LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

スナドラ865+搭載の最強ゲーミングスマホ「ASUS ROG Phone 3(ZS661KS)」発売!機能・スペックレビュー

台湾ASUS(エイスース)より、ゲーミングスマートホン『ROG Phone 3を発表しました。

ROG Phoneシリーズは、ゲーミングスマホとしての処理性能の高さに加え、ゲームを快適にプレイする事に特化した機能やギミックを備えた、最先端ハイエンド端末となっています。

ASUS ROG Phone 3 -ZS661KS

OS Android 10.0 with ROG UI
SoC Qualcomm Snapdragon 865 Plus
GPU Adreno 650
ディスプレイ  6.59 インチ
2,340×1,080 Pixcels
RAM 8GB / 12GB / 16GB
LPDDR5
ROM 256GB / 512GB
UFS 3.1
アウトカメラ 6,400万画素(F/1.8):広角
1,300万画素:超広角
500万画素:マクロ
インカメラ 2,400万画素:広角
SIM NanoSIM + NanoSIM
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi 802.11b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1(BR/EDR+LE)
バッテリー 6,000 mAh
対応バンド 3G: WCDMA:
B1/B2/B3/B4/B5/B6?B8/B19
TDSCDMA:
B34/B39
4G: FDD-TLE:
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18
B19/B20/B25/B26/B28/B29/B30/B32/B66
B71
TDD-TLE:
B38/B39/B40/B41
5G NR
N1, N2, N3, N5, N28, N41, N66
N71, N77, N78, N79
インターフェイス USB Type-C
 サイズ 幅78 mm
高さ171 mm
厚さ9.85 mm
 重量 240 g
対応測位衛星システム Glonass (L1), Galileo (E1/E5a), BeiDou (B1/B2a)
QZSS (L1/L5) and NavIC (L5)

 

筐体レビュー

ディスプレイは、6.59 インチ、解像度1,080 x 2,340のFHD+画面。ゲームに邪魔と不評なノッチ(画面切り欠け)は非採用です。
リフレッシュレート144Hz駆動, 270Hzのタッチサンプリングレートに対応し、応答速度1msの高速描画に対応。繊細なタッチレスポンスを必要とするゲームにおいて、抜群の操作性を可能にします。
HDR10+規格に準拠する、高ダイナミックレンジの再生に対応して、sRGBが153.7%をカバーするなど、高速なだけでなく、より美しい色彩表現でゲームをプレイできるとしています。画面はGorilla Glass 6で保護されています。※ 隠しコマンドによりリフレッシュレート160Hzでの駆動も可能との情報がでています

 

端末背面には、ゲーミングデバイスらしくROGロゴのRGBライトパネルがあります。

 

冷却システム

デバイスの冷却技術(Aero Dynamic System)は、3Dベーパーチャンバーと大きなヒートシンク、巨大グラファイトフィルムを採用した多層構造になっています。この技術により、ROG 2と比較してヒートシンクのサイズは6倍、排熱効率14%向上しています。冷却システム(GameCool 3冷却システム)は、端末背面に排気口を配置するなどエアフロ―を考慮して設計されており、効率的に排熱することを可能にしています。

また外付けのアクティブクーラー「AeroActive Cooler 3」を装着する事で、さらに端末温度を4℃下げる事が可能としています。

 

ゲーミングシステム

デバイスを横向きに構えた時、左右の肩に感圧ゾーン(ゲームトリガー)があります。
AirTrigger 3サイドセンサーとしてジェスチャー機能が強化されています。

画面のタップをエミュレートしたり、画面を左右にスワイプして見渡すような用途にも使えるようです。

垂直方向の揺れを検出して、画面上のタップをシミュレートできます。

 

アクセサリー

ROGフォンには、ゲームを快適にプレイできるよう、様々なアクセサリーが用意されています。ニンテンドーSWITCHのゲームコントローラー風「Kunai 3ゲームパッド」、ROG Phone 3を補助ディスプレイとして使用しながら、外部4K UHDモニターでプレイできる「モバイルデスクトップドック」など、7種類のアクセサリーが用意されています(別売り)

 

バッテリー

バッテリーは6,000mAhの大容量のものを搭載しており、 Quick Charge 4.0 とPD充電に対応しており 30Wの高速充電が可能です。
旧モデルと比べて 64%省電力化を実現しています。

 

ゲームのプレイを阻害しないように、端末サイドのドッキング用のサイドマウントポートからも充電が可能です。

 

プロセッサー/メモリー

SoCにはクアルコムのハイエンド向けチップセット「Snapdragon 865 Plus」を搭載しています。
865+は、「Snapdragon 865」(SM8250)のCPUやGPUの性能が強化され、処理速度が高速化された新プロセッサー。 CPU「Kryo 585」とGPU「Adreno 650」に変更はないが、CPUの最大動作周波数は2.8GHzから3.1GHzに高速化しており、GPU性能は約10%向上しています。

発売直後なので、Antutuベンチマークスコアなど詳細は不明ですが、旧世代モデルのSnapdragon 865のAnTuTuスコア(v8)は約 56万ポイントでした。それをベースに考えると、動作周波数が10%増しなので61万ポイント前後ですね。

メモリー構成の組み合わせは、(RAM / ROM )8 GB + 256 GB / 12 GB + 256 GB / 16 GB + 512 GBの3種類の構成が用意されており、メモリは最新の29%高速な新世代LPDDR5規格、ストレージはのUFS 3.1規格を採用しています。

 

カメラ

リアカメラの構成は、ソニーの フラッグシップイメージセンサー IMX686採用の6,400万画素(F/1.8)メインカメラ。1,300万画素の125°超広角レンズ、500万画素のマクロれんずのトリプル仕様。フロントカメラは、2,400万画素のポートレートレンズを採用しています。
リアカメラの動画撮影は、8K UHD (7680 x 4320) /フレームレート 30 fpsまで対応しています。

 

 

 

対応バンド

2枚のSIMカードスロットを搭載しており、両方を活かしたデュアルVoLTE/デュアル5G待ち受けも可能です。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。またプラチナバンドB19にも対応していますので、高い建物の影や地下、郊外での通信にも強いです。また3G帯のプラスエリアB6に対応しているので、僻地や山間部で若干電波が掴みやすくなります。
5G帯に対しては、Sub6のn78/79に対応していますが、ミリ波非対応です。一応ドコモ端末で5Gバンド回線は使えます。

SoftBank(Y!モバイル):LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8の全てに対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。
5G帯に対しては、Sub6のn77に対応しているのでソフトバンク端末では 5Gバンド回線が利用できます。

AU:主主バンドのB1、プラチナバンドB26(18を内包) に対応しています。通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMにも対応していますが、AUバンドの場合は要検証となります。
5G帯に対しては、Sub6のn77/n78対応しています。au端末で5Gバンド回線は使えます。

【 対応バンド 】
3G: WCDMA:
B1/B2/B3/B4/B5/B6?B8/B19
TDSCDMA:
B34/B39
4G: FDD-TLE:
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B18
B19/B20/B25/B26/B28/B29/B30/B32/B66
B71
TDD-TLE:
B38/B39/B40/B41
5G NR
N1, N2, N3, N5, N28, N41, N66
N71, N77, N78, N79

価格・販売日

ROGフォン3の発売は、北米で9月22日からとなっています。価格は最小構成モデルで約99,000円~。

  •  8GB RAM + 256GB 内部ストレージ搭載モデル:799ユーロ(約99,000円)
  • 12GB RAM + 512GB 内部ストレージ搭載モデル:999ユーロ(約124,000円)
  •  16GB RAM + 512GB 内部ストレージ搭載モデル:1,099ユーロ(約137,000円)

 

ECサイト/割引クーポン

今回ご紹介した端末の割引クーポンが発行されている場合があります。
下記ページからチェックしてみて下さい

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top