スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【ダイソー】百均で300円のイヤホンの音質は?使える?実機レビュー

百均のダイソーで売っている、スマートホン用の300円(税抜き)イヤホンを購入してきました。

ぱっと見、結構高級感があって百均で買ったイヤホンだとは思えないクオリティでした。
さっそく実機をレビューしてみたいと思います。

ダイソー300円イヤホンスペック

商品名は「高音質ステレオイヤホン-マイク付き」

型番 HQ-005
周波数 20Hz – 20,000Hz
インピーダンス 32Ω
ケーブルの長さ 約 1.2 M

ドラーバーユニットのサイズは不明です。セット内容はイヤホン本体のみ。

型番HQ-001からHQ-005まで5種類販売されていました。仕様を読むとベースは変わらないと思いますが、ハウジングの形が違いますので、若干音質に違いはありそうです。

 

製品レビュー

カナル型のイヤホンで、ハウジング部はメタル製。アルミニウムとCNCアルミ合金?の2つのメタルを組み合わせて成型しています▼

 

イヤーピースを外したベース部は真円形▼

 

ベース部のΦは5.9ミリと太めなので、耳の穴が極端に小さい人は奥まで入らないかもしれません▼

 

イヤーピースは、最初にセットされていたMサイズ1タイプだけで交換用のS,Lサイズは付属していません。
私は通常Sを使うので、他のイヤホンの小さいイヤーピースを付けてみました。

幾つか試してみましたが、形が違うので使えませんでした。耳の穴が小さい人だけでは無く、Lのイヤーピースを使う人も厳しいかもしれません。
一般的な耳のサイズの人用ですね。

右側が純正イヤーピース。左側は他の製品のMサイズです。穴の深さが違うのでダメです▼

 

ヘッドホンジャックは、金メッキが施されていました▼

 

リモコン部は左右のイヤホンケーブルの股部分に配置されています。再生/停止ボタンとボリュームのみ。

ボリュームボタンが変わっており、スライドして音量を調整します▼

 

L/Rの表示は背中側に印刷されています▼

 

イヤホンの重さは約 13.6グラム▼

 

デザイン・装着感

デザインに関しては、メタルちっくなので装着していても安っぽさがありません。
大きさも程よく、耳から大きくはみ出て目立つような事もなく、自然に装着できます。
ただし装着感は、前述したように私は耳の穴が小さ目なので、奥までしっかりと挿し込めません。それでも、外れたり違和感もありませんでした。

通話テスト

リモコン部にマイクが内蔵されており、ハンズフリー通話をする事が可能です。
ハンズフリー機能で通話しながら、コンビニで買い物してみましたが、かなりクリアに通話ができました。

しかしながらマイクが付いているリモコンは、下側の方に配置されているので”みぞおち”より下に来てしまいます。そのため、そのまま通話すると声が遠くなってしまいます。マイクを口元に持ってきて通話するのが少し面倒でした。リモコンが右耳側のケーブルに設置されているイヤホンも多いので、これは少し使えませんね。

操作について

イヤホンから操作できる事は再生・一時停止、ボリュームのみです。ボリュームが少し変則的で、スライドして調整しますが、音量の調整できる幅が少な目です。
ちょっとだけボリュームを上げ下げしたい時用ですね。

しかも音量調節しても、何故かスマートホン本体のボリュームが変わりません。

 

音質

今回は耳をリセットするために、気に入っているJVCの廉価な有線イヤホン(JVC HA-FXH20)と交互に聴いてみました。
このイヤホンは、3~4年前に4500円くらいで購入しました(現在は2600円)。低音が少し苦手ですが、価格の割に解像度が高くクリアな音質なので、低価格帯のイヤホンの良い比較対象になります。

300円イヤホンは、有線なのでBluetoothイヤホンと比べると迫力があります。しかしながら正直、何を聴いても籠(こも)っていてクリアな音が鳴りません。
音が籠っているので、高音域はあまりはっきりしません。
音場の広さも全く感じられず、ライブハウスの音源を聴いていても臨場感や空間の広がりが全く感じられません。
平面的で、音楽を鳴らしたスピーカーの前で聴いているような感覚です。
解像度も低めで、ジャズを聴いているとベースのボンボンした音だけが強調され、ピアノやサックス、ドラムの音が全く生きません。

得意な音域が低音域。腹に響きます。Bass Tests音源を聴いてみると 20Hz付近まではしっかりと聴き取る事ができました。
音が濁っているので、定位感をつかむのも厳しいです。せっかくの有線イヤホンですが、定位感を必要とするFPSゲームなどでの使用はあまりお勧めできません。

 

使ってみたザックリした感想

【お勧めポイント】

  1. 百均とは思えない高級感あるデザイン
  2. 低音域がズンズン響く
  3. 通話音質が綺麗

 

【気になる点】

  1. 籠った音質
  2. リモコン、マイクが口元から遠い

 

まとめ

ダイソーで見かけた時、メタルハウジングなので音質に期待して購入しました。
しかし視聴してみると、音が濁っていてスッキリしません。耳垢が溜まっていて、綿棒でグリグリしたくなるような感覚です。

せっかく高級感のあるデザインなのに残念です。今回は 5種類あるうちの1つだけを購入してみましたが、ハウジング形状の違うタイプの音質はどうなんでしょうか?少し気になりますが、期待できないので買うのは止めておきます。

追記:その後発売された、200円の有線イヤホンは結構お勧めです

百均のダイソーで200円(税抜き)で販売されている、カナル型「アルミイヤホン」を購入してきました。このイヤホンは、マイクとマルチファンクションボタンを搭載しており...

500円のBluetoothイヤホンのレビューはこちら▼
百均のダイソーで500円(税抜き)で販売されている、スマートホン用のワイヤレスBluetoothイヤホンを購入してきました。五百円!ワンコインでBluetoothイヤホンが手に入る...

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top