スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

ついに日本語配列発売!オレンジ軸のロマンチックなメカニカルキーボード「Razer BlackWidow Lite JP」

Razer のメカニカルキーボード「BlackWidow Lite」に、日本語配列モデル「BlackWidow Lite JP」が登場しました。

BlackWidow Liteは、人気のオレンジ軸の10キーレスキーボードですが、今まで87キーの英語配列しか発売されていなかったので、二の足を踏んでいた方も多かったと思います。ようやく日本語配列モデルが発売されました。

私も愛用していますが、デザイン、打鍵音、打鍵感、全てが気に入っていて、もう離れられません【レビュー記事

Razer BlackWidow Lite JPスペック

スイッチの押下圧:45g
キーストローク:4mm
アクチュエーションポイント:1.9mm
キーボードレイアウト:日本語配列
接続インターフェイス:USB
ストローク耐久:8,000万回
タクタイル:あり
ケーブル長:2m
ポーリングレート:1,000Hz
サイズ:W361×D133×H36.2mm
重量:660.9g
Nキーロールオーバー:10キーロールオーバー対応
各キーには輝度調整・消灯可能なホワイトのバックライトが内蔵

 

デザイン

レイアウトがコンパクトで、キーボード右上に配置されている「Caps Lock」「Scroll Lock」のLEDランプも省略されていてシンプルです。またケーブルがキーボード側で取り外せるので、キートップを外して掃除する時なんかに便利です。

 

ゲーミングキーボード特有の七色にキラキラするRGB LEDでは無く、落ち着いた白色の単色LEDです。
Capsロック状態の時だけ「CAPS」キーが緑に光ってお洒落です▼

 

日本語配列特有のエンターキーが大きくなり、スペースキーが小型化して右側に変換キーなどが追加されています▼

 

Razer Synapse 3

クラウドベースのハードウェア構成ツールRazer Synapse 3 の利用が可能です。拡張オプションで、より詳細な設定ができ、マクロの割り当て、ショートカットの設定などが可能です。

 

オレンジ軸

軸はRazer 独自のオレンジ軸▼青軸や緑軸のようにアクチュエーションポイントに到達しても「カチッ」という音がしないのが特徴です。オレンジ軸はタクタイルタイプなので、ある程度まで押し込むと「コクッ」という感覚と共に急激に荷重が抜ける感じです。チェリーの茶軸と特性や打鍵が似ています。

 

以前アップしたオレンジ軸の打鍵音の動画▼

 

価格・販売

本体カラーはブラックとホワイト(Mercury White )の2色で、販売価格はブラックが税抜き9,980円(税込11,800円)、ホワイトが税抜き11,800円(税込12,980円)。

ブラック▼

Razer BlackWidow Lite JP ブラック
メカニカルキーボード 静音 オレンジ軸 テンキーレス 日本語配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-02640700-R3J1

 

ホワイト▼

Razer BlackWidow Lite JP Mercury White
メカニカルキーボード 静音 オレンジ軸 テンキーレス 日本語配列 【日本正規代理店保証品】 RZ03-02640800-R3J1
The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top