スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【iOS13】CoreNFC機能の拡張でiPhoneでもSUICA(交通ICカード)の残高・履歴が読み取りが可能

iOS 13のアップデートにより、CoreNFC機能が強化されました。iPhoneでのCoreNFC機能は、iOS11より利用可能となっていましたが、使える範囲がNDEF読み取りに限られており、QRコード以下の用途しかありませんでした。

今回のアップデートでは、NFCタグの直接読み取り、及びNFCタグ直接書き込みが可能となりました。この機能拡張によりiPhoneアプリでも、SUICAやPASMOなどの交通ICカードや電子マネーの残高確認が可能となりました。

※ NFCはiPhone7以降の端末のみの機能です。

ICカードリーダーを使ってみる

iOS13のリリースと同時にICカードリーダーアプリが多数登場しています。私も幾つか試してみましたが、多機能で使い易いアプリを見つけましたのでご紹介します。

ICリーダー

開発:Shintaro Kawamura
評価:
 無料 ※アプリ内課金あり
サブスクリプションの内容は、CSVファイルの書き出しの上限解除となっています

メジャーな交通系ICカードや電子マネーに対応しています。
Suica /PASMO / ICOCA / manaca / nimoca / PiTaPa /TOICA / SUGOCA
Kitaca / はやかけん / ICa  / nanaco / Edy / WAON

ICカードの残高チェック

アプリを起動したらiPhoneをカードにかざします。この時、背中をベタっと貼り付けるのでは無く、iPhoneの先端をカードに向ける感じです。
最初、自動改札のノリで端末の背面をかざして全く反応しませんでした。

先端を当てて読み取る▼

交通機関の乗降やチャージの履歴が一覧表示されます▼

読み取った情報はCSVファイルとして書きだす事が可能で、カードの名前も変更する事ができます。
名前の変更は、仕事用、プライベート用、子供のカードなどを区別できるので便利な機能です。

一度読み取ったカードの記録は保存されるので、後から参照可能です▼

他のカードリーダーには保存機能が付いているものが少ないので、これが意外と便利です。子供のカードをスキャンして、後からゆっくりと買い食いしていないかチェックしたりもできます。旦那の浮気のチェックなんかにも使えちゃいそうですね…

その他の機能

ホーム画面に置くアイコンは、好きな交通系IC/電子マネーのアイコンに変更可能です。

ホーム画面左下のiアイコンから入り「変更」をタップして、好きなアイコンを選びます。

また3D touchに対応しているので、iPhoneのホーム画面に置いたアイコンを押すと残高を確認する事ができます▼

まとめ

iOS11からは使えたCoreNFC機能は、Wi-Fiアクセスポイントへの接続や、アプリの起動(URLスキーム経由)に留まっていました。

これまで、iPhoneユーザーでもSUICAやPASMOなどの交通ICカードの残高を調べる時、わざわざAndroid端末のアプリを使っていた方も多かったと思います。このNFC読み取り機能は、Android端末では普通に利用できていた機能なので、ようやく、、、ホントようやくといった感じです。

しかしながら、既に私はモバイルSUICAに変えているので、今後は子供のSUICAの残高を確認するのに使うと思います。

次回のアップデートでは、アプリを起動せずともiPhoenをカードに翳すだけで起動して読み取る「オートメーション機能」が搭載される予定です。

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top