スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

自宅でヒゲをセルフ永久脱毛実験1年6ヶ月目レポート【経過報告3回目】

私は自宅で妻のお古の「家庭用IPL脱毛器」を使ってヒゲのセルフ脱毛に挑戦中です。

前回、1年2か月目の経過報告レポート記事を書きましたが、それから 4カ月が経過してヒゲに変化がありましたので経過報告します。

IPL脱毛とは

私がチャレンジしているIPL脱毛について簡単にご説明しておきます。IPL脱毛とは、毛根のメラニン色素に反応して熱を発するフラッシュ光(キセノンランプ)を照射して、毛根にダメージを与えて、毛を弱らせるタイプの脱毛方法です。レーザー脱毛と基本的には同じ原理です。

数年前から家庭用のIPL脱毛器も販売されており、今では比較的手ごろな価格で入手する事ができます。

私が使っているのは、妻が全身脱毛に成功して不要になったお古です。フィリップスの「ルメア」という女性向けの全身脱毛器で、顔用のアダプターが付属していないモデルです。ヒゲ用のIPL脱毛器も販売されていますが、照射口が違うだけで基本的には同じなのでルメアを使ってヒゲ脱毛に挑戦しています。
照射部のランプは、照射回数が数万発と寿命が決まっていますが、ヒゲの場合は1回で十数発程度なので、フィルター交換なしで全て脱毛できると思います。

ちなみに永久脱毛とうたっている脱毛サロンがありますが、たまにゾンビのように蘇る毛もあります。毛のライフサイクル(毛周期)のうち、成長期に照射した毛のみが永久的に脱毛されるといわれています。

 

照射頻度・方法

IPL脱毛の照射頻度は、 最初の2ヵ月 は2週間に1度、それ以降は毛の生え変わるサイクル「毛周期」に合わせて 2~3ヶ月に 1回のペースで脱毛サロンに通うのが一般的と言われています。
男性の顔ヒゲなどの場合、少し短いサイクルで 1~2ヶ月に一度が目安です。

私は基本的に3週間に1度照射していますが、肌の回復の事を考えると月1回がベストだと思います。照射のやり方は特に何も考えずに、脱毛器に照射可能なランプが付くまで、角度を変えたり口を膨らませたりして頑張ってます。
一般的に「ヒゲの脱毛は痛い」と言われていますが、家庭用のフラッシュ脱毛器は最大レベルでもチクッとする程度で、言われているほど痛いとは感じません(毛が濃い人は痛そう..)
サロンを見習って一度照射するたびに、患部を保冷剤で冷やしながら使っています。

 

ヒゲ脱毛のデメリット

私はヒゲの密度が少ない方なので、生えてくるとカビのようで単に汚いだけです。色が白い季節は、ヒゲが青く見えて間が抜けて見えます。
無精ひげが男らしくてワイルドに見える人が羨ましいです。
私のようなタイプの人間にとってヒゲ脱毛は、今後ヒゲを剃らないで良いというメリットしかありません。清潔感もありますし。

しかしながらヒゲを伸ばす事で、老いや顔のパーツ・形などの欠点を隠す効果もありますので、似合うタイプの人にとってはデメリットになり得ます。
自分でヒゲ脱毛をしてみて感じた事は、白髭が素敵なダンディ老人になる選択肢を自ら棄てたんだな。と実感します。
私のヒゲの毛量では、到底ダンディ白髭になれるとは思いませんが、自分の祖父はごま塩のヒゲが良いアクセントになっていました。

それと脱毛中は日焼けは厳禁です。日焼けして黒くなってしまったら、色が抜けるまでは照射できません。

 

時系列の過程画像

今までの過程を簡単にご紹介しておきます。

開始前

開始前、1日以上放置した無精ヒゲ状態。

ブログに投稿予定が無かったので、粗い画像しか残っていません。

ね。ヒゲがあまり似合ってなくて漫画の泥棒みたいですよね▼

ヒゲはムラなく生えているのが分かると思います。口ヒゲ部の面積は平均的で密度が少な目、顎ヒゲは平均より薄めだと思います。画像に写っているヒゲが全てで、”もみあげ”とヒゲは繋がっていません。

 

脱毛開始 7か月

IPL脱毛の使用開始から7か月の頃。6日間ヒゲを剃らない伸ばしっぱなし状態▼

この頃には髭の密集度が目に見えてまばらになって来ました。画像からも明らかに毛量が少ないのが分かると思います。

鼻の下部分が三角のミステリーサークルのように残っているのが目立ちます。ヒゲが伸びると赤い丸の部分のヒゲが目立ちました。
顎ヒゲに脱毛効果が抜群で、生えている面積が 10分の1、毛量は 50分の1以下まで減っていそうです。

 

脱毛開始から1年後

約1年後のヒゲの状態。

仕事の関係で無精ひげを生やしての撮影ができませんでした。しかもピンボケ..ごめんなさい▼

画像の状態が悪いのでヒゲの状態が分かり難いです。7か月目との比較は難いと思いますが、全体的に密度が少なくなり太さが弱弱しくなっています。この頃には2、3日ならヒゲを剃らないでも目立たない程に脱毛する事ができました。

 

脱毛開始から1年 2か月後

1年2か月経過した時のヒゲの状態。4日間ヒゲは剃っていません▼この前の段階までは、唇の下部分にヒゲがありませんでした。最初からあまり毛が無い部分だったので、初回の照射後に無理やり抜けば何とかなると考えていました。その後も生えてくると抜き続けていたので、ほとんど脱毛器の照射ができていません。この部分はこの時から脱毛スタートです。

 

脱毛開始から1年 半後(最新)

1年6カ月経過した時の写真です(4日間放置状態)▼

 

部位に分けて解説します▼

黄色枠:ここは密度が薄くなっており、太い毛もカナリ少なくなりました。

赤枠:アゴ髭の部分が毎回目に見えて減り続けています。記録するたびに減っており 32本⇒19本⇒9本(今回) までになりました。下顎のヒゲは数か月前に完全に無くなりました。

緑枠:鼻の下にミステリーサークルのように残ってしまい困っている部分です。この部分は7か月時75本⇒1年時48本⇒1年2か月時33本(±4本)と着実に減っていましたが、最近は停滞気味です。むしろ毛の本数は増えていて38本(±4本)になっています。
しかしながら毛の太さは確実に細くなっていますので、根気強く照射しています。

青枠:前回から開始した口の下の脱毛が一番捗っています。この4カ月間で一気に毛が少なく細くなりました
あれ以来一切抜いていません▼

 

 

前回・前々回との比較画像

前回の画像はコントラストを強くしているので、影を含めて濃く写っています。その点は割り引いてご覧下さい▼

←1年2か月/1年 6カ月 →

 

7か月目の頃と比較するとIPL脱毛の威力を実感できます▼

←7カ月/1年 6カ月 →

 

ヒゲの本数

前回からヒゲの本数をカウントしています。産毛や弱くて細いヒゲはカウントから除外しています。

2019年 9月9日 -210本(±20)
2019年 9月30日 -180本(±20)
2019年 10月9日 -141本(±15)
2019年 12月9日 -128本(±15)
2020年 1月-太い毛が少なく計測不能

 

これから始める人にアドレス

定期的にヒゲの写真を撮影しておく

証拠の写真が無ければ効果を実感できずに、モチベーションが維持できずに三日坊主で終わりかねません。私も効果が無いと落ち込む事がありますが、上のように写真を比較してみると効果があるのが実感できます。
定期的な写真撮影をお勧めします。

 

減り始めが一番目立つ

私の場合だけかもしれませんが、効果がある部分は一気にヒゲが無くなりました。
顎ヒゲは半年で皆無になり、上でご紹介したように、鼻の下に三角部分を残して、その周囲はツルツルです。
なので、ヒゲは常に深剃りしないと、不自然に部分的に痣(あざ)のように青く浮き出てしまい困りました。

 

雑感・まとめ

前回の記事で「愛用のフィリップス電動シェーバーが完全に不要になる事はあるのだろうか?」と書きましたが、今の段階でハサミだけで十分にヒゲ剃りができるレベルまでヒゲが弱くなりました。
毎日、赤ちゃんのツメを切る用のピジョンの「ベビーつめきりハサミ」というのでサササと切るだけで目立ちません。

爪切り用のカーブが付いているので、細いヒゲを切るのにピッタリでした▼

ピジョン ベビーつめきりハサミ 15106

 

もちろん電気シェーバーを使って、しっかり深剃りすると更にツルツルに綺麗になります

実は、1年2ヶ月以降は、目に見えた効果が現れないので、心が折れかけていました。
最後の仕上げは脱毛サロンに行く事も考えたほどです。
しかし毎回書いていますが、妻は約1年強で全身の脱毛に成功しています(ワキの下はサロン)
それを思い出して、継続していれば何とかなると無心に続けていました。
気が付けば全体的にヒゲが生え始めたばかりの中学生レベルまで薄くなりました。あとちょっと?だと信じたいです。

興味のある方は過去ログ記事も読んでみてください▼

IPL光脱毛という脱毛方法をご存じでしょうか?IPL脱毛とは、毛根のメラニン色素に反応して熱を発するフラッシュ光(キセノンランプ)を照射して、毛根にダメージを与え...

私は自宅で妻のお古の「家庭用IPL脱毛器」を使ってヒゲの脱毛に挑戦しています。前回、「自分で1年間ヒゲ脱毛した結果」と題してレポート記事を投稿しました。最近...

備忘録日記としてブログに記録し続けています。またヒゲに変化がありましたら、経過報告の記事を書きたいと思います。

フィリップス 光美容器 ルメア アドバンス アタッチメント2個付(顔用・からだ用)ポーチ付
****

 

*エムテック KE-NON 脱毛器 日本製 まゆ毛脱毛器付 家庭用 フラッシュ式 *
****

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top