スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【Etoren】背面トリプルカメラ端末「LG V40 ThinQ 」取り扱い開始!性能・カメラ・スペックレビュー

ECサイト大手の「Etroren」では、SIMフリー端末の「 LG V40 ThinQ (V405EBW ) 」の 販売を開始しています。

LG V40 ThinQ スペック

【 LG V40 ThinQ (V405EBW ) 仕様 】

OS  LG UX 7.1
Android 8.1ベース
SoC Qualcomm
Snapdragon 845
RAM 6 GB
ROM 128 GB
MicroSD 最大 2 TB
ディスプレイ 6.4 インチ
1440 x 3120 pixels
QHD+
カメラ フロント:
12.0 MP(標準)
16.0 MP(広角)
12.0 MP(望遠)
リア:
8.0 MP + 5.0 MP
認証形式 指紋
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
インターフェイス USB-C
バッテリー 3,300 mAh
対応バンド 3G: WCDMA:
B1/2/3/4/5/8
TD-SCDMA
B34 / 39
4G: FDD-TLE:
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17
20/28/32/
TDD-TLE:
38/39/40/41
サイズ 158.7 x 75.8 x 7.8mm
重さ 169 g
その他 NFC / Qiワイヤレス充電

筐体レビュー

画面は有機ELを採用した6.4インチ1440 x 3120 ピクセルの3K画面。

この端末は「IP68」防水・防塵加工されており、水中でも使えるレベルのタフネス・ボディです。
同機が認証を受けている「IP68」防水・防塵規格とは、「粉塵からの完全保護 + 水面下で使用が可能」という保護等級です。さらにアメリカ国防総省の超堅牢試験規格「MIL-STD-810G」にも準拠しています。

サイズはハンズオン動画を観るとiPhone XS Maxより少し大きいです。女性の手には厳しそうです。

内部性能

処理性能スペックは、プロセッサ(SoC)はハイエンド端末の多くに採用されているSnapdragon 845。同SoC採用の端末を参考にするとAntutuベンチマークスコア総合で約26万程度と予想されます。

カメラ性能

カメラの構成は背面3 + 前面2のクアッドカメラ構成。このスマートホンの一番の特徴は 背面の3カメラですが、既に「Huawei P20 Pro」や「OPPO R17 Pro」などでも採用していますので、今となれば目新しさはありません。しかしながら、既存の背面トリプルカメラ端末は、1つのカメラはサブにはボケ効果用に割り振っています。それに対して「V40 ThinQ」に搭載されている3つのカメラは、広角レンズ・標準レンズ・望遠レンズというトリプル・メインとも言えるカメラ構成となっています。

1, F値2.2 / 5.0MP ワイドレンズ(フロント)
2, F値1.9 / 8.0MP標準レンズ(フロント)
3, F値2.4 / 12.0MPズームレンズ(リア)
4, F値1.9 / 16.0MP 107°広角レンズ(リア)
5, F値1.5 / 12.0MP標準レンズ(リア)

トリプルショット機能を使う事で、1回のシャッターで広角 → 標準 → 望遠とオートで3枚の写真を撮影する事が可能です。

トリプルショット撮影▼

モニター上にズームレンズ、標準レンズ、スーパーワイドレンズ、それぞれのライブプレビュー画面をチェックしながら撮影することもできます▼

AIオートアングルを搭載しているので、オートで推奨の構成を表示してくれます。
左が推奨構成▼

フロントカメラは5.0MPのワイドレンズと8.0MPの標準レンズ構成。
背景はぼかしたり、着色したり置き換えることもできます▼

メイクアップ補正機能を使う事で、すっぴんでもメイクしたような盛った写真に仕上がります▼

「AR emoji & 3D sticker」機能はSnowのようなエフェクトを掛けられます▼

対応バンド / SIM

LG V40 ThinQはDSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカード2枚挿しでの運用が可能です。

ドコモ:プラチナバンド4G帯のBand19に未対応ですが、主力バンドのB1及びB3に対応してますので都市部での使用に問題はありません。LTEプラチナバンド、3G帯のプラスエリア(B6)には対応していないので山間部や地方ではつながり難い事が予想されます。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:LTEのプラチナバンドB18(26)に対応していないので、 VoLTE SIM、通話に3G帯(EVDO BC0) を使用する非VoLTE SIMともに利用できません。

【 対応バンド 】
3G: WCDMA:
B1/2/3/4/5/8
TD-SCDMA
B34 / 39
4G: FDD-TLE:
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17
20/28/32/
TDD-TLE:
38/39/40/41

まとめ / 価格

LG V40 ThinQが搭載しているスナドラ845は、今となればありきたりのハイスペック向けSoCです。しかしながらスマートホンの処理能力は不必要なレベルまで上がっていますので、最新のハイスペック端末はカメラ性能を競い合っていますね。

V40の購入を考える方は、処理能力ではなくカメラ性能を重視していると思います。リアのトリプルカメラを使えば、あらゆるシーンに対応した美しい写真撮影ができます。このレベルのカメラ性能があれば、普段はコンデジを持ち歩く必要がなさそうです。

LG V40 ThinQの標準価格は、約10万 5000円。Etorenでは8万 6,100円で販売されています。

【Etoren販売ページ】

LG V40 ThinQ
(V405EBW )
LG V40 ThinQ (グレー)
LG V40 ThinQ (レッド)
LG V40 ThinQ (ブルー)

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top