LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【レビュー】Amazonの本の朗読サービスAudible(オーディブル)を使ってみた感想・読み放題?返品ループについて

Audible(オーディブル)は、Amazonから提供されているオーディオブックのサービスです。プロが朗読した音声で耳から読書することができるので、通勤・通学・ウォーキング中の ながら読書が可能となります。

実際に数か月間 Audible に加入してみましたので、見えてきたウィークポイントやメリット、使い方などをご紹介します。
またAudible と検索すると「返品」「返品 ループ」「返品回数」などの不思議なワードが表示されます。その返品についても色々と試してみましたので、レポートしてみたいと思います。

 

Audible(オーディブル)

Audibleで取り扱っている本のジャンルは、小説はもちろんビジネス・自己啓発本やライトノベル、まで、朗読できるであろうあらゆる本がラインナップされています。タイトル本数は40万以上となっていますが、日本語の購入対象冊数は約1万冊です。洋書も多く販売されているので、語学学習やヒアリングにも利用できます。

 

価格とコイン制度

オーディブルのオーディオブックは、会員登録していなくてもAmazonプライム会員であれば購入可能です。
しかしながら、オーディブル会員は(月額 1,500円 ) 常に30%オフでオーディオブックを購入可能です。オーディオブックは、通常の本と比べて高価なので、オーディブルの非会員が単発で買うと結構な金額になります。

  • 無料会員:平均価格約 2,500円で単品購入可能
  • 有料会員:月額1,500円(税込)。1冊無料、2冊目以降30%オフ

またオーディブル会員は、月に1コインが付与され、価格に関わらず好きな本を1冊コインと交換できます。また本が気に入らない場合、返品する事でコインが戻ってきますので、そのコインで再度購入も可能です。
つまり 1,500円以上の本を月に1冊購入するのであれば、会員登録しても元が取れる計算になります。

ちなみにオーディブルは、サブスクリプション解約後も視聴可能です。割高になりますが、オーディオ本も購入可能です。

 

返品・交換について

オーディブルでは会員特典として、返品・交換が可能となっています。これは読み放題という事ではなく、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声に馴染めなかった場合に返品してコインがバックされるというシステムです(無料体験中でも返品は可能)

しかも再生の割合に関係がなく、聴き終わったタイトルも返品・交換が可能で、コインの有効期限は365日。

つまり終わった本を返品して新しい本を読めてしまいます。ヘビーに返品ループを繰り返すと「返品不可」となりますが、1コインで数冊は読めてしまします。Twitterなどの情報によると、コインは最高で 8回返品交換が可能という情報がありました。その後、カスタマーサービスにメールすると、更に3~4回交換ができるようになるそうです。

私はナレーターの息継ぎのタイミングがどうしても馴染めず、1 度返品しましたが簡単にコインが戻ってきました。
その後、味をしめてしまい、結局は3ヶ月間で 6冊くらい交換しました。

 

会員の返品特典について
 会員の返品特典について

Audible会員特典として、購入後365日以内であれば返品・交換いただけます。

当会員特典はお客様のご理解の上に成り立っています。
本の貸し出しやオンデマンド(読み放題)制度ではないため、例えば、タイトルを聴いてみたらイメージと違っていた、ナレーターの声になじまなかった場合に返品いただき、改めてお客様に合った作品をご購入いただくことを目的としています。なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断にお役立て下さい。

短期間における過度の返品など本特典の主旨から外れた利用はご遠慮ください。

会員の皆様に本特典の主旨から外れて利用されているおそれがある場合は、Audibleからお問い合わせをさせていただく場合や、一定期間本特典のご利用の制限をさせていただく場合がございます。 なお、Audibleでは、「サンプルを聴く」の機能がありますので、ご購入の判断にお役立て下さい。

会員の皆様には本特典の目的をご理解いただいたうえでご利用くださいますようお願い申しあげます
sauce:Audible会員の返品特典について

 

 

返品手順

 Audibleの返品手続きはブラウザでアクセスして、AudibleのWebサイト上から行います。スマートフォンアプリからの返品はできません

  1.  Audible.co.jpにアクセスし、ログインします。(デスクトップサイト、モバイルサイトおよびアプリ(iOSアプリは除く)から返品可能です。)
  2.  画面上の「XXXさん、こんにちは!」から「アカウントサービス」にアクセスします。
  3. 「アカウントサービス」ページの左一覧から「購入履歴」をクリックします。
  4.  表示を「注文内容」に変更します。
  5.  返品を希望するタイトルを探し、クリックします。
  6.  返品するタイトルの右側にあるグレーの「返品する」ボタンをクリックします
  7.  ポップアップ画面より返品理由を選択後、「返品する」ボタンをクリックします
  8. タイトルが返品されると、返品が完了したことを示す確認のメッセージが画面に表示されます

 

感想・レビュー

もともと私は、子供の頃からラジオのドラマを録画して聴くほど、ラジオドラマ好きです。今でもオーディオドラマ(ラジオドラマ)を好んで聴いており、オーディオブックや朗読CDも購入して良く聞いています。最近でも中古CDショップのワゴンセールで、寺山修司のラジオドラマCDを見つけて買ってきました。

登山に行く時は、iTunesでiPhoneに取り込んで持って行き長距離バスや電車内で聴くのが長年の習慣になっています。

オーディブルは、開設時から気になっていたのですが、月額 1,500円で実質一冊というのはハードルが高く敬遠していました。実際に加入してみると思いのほか快適でした。ラジオドラマ好きな自分にとって、数十時間のオーディオブックが聴けるというのは夢のような世界です。

Apple Watchにダウンロードする事も可能なので、気になっていた本を聴きながらランニングしています。

 

気になった点は、有名作家の作品に偏りがあり、読みたい聴きたい作家の作品があるか、確認してから加入する事をお勧めします。
大量にオーディオブックがリリースされている作家の作品もありますが、ゼロ~1冊しかない作家の方が圧倒的に多いです。
例えば池井戸潤の作品は大量にありますが、東野圭吾は1冊のみでした。

 

ザックリとフラッシュレビュー

お勧めポイント
 オーディオブックの返品・交換が可能
 ながら耳で読書ができる
 あらゆるジャンルの本が楽しめる
 倍速再生ができる
 Apple watchにダウンロードできる
 メニューからチャプター選択可能
 バックグランド再生ができる
 スリープタイマーのカスタマイズが可能
 ブックマーク (レジューム)が可能
 会員は毎月無料本がピックアップされる
 退会後もライブラリに残り再生が可能
 podcast聴き放題

 

デメリット
 本のラインナップが少ない
 月額料金が高い
 本が高価
 作家によってラインナップに偏りがある
 

 

まとめ

上ではメリットをたくさん羅列しましたが、やはり本のラインナップの少なさがネックです。
ヨーロッパなどでは、大人になっても読み聞かせをする文化があるようですが、日本では本を聴くのはあまり一般的ではないのかもしれませんね。
もう少しラインナップが増えれば、ずっと継続して会員になっておきたいサービスです。

毎月1冊、無料で聴ける会員特典のボーナスタイトルは、ランダムなので好みの作品が並ぶ事は少ないかも▼

 

私は 3か月間会員でしたが、返品交換して数冊聴いたらネタが無くなりました。

写真集以外のあらゆる本がオーディオブックとして販売されていますが、逆に写真集の実況朗読オーディオブックがあったら買ってしまうかも 🙄 

最後にコインは聴きごたえのある70時間の長編「与謝野晶子翻訳の源氏物語」などに交換して退会しました▼

退会後に聴きたい本が次々とリリースされていますので、また近いうちに入会する予定です。返品・交換は、聴き放題というためのサービスではないので、ご利用はほどほどに。

 

Audible「30日間無料体験」

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top