スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【レビュー】Bluetooth 5.0対応、連続4時間再生可能な完全ワイヤレスイヤホン「Mpow T3」

音響機器メーカーのMpowの新製品 Bluetoothイヤホン『Mpow T3』をご紹介します。

Mpow T3は、1回の充電で約3.5時間の音楽再生が可能で、Bluetooth 5.0 + 拡張通信規格「EDR(Enhanced Data Rate)」に対応しているので、BT5.0対応の最新のスマートホンに接続すれば、人混みなどでも音切れや遅延なく音楽を楽しむ事ができます。

※ 今回こちらの製品は、メーカー様からレビュー用に商品をご提供いただきました

Mpow T3スペック

【仕様】
Bluetoothバージョン:V5.0
動作範囲:10メートル
プロトコル:HSP、HFP、A2DPおよびAVRCP
イヤホンのバッテリ容量:60mAh
充電ケースのバッテリ容量:500mAh
音楽再生時間:約3.5~4時間
通話時間:約3.5~4時間
イヤホンの充電時間:1.5時間
充電ケースの充電時間:2〜3時間
USB充電ケーブルの長さ: 23mm
両耳・片耳モード:あり

開封の儀

パッケージ内容
Mpow T3 TWS イヤホン* 1
収納充電ケース* 1
USB充電ケーブル* 1
イヤーピース * 3種類(S、M、L)
取扱説明書* 1

取り説は英語ですが図解で判りやすく説明されています▼

製品レビュー

左右のイヤホンがコードでつながっていない完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン
IPX 5防水に対応しているので雨の中でも安心して使えます(完全防水ではありません)

ハウジング部はU字型。左右に各1つずつマルチボタンが付いています▼

イヤーピースを外したベース部の直径は約 4.3mm。耳の穴が小さい人でも問題なく使える サイズ▼

イヤーピースは最初からイヤホンに装着されていた中に加え小・大が付属していました▼

重さは両耳で約 11g▼

ケースは充電器を兼ねています▼

幅は約66mm▼

ちょうど手の平サイズです▼

ケースのバッテリ容量は500mAh、イヤホン2個を約4回充電する事が可能です。

イヤホンを置くだけで充電がスタート▼

ケースはMicroUSBケーブルで充電します▼

充電中のイヤホンは赤いLEDが光ります。後ろにLEDが付いているので少し見難いです▼

iOSデバイスにペアリングするとバッテリー残量が表示されます▼

技適マークが付いているので日本国内で使用できます▼

通話テスト

このイヤホンには通話機能が実装されています。LINEの「通話テスト」機能を使って内蔵マイクの感度と通話音量を試してみます。

マイクはイヤホン内に内蔵されているので口元から離れています。しかしながら室内であればクリアに通話する事ができました。

操作・装着感

「Mpow T3」は、ケースから出しただけでペアリング済みのデバイスに接続する「自動ペアリング」機能が搭載されています。
何回も繰り返し使ってみましたが、出した瞬間に驚く程のスピードで自動的に接続されます。接続ミスは一度もありませんでした。
またケースに戻すと自動的にペアリングが解除されるので、デバイスとの接続作業に面倒は一切ありません。
ケースに入れる時に1つ注意点があります。ケースは開くと自動的に電源が入るので、ケースを開いてインジケーターが光っている間にイヤホンをケースに戻します。開いたままのケースは電源が自動オフになっていますので、イヤホンを置いても充電が開始されずにイヤホンの電源も切れず、デバイスにペアリングされたままになります。

左右のイヤホンに各1ボタンのみのシンプル設計ですが、再生 / 停止、ボリューム調整、曲送り / 曲戻しが可能です。
再生、一時停止はLRどちらかのボタンを1回クリック、曲送りはRイヤホンを3秒長押し(曲戻しはL)、ボリューム調整は左右のイヤホンをダブルクリック。通話はボタンタップ、通話拒否はボタン長押し。

Bluetoothイヤホンは曲戻し機能が無い場合が多いのですが、こちらは対応していますので音楽機器をカバンから出す事なく全ての操作ができます。ただしSiriやGoogleアシスタントなどの音声ガイダンスの呼び出し機能がありません。
装着感は、フィットして激しく動いてもズレたり落ちる事はありませんでした。長時間装着していても痛くなる事も無く、ジョギングやジムでの使用にも十分耐えられました。
ただし耳の形には個人差がありますので、参考まで。

音質

イヤホンを2回充電して7~8時間だけエージングしました。
高音から低音までムラなく鳴り、どのジャンルの音楽でも使えるイヤホンだと思います。クリアに透き通った高音域や、腹にズンズン響く重低音といった得意な音域はありませんが、逆に苦手な音域が無いといった印象です。ボーカルの声がしっかり際立って聞こえます。
私は賑やかなチューニングだと音酔いしやすいですが、このT3は長時間聴いていても全く大丈夫でした。
ジャズ、ポップス、クラッシック、レゲエ、ダンスミュージック…と色々なジャンルを聞いてみましたが、どの音楽も平均的に癖が無く聴く事ができます。5千円以下で買える完全ワイヤレスイヤホンとしては十分に合格点だと思います。

まとめ・価格

Mpow T3を数日間使って見ましたが、ケースから出しただけでデバイスに接続する性能が秀逸で、全くストレスを感じませんでした。
またイヤホン本体からの操作で、ボリューム調整や曲送り(戻し)など全ての行える事も高ポイントです。
完全ワイヤレスイヤホンは、一部の操作に関しはスマートホン本体や音声ガイダンスを呼び出さないとできない製品も多いので、イヤホン本体からの操作だけで完結できるのは本当に便利です。

Mpow T3の価格は、記事掲載時 4,599円。Amazonで購入する事ができます。

Mpow T3 Bluetooth イヤホン
新Bluetooth5.0+EDR搭載

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top