LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

AppleWatchでTwitterの機能がほぼ全部利用可能!「Chirp for Twitter」の使い方

Apple Watch(アップルウォッチ)には Twitter の公式アプリが存在しません。

しかしながらサードパーティー製アプリ「Chirp for Twitter(チャープ・フォー・ツイッター)」を使うと、iPhone なしでツイッターの機能をほぼ全てApple Watchで出来てしまいます。Apple Watch 用ツイッターアプリの定番です。

今回は Chirp for Twitter をレビューしつつ使い方を解説します。

Chirp for Twitter

開発: Will Bishop
評価(4.3/5)
無料 ※アプリ内課金あり

 

課金要素について

Chirp for Twitter は、無料でもタイムラインの閲覧や「いいね」、最近のリプライの確認、「急上昇トレンド」の上位 5位までの閲覧が可能です。

課金により、ツイートの新規投稿、DM機能、引用リツイート、など iPhone からの操作とほぼ同等の機能が解放されます。

課金はサブスクリプションでは無く買い切りタイプです。金額は「¥370」「¥500」「¥730」の中から好きな金額を選べます。課金金額によって、解放される機能に違いはありません。

iPhoneから課金すると、課金画面にずっと花吹雪が舞い続けます▼課金すると「Chirp」から「Chirp Pro」扱いになるようです

 

課金で開放される項目
 ツイートの新規投稿
 引用投稿(リツイート)機能
 ツイート返信
 DM(ダイレクトメッセージ)閲覧・返信
 キーワード検索機能
 トレンドワードのランキング表示が5件➡全て解放

 

それ以外にも「ユーザネームの色」を変更するには、別の課金要素となっています▼

 

Chirp for Twitterの使い方

  • ホーム:タイムライン表示
  • 急上昇トレンド:トレンドワードのランキング表示
  • @ツイート:自分のツイートに対するレスや「いいね」
  • メッセージ:DM(ダイレクトメッセージ)の閲覧、送信
  • リスト:リスト機能
  • いいね:送った「いいね」の確認
  • プロフィール:プロフィール・自分のツイート投稿確認
  • キーワード検索:ツイート検索/人物検索
  • 設定:各機能の表示セッティング

複数のアカウント切替には対応していません。アカウントの設定は、iPhone アプリの「アカウント」から設定します▼

 

 

タイムラインを読む

※ 引用投稿(リツイート)機能は課金により解放されます

「ホーム」をタップするとタイムラインが確認できます▼

 

デジタルクラウンを回すか、スワイプでタイムラインを送る事ができます。

この画面からリツイート、❤で「いいね」も可能▼

 

 

ツイートの新規投稿

※ 課金により解放されます
メニュー画面を強く押すと、ツイートの新規投稿ができます▼

ツイートは、音声入力とスタンプの他、同社のフリックキーボード(英語)「FlickType Keybord」もダウンロードにより使えるようになります。

 

トレンドワードのランキング表示

※ 課金により表示件数が 5件から全てのランキングが表示可能になります

「急上昇トレンド」をタップするとトレンドワード一覧を確認でき、タップする事で対象ワードの検索も可能です▼

 

「設定」からトレンドワードの地域の設定も可能です▼

「トレンドの対象とする国」は「全世界」がデフォルトになっています。
ここをタップしても「日本」に変更できなかったのですが、「全世界」をタップ後に中をスワイプすると変更できます。

 

DM(ダイレクトメッセージ)機能

※ この機能は課金により解放されます

ツイート投稿、返信ツイートと同様に、音声入力とスタンプの他、同社のフリックキーボード(英語)「FlickType Keybord」での入力になります。
定型文は「はい」「いいえ」だけが用意されています。

 

コンプリケーション登録

「コンプリケーション」に対応しているので、文字盤から直接起動が可能です。

コンプリケーション登録しておくと、タイムラインの投稿が少し見えます▼

 

設定項目

「設定」からは、アプリを起動した時の挙動から、表示方法・項目、バイブなど多岐にわたって設定できます。

 

「ユーザーインターフェース」では、メニューの順番入替、ツイートの表示ライン数などが設定できます▼

 

ざっくり感想

おすすめポイント
 Apple Watch だけでツイート新規投稿ができる
 Apple Watch だけでダイレクトメッセージ送受信可能
 日本語に完全対応
 文字盤のコンプリケーションに配置可能
 細かい表示設定項目で自由度が高い
 課金がサブスクでは無く買い切り+安い
 Twitter 機能のほぼフル操作が可能

 

残念ポイント
 複数アカウント切替機能に非対応
 操作中はバッテリーの消費が早い

 

出来ない事は、Twitter プライバシー設定やプロフィールの変更といった Twitter本体の設定項目くらいです。

 

ご紹介したアプリ(Chirp for Twitter)

Chirp for Twitter
開発: Will Bishop
評価(4.3/5)
無料 ※アプリ内課金あり

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top