スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

筆圧レベル2048のお絵かきタブにもなるHelio X20搭載タブレット「VOYO i8 Max」【スペックレビュー】

中国のタブレットメーカー ”VOYO ” からAndroidタブレット「VOYO i8 Max」が登場しました。こちらの端末は同社の「VOYO i8 Plus」をベースにSoCを大幅アップグレードしたモデルで、Surface風のキックスタンドを搭載し筆圧レベルが2048対応の本格お絵かきペンタブとしても使える1台3役のタブレット端末になっています。

スポンサーリンク

VOYO i8 Maxスペックレビュー

OS Android 7.1
CPU MTK6797
( MTK Helio X20 ) Deca Core
GPU ARM Mali-T880 MP4
ディスプレイ 10.1 インチ
1920 x 1200 (WUXGA)
IPS液晶
RAM 4GB LPDDR3
 内部ストレージ 64G eMMC
カメラ フロント:3.0MP
リア:13MP
microSD
スロット
最大128GB
Bluetooth 4.0
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
バッテリー 5,300mAh
 インターフェイス Micro USB
USB3.0 x 2
Micro HDMI
DCジャック
イヤホンジャック
対応バンド WCDMA:
B1/B2/B5/B8
FDD LTE:
B1/B3/B7
TDD LTE:
B38/B39/B40/B41
 サイズ 24.60 x 17.00 x 0.90 cm
 重量 約 580g
その他

筐体レビュー

ディスプレイは10.1 インチ1920 x 1200 (WUXGA)IPS液晶▼

重さは約580g の軽量設計

Surfaceのようなキックスタンドがついています▼

SIMカードスロットが内臓されておりLTE通信が可能です▼

キックスタンドを立ててBluetoothキーボードと接続すれば書類作成にも使えます▼
しかしながらキーボードとタッチペン(スタイラスペン)は同胞されておらず別売りとなっています。

内部レビュー

SoCにMediaTekの MTK6797(Helio X20) Deca Coreを搭載しているミドルハイレンジの端末となっており、Antutuスコア(v6)は91,851。RAM 4GBと内部ストレージ(eMMC)64GB搭載。これだけの画面解像度と処理能力があればゲーム端末としても活躍できるでしょう。

Wifiがac(5GhZ帯)に対応しており、タブレット端末には珍しくリアに13MPの高解像度カメラを搭載しているのも特徴です。

筆圧レベルが2048対応の本格的なペンタブとして使う事ができます。

私はAndroidデバイスでペンタブを使った事がないのですが、ドローイングアプリも充実しているようですのでお絵かき入門機として良さそうです。

インターフェイスはMiniHDMI出力は無いようですが、ディスプレイが10インチありますのでタブレット本体だけで遊べれば十分でしょう▼

VOYO i8 Max まとめ

VOYO i8 Maxは、ラップトップ、タブレット、ペンタブの1台三役のAndroidタブレットとして色々なシチュエーションで活躍できそうな端末ですね。
価格は約2.2万で海外通販サイトで販売されています。また別売りのキーボードは2千円弱なので一緒に購入しておくと便利だと思います。
ただしオリジナルのスタイラスペンは「VOYO i8 Plus」と共用で、1024レベルまでしか対応していません。別途ワコムなどのペンを用意した方が良いかもしれません。

GearBest: VOYO i8 Max

キーボード: VOYO i8 Plus / I8 MAX キーボード(Bluetooth/USB)

スタイラスペン:VOYO Stylus Pen Aluminum Alloy for VOYO I8 Plus / I8 MAX

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top