LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

「realme Pad」Helio G80搭載のコスパ重視タブ発表!スペックレビュー

 Realmeは、同社初のタブレット「realme Pad」を発表しました。低価格のコスパ重視端末が中心のrealme ならではの仕様で、処理性能は控えめながら、4スピーカー搭載などメディア端末用途としても使える整ったスペックになっています。

 

realme Pad

OS realme UI for Pad
Android 11ベース
SoC MediaTek Helio G80
ディスプレイ 10.4 インチ
2000 x 1200 ピクセル
RAM 3 GB / 4 GB
ROM 32 GB / 64 GB
外部MicroSD 対応
リアカメラ 800万画素
フロントカメラ 800万画素
生体認証
防水 非対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac 
Bluetooth 5.0
バッテリー 7,100mAh
対応バンド
(LTEモデルのみ)
GSM 850/900/1800/1900MHz
W-CDMA B1/5/8
LTE B1/3/5/7/8/20/28/38/40/41
 サイズ 幅:155.9 mm
高さ:246.1 mm
厚さ:69 mm
 重量 440 g

 

筐体

realme Padは10.4インチのWUXGA+(2000×1200)のディスプレイを採用。画面占有率82.5%

 

厚さは6.9mm。Mi Pad 5シリーズと変わりません。

 

カラーバリエーションはReal Grey(グレー)、Real Gold(ゴールド)の2色展開

 

7,100mAhのバッテリーを搭載し、最大18Wの急速充電が可能です。リバースチャージにも対応しています。

 

Dolby Atmos対応のクアッドスピーカーを搭載しているので、動画の視聴などでは没入感が得られそう▼

 

プロセッサー/メモリー

プロセッサーは、MediaTekからリリースされているエントリーモデル向けSoC「MediaTek Helio G80(MT6769U)」搭載しています。
G80のGは、Gamingの頭文字から取っており、MediaTek HyperEngine Game Technologyを搭載したチップセット。
64bit対応のオクタコア(8)CPUで、デュアルコアのARM Cortex-A75とヘキサコア(6)のARM Cortex-A55で構成されます。
搭載されているスマートフォンを参考にすると、AnTuTu(v8.0)の総合性能スコアは約19.5万ポイント程度が予想されます。

RAM 3 GB + 内部ストレージ(ROM)32 GBとRAM 4GB + ROM 64 GBの2種類の構成があり、外部ストレージ(MicroSD)に対応しています。

 

価格・発売日

realmeのインド向け直販サイトではrealme Padの予約受付が開始されています。
₹=インド ルピー

  • Wi-Fi版(後日発売)3GB+32GB: ₹13,999(約2.1万円)
  • LTE+Wi-Fi版 3GB+32GB: ₹15,999(約2.4万円)
  • LTE+Wi-Fi版 4GB+64GB: ₹17,999(約2.7万円)

グローバルモデルの発売・価格は発表されていません。

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top