LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

ゲーミングUMPC「GPD WIN 3」クラファンIndiegogoに登場!スペックレビュー

GPD社の新型ゲーミングUMPC「GPD WIN3」のクラウドファンディングが、2021年 1月 15日よりIndiegogoにて開始されます。

 

GPD WIN 3 スペック

 

OS Windows 10
CPU Core i5-1135G7
Core i7-1165G7
メモリー 16GB (LPDDR4x-4266)
内部ストレージ 最大 1 TB
ディスプレイ 5.5インチ
1280×720 / 268ppi
バッテリー 3,800mAh x 3
Wifi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.0
インターフェイス Thunderbolt 4
USB-C(USB3.2)
USB-A(USB3.2)
HDMIポート
RJ45
MicroSDカードスロット
3.5インチステレオジャック
サイズ 198 x 92 x 27 mm
重量 560g
本体のみ

 

筐体

GPD WIN3は、Nintendo Switch LiteタイプのWindows端末。画面は5.5インチ、解像度 1280 x 720と小さ目です▼

 

画面を上にスライドするとQWERTYキーボードが表示されます。多くのゲーマーがクラムシェル型を嫌うので、バータイプの携帯型ゲーム機風デザインにしたとしています。

 

プロセッサー / メモリ / ストレージ

プロセッサーは、第11世代Tiger Lake世代のCore iプロセッサを採用しています。
カラーによってモデル分かれており、ブラックがIntel 搭載Core i5-1135G7(スタンダードバージョン)、Core i7-1165G7(アドバンスドバージョン)の2タイプが用意されており、限定バージョンのシルバーブラックがCore i7-1165G7(アドバンスドバージョン)のみとなっています。

メモリとストレージはモデル共通で、メモリ 16GBのLPDDR4X-4266、ストレージは 1TB (M.2 SSD)です。
SSDはPCIe Gen4対応モデルを採用しておいるのでリード、ライトともに超高速です。

 

ステレオスピーカー

WIN 3のスピーカーは、ドイツのAAC top Threeのステレオスーパーリニアスピーカーを採用。コンパクトでも迫力のあるサウンドを実現しています。

 

クーリングシステム

WIN 3は、放熱性能を向上させるために、PC用のスーパーターボファン+ PWM制御付きのデュアルヒートパイプ放熱ソリューションを採用しています。内部温度が40℃より低い場合、ファンは20%で駆動し、内部温度が40℃を超えると、段階的に回転数があがり最大100%まで加速します。
排気口は上部に大きく開いており、迅速に熱を放出できます。TDPは、15〜20 W、20〜25 W、25〜28Wの3つのレベルが用意されており、BIOSより設定が可能です。

 

ドッキングステーション

モニターなどへの出力時は、専用ドックにドッキングして使います▼

 

 

ドッキングステーションのインターフェイス
  • USB3.2 Gen2 Type-Aポート x 3
  •  USB 3.2 Gen2 Type-C x1
  • HDMI(2.0b) x1
    最大18Gbpsの帯域、最大32チャネル、48ビットの最大色深度、HDR
  • RJ45ポート x 1
    10/100 / 1000Mbps

 

インターフェース

指紋認証は、右側パッドの下に独立して配置されています▼

 

WIN 3の背面左右には、2つのカスタマイズ可能な物理キーが配置されています。このボタンは専用ソフトを使う事で、キーを配置する事が可能です。

 

画面をスライドさせてキーボードを開くと、バックライトが点灯します。キーボードを指で触れると、バイブレーションで押した感覚が伝わる機能が実装されています。

 

コントローラー部のスティックは、日本メーカーの セイミツやSANWAのジョイスティックに匹敵する操作性としています▼

 

L2とR2ボタンは、傾斜角27度に回転するように設計されており、レースでのスロットやガントリガーのように使えます▼

 

 

価格・まとめ

GPDシリーズ同じみの「低解像度にすることで、60FPSでのゲームプレイを確保し、操作感を高める」という方式は健在です。
低解像度(1280×720)という部分より気になるのが、5.5インチという小型画面。今時のスマホより小型です。

Nintendo Switch liteタイプの筐体ですが、画面サイズまでスイッチライトと同じ5.5インチ。スイッチが6.2インチあるので、そちらに寄せて欲しかった気もします。

 

  • スタンダードバージョン:CCore i5-1135G7/16GB/1TBモデル- 829ドル(約86,000円)です。
  • アドバンスバージョン:Core i7-1165G7/16GB/1TBモデル – 969ドル(約10万円)
indiegogo: プレビューページ
Indiegogo正式リンク: クラファンページ (15日 11時より有効)
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top