スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【レビュー】しまった!Amazonのサクラレビューに騙された¥2000中華ゲーミングキーボード

 

またやってしまいました!

前日の記事で「中華AirPodsのサクラレビューに騙されるな!」と注意喚起したばかりですが、まんまと自分が引っ掛かりました。

今まで使い続けていたメカニカルキーボードは、何もかも自分にピッタリ合って本当に気に入ってました。しかしながら、脆くて壊れやすいので自宅と仕事場で今まで2台買い替えました。
それが一昨日、急いでいる時にポキッとキーキャップのツメが折れてしまいイライラがマックスに..

予備のキーボードもありますが、メカニカルキーボードに慣れてしまったので無いと困ります。
腹が立った勢いでAmazonで何も考えずに目に留まった「Amazon Choice」の廉価製品をポチってしまいました。

製品が届く前に、冷静になってレビューを読み返してみるとサクラレビューが多くて愕然。それどころかAmazonの廉価ゲーミングキーボードは、ほぼ全てがサクラレビューに占拠されていました。何も考えなかった自分が情けない..

今回は、Amazonの廉価ゲーミングキーボードのレビューと、Logicoolゲーミングキーボードのダメ出し(愚痴)をまとめてエントリーします
※悔しいですが、今この記事も中華ゲーミングキーボードで書いています。

 Siensync 106キー日本語配列ゲーミングキーボード

箱の「ゲーミングキーボード」のフォントを見て中身を察しました▼

サイズ:43cmx13cmx:3cm
重量:750g
USBのケーブルの長さ:170cm
106キー、日本語レイアウト

パッケージ内容
ゲーミングキーボード本体x 1
キーキャッププーラー x 1
日本語取扱説明書x 1

 

製品レビュー

今まで使っていたLogicoolのゲーミングキーボード「Logicool-G G413rSV」と比較しつつレビューします。

筐体

サイズ感は10キー付き日本語ゲーミングキーボードの一般的なサイズ。Logicoolのキーボードと並べるとほぼ同じくらい。

ボディカラーで若干サイズが大きく見えますが、実際には変わりません

フルサイズ・キーボードのテンプレート的なサイズです▼一般的なキー配列で、無理やり英語キーボードを日本語化したような製品ではありませんでした

 

アルミボディのヘアライン仕上げと書かれていましたが、ヘアラインプリントの薄いアルミ板をABS樹脂に巻き付けています。

 

Logicoolのパネルは、ヘアラインのアルミ天板のデザインが気に入ってました。でもエッジが鋭利で最初に手の甲をザックリ切りました。

 

キーキャップを外すと空っぽ。軸すら使われていませんでした。キー1つ1つにLEDも入っていません。
Cherry社の軸は無理だとしても、格安コピー軸くらいは使って欲しかった▼というよりメカニカルキーボードとして販売されていますが、独立したスイッチ機構が無いのでメカニカルキーボードの要件を満たしていませんよね。
変則的なメンブレンキーボードです。打鍵感もゴムゴムしていますし。
そう思って商品販売ページを見に行くと「 メカニカルな感触」と書かれています。メカニカルキーボードとは書いていません。
あっ!騙された

 

キーピッチは19mmかな?▼

 

足にはしっかりとゴムが付いています▼

 

高さ調整用の足を立てるとLogicoolと同じくらいの高さ。一般的高さなのかな?

 

キーボードは内側にたわんだデザイン▼

 

LEDカラー調整

ゲーミングキーボードなので、バックライトを様々なカラーでキラキラ光らせる事ができます。

方法はFn+キー。取扱説明書に書かれています。

 

呼吸モードでクリスマスツリーのようにピカピカさせる事ができます。

単色呼吸モード▼

 

繁殖期のイカのように色が変わる呼吸モード▼

 

自分はゲームをしないので、単色に光らせておく事にしました。キラキラされても落ち着かないだけですからね。

しかし!何色に設定してもキートップの文字が全く読み取れません。光のムラも酷いです。

Logicoolのキーボードが可視性が良かったので、これは本当に困ります▼

 

実際の目の位置で見るとキーの文字が何も見えません▼

私がゲーミングキーボードを使っている一番の理由は、キートップの文字が光るから。
通常のキーボードはキートップの文字印刷が消えてしまいますよね。バックライトのLEDで文字が光るゲーミングキーボードは文字消えの心配がありません。
私は101英語キーボードを使っていた期間が長かったので、未だに@やCtrl系の文字入力が分からなくなる事があります。

一番見やすい赤にしても見えません。カメラだと悪くなさそうですが肉眼だと見えません。

それどころかキーの下にあるパネルの光が眩しくて逆に見難い▼

 

だからと言ってLEDをオフにすると真っ黒▼

 

打鍵感・音レビュー

ニュルっといった打鍵感で、メカニカルキーボード特有のカシャカシャ音は全く出ません。打鍵音は、ラバードーム型スイッチを使用したメンブレンキーボードそのもの。
打鍵感を表現するなら”キーストロークの深いノートパソコン”と表現すれば近いと思います。

使えない事は無いのですが、反応がもっさりしていて叩いているとスグに指が疲れます。
メカニカルキーボードの打鍵感が好きで慣れてしまっているのでダメです。商品説明にある「 メカニカルな感触」なんて一切感じません。

 

LogicoolのGキーボードの愚痴

前述しましたように私はLogicoolの「G ゲーミングキーボード G413」が本当に気に入ってました。

ロジークール独自開発した「Romer-Gスイッチ」を採用したメカニカルキーボードで、程よい打鍵音と自然な打鍵感で疲れ難く最高です。
しかしながら、問題もRomer-Gスイッチ。このスイッチの爪が弱いので、横への圧力で簡単に折れてしまいます。
特にCtrlキーはグッと押しながら他のキーを押すので、このキーばかりが折れます。

しかも独自技術なので、汎用のメカニカルキートップを使う事ができません。保証期間の範囲ならメーカーにお願いできますが、それが切れてしまうと買い替えです。今までCtrlキーのためだけに2台買い替えました。Logicoolの左下用Ctrlキーを20個欲しいです..

 

まとめ

そもそも2000円でメカニカルキーボードが買えると思った自分が間違えでした。つなぎのキーボードとして買ったつもりでしたが、つなぎにすらなりませんでした。
指が疲れる、文字が読めない、ダメダメ打鍵感や音など、キーボードとしてはセットパソコンにオマケで付いて来るキーボード以下です。キラキラ光るだけ目障り。逆に負けてます。

あらためてレビュー欄を見ると、動画と静止画を付けて評価:を上位に表示する操作がされています。レビュー内容もキーボードの事を何も知らない人ばかりのようで、キラキラ光る事だけを評価しています。
これは業者の自演レビューではなく、SNSなどで募った日本人のサクラレビュワー達です。業者が商品と報酬を提供する代わりに星5と写真と動画投稿を保証させています。
他のレビューも星5のレビューばかり。彼らはレビューを書いて報酬をもらった後は、商品をメルカリなどで転売して稼いでいます。

Amazonでの買い物は安くて配送も早いので“何でもAmazon“という方も多いと思います。私もヘビーユーザーで、毎年300点以上の商品を購入しています。ご存知のようにAmazon...

 

それどころか、千円から3千円程度の安価ゲーミングキーボードは全てサクラレビューまみれでした。

 

Amazonで買い物する時には、冷静にならないとダメですね。偉そうに注意喚起していますが、私は年間2-3百点の買い物をしているので、ちょいちょい騙されています。
衝動買いした商品はほぼ全滅です。

これからキーボードはどうしよう?LogicoolのROMER-Gはもう疲れました。MSIかRazer あたりで探そうと思います。

追記:その後Razer オレンジ軸のメカニカルキーボードを買いました。最高です!

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top