スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

iPhone Xそっくりの「ノッチ」+「FaceID」搭載の低価格スマホ「Leagoo S9」スペックレビュー

中国のスマートホンメーカーLeagoo ブランドより発表されていた端末『Leagoo S9』の詳細スペックが公式サイトで明らかにされました。
このS9はいわゆるiPhone Xのクローン、オマージュ、パクリ、リスペクト…などと呼ばれる端末です。昨年末にディスプレイ上部の凹み「ノッチ」をいち早く採用したベゼルレス端末S9を発表していました。しかしながら詳細スペックについては未発表で、ようやく公式サイトがオープンしましたのでスペックを見てゆきたいと思います。

スポンサーリンク

Leagoo S9

Leagoo S9仕様

CPU MT6750
Octa Core, 1.5GHz
GPU  Mali-T860
OS Android 8.1
LEAGOO OS4.0
RAM 4GB
 ROM 32GB
画面サイズ  5.85 インチ
1512*720 pixels
 カメラ画質 リア:13MP+2MP
フロント:8MP
microSD
スロット
最大 128GB
SIMカード nanoSIM+nanoSIM
DSDS
Bluetooth  v4.1
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n
 バッテリー 3,300mAh
 入出力端子 USB-C
サイズ 72 x 148 x 8.5 mm
 重量 174g
対応バンド 不明
その他

Leagoo S9外観レビュー

コーナーは曲面のツヤツヤデザイン

ディスプレイはIPS液晶。物理ホームボタンは配置されず、ナビゲーションキーは画面内オンスクリーンキーとなっています。
そのためベゼルが極小でディスプレイの端末に占める割合は90%とほぼ全画面状態です▼

72x148x8.85mmとコンパクトに収まっています

 

ノッチ部は飾りではなく機能していますね▼

背面には縦並びのデュアルカメラと指紋認証部▼

性能レビュー

CPU(SoC)にはエントリーモデル向けSoCのMediateck社の MT6750 採用し 4GB RAMと内部ストレージ32GBを積んでいます。MT6750 はAntutuスコア4万前半くらいです。3Dグラフィックを使った本格的なゲームは厳しいですが、ブラウジングやパズルゲーム、文書作成ならサクサク使えるレベルです。

カメラ性能

リアカメラには、SONY製の 13MP + 2MP、F値2.2のデュアルカメラを搭載しローライト下でも美しい写真撮影が可能としています。
またLEAGOOの特許取得済みの画像処理アルゴリズムと超高精細撮影技術により、複数のフレームを連続して撮影し、65MPショットに統合する機能「65MP Ultra HD Shot」を備えています。写真を23倍に拡大しても鮮明に見えます。

逆光でも美しい写真撮影が可能な技術を採用しています▼

フロントカメラは8MPのカメラを搭載し美顔モードで盛った画像撮影が可能▼

認証システム

Smart ISP Chipsetによる360°対応の指紋認証システムを採用

0.1秒の顔認証システムを採用し顔に向けるだけでロックが解除されます

バンド / SIM

LTE(4G) + LTEのデュアルスタンバイに対応しています。SIMカードはNanoSIM X2で1つのスロットはMicroSDと共用になっています。
しかしながら対応バンドは未公表になっていますので、判明しだい追記したいと思います。参考までにGalaxy S8のオマージュ端末と呼ばれた「LEAGOO S8 Pro」の対応バンドを掲載しておきます。

3G:WCDMA:900 / 2100MHz
4G:FDD_LTE:
B1/B3/B7/B8/B20
TDD:B38 / B40;

内部レビュー

次期Android Pはノッチをサポートすると発表されていますが、S9に採用されているAndroid8.1(Oreo)は未対応です。Androidをベースに独自のOS(LEAGOO OS4.0)
によりノッチディスプレイをスムースに活用できるようにしています。

バッテリー

バッテリー容量は3300mAhと平均的で、ビデオ8時間連続再生が可能なレベルのようです。入力は5V 2Aの急速充電をサポートしています

『Leagoo S9』は発表当初、MediaTekの2018年のミドルレンジモデル向けSoCのHelio P40を搭載予定と発表していました。RAMは6GB・ROM 128GB に加え16MPの高画質カメラを採用して予定価格$300のミッドレンジ端末を目指していましたが、この端末は『Leagoo S9 Pro』として発売されそうです。
『Leagoo S9』は販売予定価格$150のエントリーモデルとなっています。

今後[]HUAWEI P20」「Asus Zenfone 5」など次々とノッチ端末が発売予定になっています。中堅の中華スマホメーカーからも「Ulefone T2 Pro」やディスプレイ埋め込み型の指紋認証センサーを搭載する事で話題の「Doogee V」など多数のノッチディスプレイ端末の発売が予定されています。

iPhone Xはディスプレイ上部の凹ノッチが不人気との話も聞きますすが、次世代端末がノッチに傾くのか興味ありますね。世論はノッチ派、アンチノッチに分かれるのかもしれません。ちなみに私はノッチが苦手ですが時代がノッチに傾けば、そちらに流されます :mrgreen:

Leagoo S9公式サイト

また海外ECサイト「GearBest」ではS9製品ページは存在しますが、詳細不明となっています。

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top