スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

8千円台で買えるドコモプラチナバンド対応端末「UMIDIGI A3 / A3 Pro」性能・スペックレビュー

2018 年に日本で人気を集めた 中華スマホメーカーは何と言っても「UMIDIGI」でしょう。ドコモのプラチナバンド(B19)に対応している低価格の端末を次々リリースしていることで注目を集めており、最近の中華スマホのセール数では4割以上が UMIDIGI社製端末が独占しています。

今回は UMIDIGIから1万円以下から買えるエントリーモデルのAシリーズに「 UMIDIGI A3 / A3 Pro 」が仲間入りしました。スペックをレビューしてみます。

スポンサーリンク

UMIDIGI A3 / A3 Pro

 

【UMIDIGI A3 / A3 Pro 仕様】

A3 A3 Pro
OS Android 8.1
SoC MediaTek MT6739
Quad Core
ディスプレイ 5.5インチ
1440 x 720 pix
5.7インチ
1512 x 720 pix
RAM 2 GB 3 GB
ROM 16 GB 32 GB
microSD
スロット
最大 256 GB
SIM Nano SIM + Nano SIM
DSDS
カメラ リア:12 MP + 5 MP
フロント:8 MP
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi 802.11b/g/n
Bluetooth 4.0
バッテリー 3300mAh
対応Band WCDMA
B1 /B2 / B4 / B5 / B8
FDD-LTE
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B13 / B17 / B19 / B20
TDD-LTE
B38 / B40 / B41
インターフェイス MicroUSB
 サイズ 147.2 x 70.2 x 8.5 mm
 重量 186 g 187 g
その他 Glonass

筐体レビュー

A3 と A3 Proの一番の違いはディスプレイの仕様で、A3 Proはノッチを採用した5.7インチのアスペクト比19:1の縦長画面に対して、A2はノッチ未採用5.5インチのアス比18:1、極狭ベゼル画面

端末サイズは全く同じ147.2 x 70.2 x 8.5 mmで重さはProの方が1 gだけ重い程度。デザイン的に画面以外は違いが無いようです▼

この価格にも関わらずボディには2.5D曲面ガラスを採用しているのには驚きました

最近のトレンドである3.5インチステレオジャックを排除はしていません。インターフェイスはMicroUSBを採用しています▼

認証方式は指紋に加えて顔認証にも対応しています。しかしながらiPhoneのようにドットプロジェクターを使ったセキュアな認証方法ではありません。
Z2 Proで検証してみましたが、マスクや眼鏡を装着していても認証する事ができてしまいました。それどころか、息子の顔でもロックが解除されてしまいました…
UMIDIGIt端末では指紋認証を使う事をお勧めします。

内部スペック

A3 / A3 Proのプロセッサーは旧モデルであるA1に引き続き、MediaTek社製の MT6739を搭載しています。Antutuベンチマークスコアは約4.2万のエントリーモデルです。
MT6739はデュアルVoLTE対応(DSDV)のSoCで、SIMカードを挿してLTE+LTEでの待ち受けが可能です。
A3の内部ストレージは16 GB、RAM 2GB。A3 Proは内部ストレージ32 GB、RAM 32 GBとなっており、最大256 GBまでの外部ストレージ (MicroSDカード)に対応しています。

カメラスペック

リア カメラには SONYのイメージセンサー「 IMX 386/OV 12870」を採用した f 値2.0の12MP+5MP デュアルレンズカメラを搭載しています。
フロントには、f/2.0の開口部を備えた8MPカメラを搭載。

対応バンド / SIM

UMIDIGI A3/ A3 PROはDSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカード2枚挿しでの運用が可能です。

SIMカードスロットとSDカードが分かれていますので、デュアルSIMを挿しながらでも外部SDカードも利用可能です

ドコモ:プラチナバンド4G帯のBand19に対応していますので、山間部や郊外でも電波を拾えます。3G帯のプラスエリア(B6)には対応していないのが残念です。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:LTEのB1に対応していますが、プラチナバンド18(26)に対応していません。 VoLTE SIMは都市部では使えますが、地方での使用は厳しそうです。また通話に3G帯(EVDO BC0) を使用する非VoLTE SIMには未対応です。

【 対応バンド 】
WCDMA
B1 /B2 / B4 / B5 / B8
FDD-LTE
B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12 / B13 / B17 / B19 / B20
TDD-LTE
B38 / B40 / B41

UMIDIGI A3(Pro) 価格 / まとめ

UMIDIGI A3は格安エントリーモデルなので、画面解像度やメモリー回りが少し物足りないスペックです。しかしながらデュアルカメラ搭載で、ドコモのLTEプラチナバンドB19に対応しており 日本でも気持ちよく電波を掴む事ができます。
つなぎの端末としての用途や、LINEやメール、音楽・動画鑑賞程度しかしない人には十分なコストパフォーマンスの高い端末だと思います。

標準価格はUMIDIGI A3 →$99.99。A3 Pro→$138.88。現在は発売記念のプリセール価格で販売されています。
UMIDIGI A3 はGearBestでも取り扱っていますが、A3 Proはアリババ(Aliexpress)のUMIDIGI公式ショップでのみ販売しています。

【Aliexpress】
割引価格:US $ 75.99
UMIDIGI A3

割引価格:US $118.05
UMIDIGI A3 Pro

【GearBest】
割引価格:US $85.99
UMIDIGI A3

セール終了後も割引クーポンが発行されている場合があります。下記ページからチェックしてみて下さい

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top