LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

アラミド繊維のスマホケース「PITAKA」を4年間使った結果!耐衝撃強度は最強【レビュー】

アラミドファイバー製のiPhoneケースを使い続けて、3年 4年になりました。使用感や強度についてレポートしたいと思います。

この4年間、普通では考えられないような落下ダメージを与えて来ましたが、今までiPhoneの破損はゼロ。耐衝撃性能は折り紙付きです。尚且つ軽いアラミド繊維製は最高です。

今までアラミド繊維のケース「PITAKA」を、iPhone 7 とiPhone SE2(2020)に使い回してきました。
来月には「iPhone 12 mini」に乗り換え予定です。もちろんまたアラミド繊維のiPhoneケースを購入したいと考えています。

ケースの引退を前に、今までお世話になったアラミドケースの落下の歴史と、ケースのダメージ状況をご報告します。

アラミド繊維ケースPITAKA

素材:アラミドファイバー
薄さ: 約 0.65 mm
重さ: 約 8 g

 

アラミド繊維について

アラミド繊維は、1960年代に登場したスーパー繊維です。強度・軽量・耐衝撃性・弾性率・耐熱性・難燃性等がきわめて高いことから、スーパー繊維と呼ばれています。

アラミド繊維は、これらの優れた特性から、タイヤの補強材、光ケーブルの補強材、プリント基板、防弾チョッキなどと共に、建設分野でも幅広く用いられています。

炭素繊維製(カーボンファイバー)のケースも、耐衝撃性能がある事で人気ですが、カーボンファイバーは、導電性があり電波(信号)を遮断する性質があります。

一方アラミド製のスマホケースは、電波に干渉ゼロなので、スマートホンケースに適した素材だとされています。

軽くて薄い

新品の時の状態です▼

 

保護してくれる部位は限定的で、紙のように軽くてペラペラ。最初は強度に関しては半信半疑でした

 

とにかくデザインが気に入っています

 

触れるとデコボコで、繊維が編み込んであるのが分かります

ケースを装着していても、Qiワイヤレス充電は可能です。Felica も問題なく使えるので、モバイルSuicaやApplePayも大丈夫です。

 

4年後の状況

かなり使用感がありますね。歴戦の戦士のiPhoneといった風合いです。いあ、韓国海苔の方が近いかも?

 

表面を良くみると擦り傷が結構あります。このキズを見れば、恐ろしいくらい落としまくった事が想像できるでしょ。

 

アスファルトに高い位置から何度も落としていますが、ちょうど角から落ちる事が多く日々傷が増え続けました。
手を振って歩いていてすっぽ抜けた時は、数メートル飛びましたが角の傷だけで済みました

 

コチラ側の深い傷は、登山で滑落した時にできたもの。iPhoneがポケットから飛び出して、更に下まで落ちた時の思い出の傷です。キズは深いですが、貫通してはいません。
自分の顔はフルラウンド戦った後のボクサー状態。血尿がでる程のダメージで帰宅しましたが、岩の上を転げ落ちたiPhoneは、この傷だけで助かりました。
ちなみにメガネは、その先まで滑り落ちて崖から下に落ちて亡くなりました :mrgreen:

 


一度だけ画面保護ガラスが割れました。これはガレ場でお尻のポケットに入れたまま、岩がゴロゴロした地べたに座った時のアクシデントです。
画面を岩に置いて直接座ったような状態なので、ケースの耐性とは無関係ですね。
その後は、全画面保護するガラスフィルムに変えました。

ケースが画面と同じくらいの高さなので、ガラスフィルムは保護されていません。それにも関わらず、画面側から駅のホームなどで落としましたが、一度もフィルムが割れた事はありませんでした。これは運が良かっただけかも?

 

カメラレンズはしっかり保護されていましたが、このリングは割れてなくなりました

 

現在カメラの部分は無防備です

 

それ以降は、カメラのレンズは保護リングを装着してカバーしています

追記:記事公開当初は「3年間使い倒した!」としていましたが、実際には2016スタート2017、2018、2019、2020の4年間でした。

アラミド繊維ケースのススメ


ちなみに息子は、前回ご紹介した耐衝撃バンパーの「CrashGuard NX」を使っています。
今まで彼は、呆れるほどバリバリに画面を割り続けていたのですが、このバンパーに変えてから一度も破損なし。
「投げても落としても大丈夫だった」と安心して使っているようです。画面側が気になる方は、ガラス面より高いバンパーが向いているかもしれません。

私はスマートホンケースは、強度と軽さを重視して選んでいます。以前はゲームでのプレイ時の発熱を抑えるために、メタルバンパーを利用していました。

しかしながら、耐衝撃性能に疑問がありますし、メタル製は雪山では冷たくて素手で持つと痛いです。
この軽さとデザイン、保護性能を一度手にしてしまうと離れられません。今はアラミド繊維製ケース一択です。何よりケース選びで、悩む必要が無くなった事が助かります。

今では信頼しきっていて、家のフローリングに落としたくらいだと何とも思わなくなりました。

次回は、どのメーカー製のアラミド繊維のケースを購入するかは未定です。しかしながら、怪しい中華メーカー製品は避けると思います。やっぱりPITAKAに落ち着くかも?

「PITAKA」は、既にiPhone 12シリーズが全てラインナップされています。iPhone12にはお勧めのケースです。
Android端末は、 GalaxyシリーズとOnePlus、HUAWEI端末に対応しているケースが販売されています。

カラーバリエーションは、レッド、ブラック、ホワイトの3色

 

「PITAKA」iPhone 12 mini 対応 ケース MagEZ Case
アラミド繊維製 カーボン風 デザイン 極薄(0.85mm) 軽量(13g) 耐衝撃 保護 カバー ワイヤレス充電対応 ミニマリスト シンプル 5.4インチ(黒/グレーツイル柄)
「PITAKA」iPhone 12 Pro 対応 ケース MagEZ Case アラミド繊維製
カーボン風 デザイン 極薄(0.85mm) 軽量(15g) 耐衝撃 保護 カバー ワイヤレス充電対応 ミニマリスト シンプル 6.1インチ(黒/グレーツイル柄)
「PITAKA」iPhone 12 対応 ケース MagEZ Case アラミド繊維製
カーボン風 デザイン 極薄(0.85mm) 軽量(15g) 耐衝撃 保護 カバー ワイヤレス充電対応 ミニマリスト シンプル 6.1インチ(黒/グレーツイル柄)
「PITAKA」iPhone 12 Pro Max 対応 ケース MagEZ Case アラミド繊維製
カーボン風 デザイン 極薄(0.85mm) 軽量(17g) 耐衝撃 保護 カバー ワイヤレス充電対応 ミニマリスト シンプル 6.7インチ(黒/グレーツイル柄)
「PITAKA」MagEZ Case iPhone SE 第2世代
 2020新型 アラミド繊維 超薄 超軽量 耐衝撃 ワイヤレス充電対応 (黒/グレーツイル柄)
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top