【実機レビュー】2千円で買える本格スポーツ仕様の軽量Bluetoothイヤホン『AUKEY EP-B40』

   

Facebook にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ガジェットメーカーのAukeyの方からレビュー用に商品提供いただきました『AUKEY Bluetoothイヤホン EP-B40』をご紹介します。

こちらの製品は、低価格にも関わらず IPX4防水規格対応、ノイズキャンセリングCVC6.0を搭載し、軽量、イヤーフックも備えた本格的なスポーツ仕様のワイヤレスイヤホンとなっています。

 

Aukeyでは11月1日(水)から11月30日(木)の間に、公式Twitter(@AUKEY_jp)を「フォロー&リツイートする事で抽選で3名様にAUKEY EP-B40をプレゼントキャンペーンを開催予定です。

スポンサーリンク

AUKEY EP-B40スペック

チップセット:CSR8645
連続使用時間:約8時間
充電時間:約1.5時間
ノイズキャンセリング:CVC6.0
最大通信距離:約10m
Bluetooth:v4.1
防水規格:IPX4防水規格
バッテリー:60mAh *2(リチウムポリマー)
製品重量:約13g
APT-X対応

 

【セット内容】

Bluetoothイヤホン本体x1
MicroUSB充電ケーブル x1
イヤーパッド (S/M/L各2)
イヤーフック (S/M/L各2)
キャリングポーチ x1
クリップ x1
取扱説明書x1
保障証シール

取扱い説明書は日本語▼

 

製品レビュー

イヤーフック付きのスポーツタイプのイヤホンです▼

 

ハウジング部はオールブラックでスタイリッシュなデザイン▼

 

イヤーピースを外すとベース部は直径6mmと平均的な太さ▼

 

イヤーフックを装着して使う前提のデザインです▼

 

イヤーフック・イヤーピースはS/M/L各2個▼

 

リモコンはボリュームとマルチボタンのみのシンプル設計▼

 

MicroUSBで充電します▼

 

重さ約15g▼

 

キャリングケース付き▼

 

iOSとペアリングするとバッテリー残量が表示されます▼

 

通話テスト

このイヤホンには通話機能が実装されています。LINEの「通話テスト」機能を使って内蔵マイクの感度と通話音量を試してみます。

少し篭った感じですが、マイク感度が良いようで相手側に大きく声が届きます。通話する上では問題ありません。

リモコンの位置は肩付近にあるので、口元に持って来て話す事も可能です▼

使用感

イヤーピース、フックを自分の耳のサイズに合うように替えるとフィット感がいい感じです▼

 

付属のクリップを使ってケーブルを短く調節する事が可能です。スポーツ使用時には、耳の上から後頭部にケーブルを鉢巻のように固定できます。

音質

6時間のエージング後に試聴しました。どちらかと言えばライトな音質で、お世辞にも高音質とは言えません。しかし高音から低音までムラなく鳴っていますので、どのジャンルの音楽にも合うと思います。ノイズキャンセリング機能は少し弱めで、周囲の騒音もある程度は入って来ます。しかしながら、超低価格帯のイヤホンの中では、頭一つ出ている音だと評価できます。
しばらく使ってみましたが音飛びする事もなく、動画を観ていても遅延も感じませんでした。

まとめ

2千円の価格でIPX4防水とノイズキャンセリング機能まで搭載しているのは凄いですね。お得感があります。
超軽量でフィット感も良いので、スポーツ用イヤホンとして1本持っていると気軽に使えますね。

Aukeyでは11月1日(水)から11月30日(木)の間に、公式Twitter(@AUKEY_jp)を「フォロー&リツイートする事で抽選で3名様にAUKEY EP-B40をプレゼントキャンペーンを開催予定です。

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。
この記事のQRコード 【実機レビュー】2千円で買える本格スポーツ仕様の軽量Bluetoothイヤホン『AUKEY

 - ガジェット/端末レビュー , ,