スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【Etoren】ゲーミングスマホ「Black Shark 2 シリーズ」ゲームパッド・ケース付セットが¥47,600~

ECサイト大手の「Etroren」に、SIMフリー端末の「Black Shark 2 シリーズ 」が入荷しました。

『 Black Shark 2 Pro』は中国メーカー Xiaomi が出資した会社「Black Shark Technology(黒鲨科技)」から、ゲーミングスマートフォンです。

「Black Shark 2 Pro」は旧モデル「Black Shark 2」のマイナーアップグレード版となります。Qualcomm 社の最新のSoCのSnapdragon 855+とストレージにUFS 3.0を採用し、デザインも少し改良加えています。
今回セールでは、スマホ本体+専用ゲームパッド+ケースがセットになって販売となっています。

Black Shark 2 Proスペック

【Black Shark 2 Pro 仕様】

OS JoyUI
Android 9.0ベース
SoC Qualcomm Snapdragon 855+
GPU Adreno 640
ディスプレイ  6.39 インチ
2340 x 1080 Pixcels
AMOLED
RAM 8GB / 12 GB
ROM 128 GB / 256 GB
UFS 3.0
カメラ フロント: 20.0MP
リア: 48.0MP + 13.0MP
microSD
スロット
なし
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
Bluetooth 5.0
バッテリー 4,000 mAh
Quick Charge 4.0対応
対応バンド 3G  WCDMA:
B1 / B2 / B5 / B8
TD-SCDMA:
B34 / 39
4G  FDD-LTE:
B1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8
TDD-LTE:
B34 / 38 / 39 / 40 / 41
CDMA / EVDO
BC0
インターフェイス USB-C
防水 IP68
 サイズ 163.61 x 75.01 x 8.77(9.57) mm
 重量 205 g
その他 NFC / GLONASS / BEIDOU / ガリレオ

筐体レビュー

ディスプレイなどの基本的な仕様はBlackShark 2 / 2 Proであまり違いはありません。
2340 x 1080ドットの6.39インチの有機EL(AMOLED)ディスプレイ。アスペクト比19.5:9の縦長画面。ノッチ画面がゲーマー達から不評なので、非ノッチスクリーンを採用しています。

画面タッチの反応速度が、BlackShark 2の 43.5msから34.7msへと短縮しています▼

Black Shark 2では、1680万色を超える色を生み出すデュアルRGBライトが付いていましたが、BlackShark 2 ProではRGBライトを端末サイドに2つ追加配置しています。このライトは、ゲーム内のエフェクトや音楽、ダンスと同期させ、ゲームやエンターテイメント没入型を深めます。

カメラ

カメラ構成は、メインにソニーのイメージセンサーIMX586 採用の4,800万画素(F1.75)レンズと、サブには2倍望遠カメラ1,300万画素(F2.2)のデュアルレンズ仕様。フロント(セルフィーカメラ)は、2200万画素を搭載しています。

搭載しているソニーの積層型CMOSセンサー「IMX586」は、1/2インチ4800万画素という超高解像の積層型CMOSセンサーで、スマートホンが苦手な望遠域・ズームを画素数で補う事ができてしまいます。1/2インチに4800万もの画素が並ぶ 0.8μm画素ピッチなのでデジタルズームを掛けても被写体がクッキリ写ります。また写真解像度は 8,000 × 6,000ピクセル、4K 90fps、フルHD 240fpsの動画も撮影可能です。

内部性能レビュー

SoCにはクアルコムの新型高性能チップセット「Snapdragon 855 Plus」を搭載しています。スナドラ855+は、Snapdragon 855と比べてCPU性能は約6%、GPU性能は約13%の性能向上しています。Black Shark2はSnapdragon 855。
ROMはBlack Shark2が6 GB / 8 GB / 12 GB、2 Proは 8GB / 12GB。内部ストレージはBlack Shark2 / 2 Proともには128 GB / 256 GBの2タイプがあります。
スナドラ855+のAntutuベンチマークの総合スコアは、約37万~40万としていますが、このBlackShark 2 Plusでは500,610ポイントを叩き出したとしています(ソース: Gsmarena
バッテリー容量は4,000 mAhで、27 Wの急速充電サポートしています。ストレージはBlack Shark2で採用していたUFS2.1からUFS3.0規格に変更されたことで、より高速な読み書きが可能となりました。

ブラックシャークシリーズ独自の「液体冷却システム」は健在で、液冷プレートとチューブが付属する最新の液体冷却3.0システムを採用しています。

ゲーム中の電話やLINE通知などを無視する専用ゲームモードに加え、端末の状態をリアルタイム表示する「オーバーレイモード」が追加され、ゲームプレイに特化したゲーミングスマートホンに進化しています。
また車のエンジン音や銃の発射に合わせて振動するバイブレーション機能も搭載されています(対応ゲームのみ)
ゲーム中にゲームのセッティングドック機能が搭載されており、ゲーム専用のメニューバーを呼び出して通話拒否・通知などの独自設定が可能です。またフレームレートやシステム温度などのリアルタイムデータをオーバーレイ表示する機能も搭載されています。

マルチタッチスクリーン

Black Shark 2シリーズでは、iPhoneの3D Touchと同様の感圧式のディスプレイを採用しています。この感圧ディスプレイの最大の特徴は、2点同時に操作する事が可能で、画面左右に置いた指を同時に感圧操作する事ができます。
この機能はゲームをプレイする時には、アナログコントローラーのような役目を持たせる事を可能とします。例えばFPSゲームでは、左側を十字キーとして操作しながら、右側でエイムを定め、左指を押し込むことで射撃といった操作することができます。

ゲームパッド 2.0

専用ゲームパッド「Black Shark Gamepad 2.0」は、端末を横にして左右にハメ込む任天堂の「スイッチ」風のコントローラーで、Bluetooth4.2で接続します。

対応バンド / SIM

Black Shark 2 ProはDSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカード2枚挿しでの運用が可能です。

SIMカードスロットにMicroSDカードは挿せません▼

ドコモ:プラチナバンド4G帯の Band19、および3G帯のプラスエリアバンドB6に対応していません。そのため山間部や郊外エリアでの使用は難しい地域がありますが、主要バンド4G帯のB1, B3に対応していますので街中での使用では問題ありません。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内でも快適に使えます。

AU:AUのSIMを挿しての使用は対応していません。

対応バンド:
3G  WCDMA:
B1 / B2 / B5 / B8
TD-SCDMA:
B34 / 39
4G  FDD-LTE:
B1 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8
TDD-LTE:
B34 / 38 / 39 / 40 / 41

 

まとめ / 価格

Black Sharkシリーズのゲーム機能には、電話やLINEの通知を無視できる「SHARK SPACEモード」が実装されています。またゲームを起動と同時にメモリーやキャッシュをクリアしますので、即時にゲーム環境が作り上げることができてしまいます。
考えうる限りの技術を詰め込んだハードに加え、ソフト面でもゲームを快適にプレイする事に特化した端末に仕上がっています。

今回のEtorenでのセールでは、「Black Shark 2」の最小構成モデル(6 GB+128 GB)で4万 7,600円。「Black Shark 2 Pro」は最小構成モデル(8 GB+128 GB)6万 2,600円となっています。全てゲームパッドとケース付き。

商品名 カラー 価格
Black Shark 2
6+128GB
ブラック ¥47,600
Black Shark 2
8+128GB
ブラック ¥51,900
Black Shark 2
12+256GB
ブラック ¥64,900
Black Shark 2 Pro
8+128GB
シルバー ¥62,600
Black Shark 2 Pro
8+128GB
ブラック ¥62,600
Black Shark 2 Pro
12+256GB
ブラック ¥75,100
Black Shark 2 Pro
12+256GB
シルバー ¥75,100

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top