい専用のACアダプターを持ち運ぶ必要がありません。

【 販売価格の目安 】
標準価格は約5万8000円。セール時のお買い得価格は3万6,000円~3万8,000円

【GearBest販売ページ】(クーポン情報

→ Teclast F5 Laptop

人気の中華ラップトップ・パソコンまとめ

絶大な人気の「Teclast F5」ですがは、ラップトップPCというより “Windowsタブレット” としても使える「ネットブックPC」といったマルチユースのデバイスです。日本国内で販売されている11.6インチの平均的なネットブックは、内部ストレージ 32GB+メモリー 2GB程度の低スペックです。一方「Teclast F5 」は、ほぼ同価格でストレージ 128GB+メモリー 8GB、それに加えてタブレットとしても使えます。この仕様を比較したただけでもコストパフォーマンスの高さが際立ちます。

Teclast F5 が売れる少し前までは「ALLDOCUBE Mix Plus」が圧倒的な人気端末でした。この2つのデバイスの共通点は、ペンタブとしても使えるという事です。中華ノートを 廉価でオールマイティなペンタブ として使う事が流行しているのかもしれません。画面13.3インチの「Teclast F6  Pro」という上位モデルもありますが、人気はボチボチといったところです。

ちなみにタブレット変形しない通常の中華ノートでは、「Jumper EZBOOK 3 PRO」がロングセラー継続中です。3万円強で6GB RAM + 128GB SSD搭載の「Teclast F7」もジワジワ人気が出てきました。
ハイエンド機は「Xiaomi Mi Notebook Air」のCore i7 + GeForce MX150 版が強いです。このスペックで約 10万円 (セール価格) で買えるので、非常にお得感が高い端末です。

中華タブレット部門【1位】Chuwi Hi9 Air

Chuwi Hi9 Airスペック

OS Android 8
CPU MTK6797 Helio X20
Deca Core
RAM / HD 4G / 64G
ディスプレイ 10.1 inch
2560*1600 pixels
Bluetooth 4.2
WI-Fi  802.11 a / b / g / n / ac
バッテリー 8,000mAh
MicroSD 最大 128GB
対応バンド WCDMA:
1/2/5/8
LTE:
1/2/3/5/7/8/20/40
サイズ 24.17 x 17.20 x 0.79 cm
重量 550 g

 

画面はSharp製の10.1インチの2.5Kスクリーン。大型ディスプレイタブレットです▼

SoCにMediaTekの MTK6797(Helio X20) Deca Coreを搭載した、ミドルハイレンジの端末となっています。公式に発表されているAntutuベンチマークのスコア(v7)は92,882。Helio X20は2016年発売のハイエンド向けの10コアのプロセッサーとなっていますが、価格に対して高い処理性能が得られることから、最近の中・低価格帯のタブレットには積極的に採用されているプロセッサーです。Hi 9 Airでも高いコストパフォーマンスを実現していますね。
これだけの画面解像度と処理能力があれば、ゲーム専用端末としても十分に活躍できるでしょう。

LTEに対応していますので、ワンコインSIMを挿しておけば どこでもゲーム が楽しめますし、強力なGPS測位システムを搭載していますので、カーナビ代わりにも使えそうですね。またディスプレイが10インチありますので、Bluetoothキーボードを持ち歩けばビジネス文書作成なんかにも使えそうです。

【 販売価格の目安 】
標準価格は約 2万 7,000円。セール時のお買い得価格は 2万~2万1,500円

【GearBest販売ページ】(クーポン情報

→ Chuwi Hi9 Air

【Banggood 販売ページ】(クーポン情報

CHUWI Hi9 Air

人気の中華ラップトップ・パソコンまとめ

中華ラップトップの「Teclast F5」同様に、中華タブ部門では「 Chuwi Hi9 Air 」! コレしか売れないという程に人気が集中しています。
8.4インチ画面モデルでLTE対応の下位モデルの「Chuwi Hi9 Pro」も注目を集めています。とはいっても Hi9 Airの 2割り程度の売れ行きです。
同様に4G対応タブ「Teclast T20」なども売れていますので、大画面タブに格安SIMを挿して外に持ち出して使う方が増えてきたのかもしれません。
実は私も長期入院中の知人に頼まれて「 Chuwi Hi9 Air 」を差し入れしました。モバイルルーターで接続して、DTVやAmazon TVを見まくるそうです。

コストパフォーマンス的には「Xiaomi Mi Pad 4( 32GBモデル)」。Snapdragon 660搭載してAntutuベンチマーク 12万超えで約 2万円で買える事から注目されているようです。

中華ノート・中華タブレット共に、私の予想の斜め上を行った結果でした。どちらも少し特殊な端末ですが、接戦では無くぶっちぎりのトップ!驚きました。

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top