LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

CASIOからWear OS by Google搭載G-SHOCK「G-SQUAD PRO」発売!PRO TREK Smartの後継?


CASIOは、G-SHOCKシリーズのスポーツライン「G-SQUAD(ジー・スクワッド)」として、初のWear OS by Googleを搭載したNewライン「G-SQUAD PRO」を発表しました。

山屋にとっては、登山アプリの「YAMAP(ヤマップ)」と、CASIOの独占契約の継続に関してが一番関心が集まるところでしょう。

 

G-SQUAD PROスペック

 

SoC
非公開
構造
耐衝撃構造
防水性能
20気圧防水
ディスプレイ
1.2インチ、2層液晶、カラーTFT液晶(360×360ピクセル)+モノクロ液晶
タッチパネル
静電容量式タッチパネル(防汚コーティング対応)
GPS
搭載(GPS、GLONASS、みちびき対応)
カラー地図機能
搭載(オフライン対応、最大5か所まで保存可能)
センサー
光学式(心拍計)、磁気(方位)、圧力(高度/気圧)、加速度、ジャイロ
マイクロフォン
搭載
バイブレーター
搭載
Bluetooth
 V4.2(Low Energy対応)
Wi-Fi
IEEE802.11 b/g/n
ボタン
電源ボタン、APPボタン、STARTボタン
バッテリー
リチウムイオン電池
充電方式
マグネット圧着式充電端子
充電時間
常温で約3時間
バッテリー持続時間
通常使用(カラー表示):約1.5日
時計とセンサーのみ(タイムピースモード):約1ヶ月
(使用環境によって変動します)
本体サイズ
約65.6×56.3×19.5mm
質量
約 103g(バンド含む)
OS
Wear OS by Google
対応携帯電話
最新版のAndroid / iOS

対応携帯電話は、最新版のAndroidは Go バージョン、および Google Play ストア非対応の端末を除くスマートフォン

 

PRO TREK Smart(プロトレック スマート)の後継モデル?

先日、CASIOの人気のスマートウォッチ、PRO TREK Smart(プロトレック スマート)全機種が、突然生産終了になった事で話題となりました。

CASIO PRO TREK Smart(プロトレック スマート)が全モデル生産終了となっています。特にニュースにもなっておらず、公式サイトを見ても「生産終了」とだけあります。ニューモデルが発売されるにしても、現行モデルが生産終了という状況は理解し難いです。 PRO TREK SmartPRO TREK Smart シリーズは、カラーのオフライン地図の利用・GPSによる位置情報記録が可能な5気圧防水のアウトドア向けスマートウォッチです。登山アプリのYAMAP(ヤマップ)をインストールして、登山中にマップを見るという用途が一番多いのではないでしょう...

登山サービスであるYAMAP(ヤマップ)が使えるスマートウォッチは、PRO TREK Smartのみでした。そのためPRO TREK Smartを使う人間の大半は、登山アプリのYAMAP目的で購入していました。
YAMAPアプリは、Apple Watch版も無いので、iPhoneユーザーでもPRO TREK Smartを選んだ人も多数見受けられました。

G-SQUAD PROの公式ページには、YAMAPの記載がありません。しかしながらオフラインマップ対応で、端末内に保存できる地図の数(5枚まで)とあります。PRO TREK Smartが使用していたYAMAPのオフラインマップと 表記が変わらないので、引き続き使える可能性が高そうです。

YAMAPとの独占契約が終了したのであれば、他のWear OS 搭載端末での利用や Apple Watch 版 YAMAPアプリのリリースに期待が持てそうです。

仕様を見るとディスプレイが1.2インチ 360×360のカラーTFT+モノクロ液晶の2層構造。PRO TREK Smartと変わりません▼

 

デザインこそG-SHOCKですが、器を入れ替えたPRO TREK Smartという印象です。ただし防水性能は、5気圧から20気圧にグンと上がっています。

 

バッテリーの持ちに関しても、通常使用で約1.5日、時計とセンサーのみのタイムピースモードで約1か月。こちらもPRO TREK Smartと同じ。

搭載するSoCに関しては非公表です。Bluetooth バージョンが Low Energy対応のv4.2との事なので、最新の「Snapdragon Wear 4100」を採用していないと思われます。スペックで参照すると恐らくWear 3100 だと思われます。

 

マルチスポーツに対応

当社独自のアプリにより、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応します。心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーを搭載し、GPS衛星から位置情報を取得することで、走行ルートや距離、速度など幅広いスポーツをサポートするデータを計測します。

 

発売日・価格

G-SQUAD PROの価格は、税込み 8万 8000円と強気です。5月15日より発売となります。YAMAPが独占的に使えるかどうかで、売れ行きが大きく変わりそうです。

 

sauce:“G-SHOCK”初のWear OS by Google搭載スマートウオッチ

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top