LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Windows 11にアップグレードできるPCスペックに第七世代Coreも追加!ISOインストール可能でもWIndowsアップデート不可?調べる方法解説

Microsoftは次期OS「Windows 11」に無料アップデートできるPCの要件について修正を加えました。
また一時は配布中止となっていたPC正常性チェックアプリ(PC Health Check)をWindows Insider向けに再公開しました。

必要条件

Windows 11の必要要件に関しては、当初発表していたものと同じです。

 スペック 1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
RAM 4 ギガバイト (GB)
ストレージ 64 GB
システム ファームウェア UEFI、セキュア ブート対応
TPM トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
グラフィックスバージョン DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
ディスプレイ 対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ
インターネット接続
Microsoftアカウント

Windows 11 Home Edition を初めて使用するとき、デバイスのセットアップを完了するには、インターネット接続とMicrosoft アカウントが必要です。

Windows 11 Home の S モードを解除する場合もインターネット接続が必要です。S モードの詳細はこちらをご覧ください。

すべての Windows 11 エディションで、更新の実行、ダウンロード、一部の機能を使用するために、インターネットのアクセスが必要となります。一部の機能を利用するにはMicrosoft アカウント が必要です。

ちなみにアップデートの対象から外れた端末でも、ISOファイルからインストールは可能です。しかしながら、最低要件を満たしていないPCでは、カーネルモードのクラッシュの確率が大幅に増加するとしており、更にはWindows Updateの対象とならない可能性があるとしています。

the company told us it won’t actually block you from installing Windows 11 on a PC with an older CPU, so long as you download and manually install an ISO file all by yourself. But it turns out even that technicality has a technicality. Microsoft is now threatening to withhold Windows Updates from your copy of Windows 11 — potentially even security updates — if you take that route.
sauce:The Verge

 

第7世代Coreプロセッサの一部も対応

 新たに公開された対応するプロセッサリストでは、IntelのCore X/Xeon Wシリーズや第7世代のCore i7-7820HQが新たに追加されました。
これまでは第8世代のCoreプロセッサ以降のサポートとなっていましたが、テストの結果一部のモデルを追加したとしています。

 Microsoftによれば、さまざまなフィードバックを受けて再検討したが、AMDのZenアーキテクチャを備えた第1世代Ryzenプロセッサなどはサポートリストに追加しないとしています。

Core iシリーズの第七世代では、もう少し期待が持てるかもしれませんね。

対応CPUをチェック

アップデート可能な端末かチェックする手順を軽くご紹介します。

自分のプロセッサーがアップデートの対象に入っているかチェックするのが一番手っ取り早いです。

Windows 11 AMD プロセッサ  Intel プロセッサ Qualcomm プロセッサ

対応CPUリストに入っていたら、「PC 正常性チェックアプリ」を走らせてアップデート可能かどうか調べます。

「PC 正常性チェックアプリ」は、自分のPCでWindows 11を正常に稼働させられるかどうかをチェックできるアプリです。新PC 正常性チェックアプリは、こちらのページ(Windows Insiderアカウントで要ログイン)からダウンロードが可能です。

アプリでチェックする際は、BIOS(UEFI)でセキュアブートとTMPが有効になっているか確認してから実行して下さい。

 

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top