スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

Androidアプリ版「Chromeブラウザ」にiPhone版と同じメニューバーを表示する方法【裏ワザ】

iPhoneとAndroid端末の両方を使った事のある方はお気づきかと思いますが、Android版のChromeブラウザは少し使い勝手が悪いです。
その原因がメニューバー(ツールバー)の存在です。iPhone版のChromeブラウザは、Safariのようにアプリの下側にメニューバーが表示されています。
そのため指を少し動かすだけでメニューへアクセスする事ができるので、簡単にタブ切り替えやブックマークを表示する事が可能です。一方、Android版のChromeは、右上のメニューアイコンに指を伸ばさないと届きません。しかもメニュー一覧を表示させてからコマンドを選択する必要があり、2アクションが必要となるので少し手間が掛かります。

今回は、Andoroidアプリ版Chromeブラウザを、iPhone風メニューバーにカスタマイズする方法をご紹介します。

Chromeブラウザ

開発:google inc
カテゴリー:通信
評価:
無料

Google playからダウンロード

ChromeメニューバーをiPhone風にカスタマイズ

Chromeを起動しアドレスバーに「chrome://flags」と入力▼

Experiments(実験)画面が表示されます▼

Search falgs 欄に「duet」と入力します。
検索結果に「Chrome Duet」が表示されます。「Default」ボタンをタップします▼

ポップアップ窓が表示されるので「Enabled」を選択▼

この状態ではまだ設定が反映されていないので、一度ブラウザを明示的に終了して再起動▼

これでメニューバーが下に表示されました▼

下側に表示されるメニューバーからホーム画面や共有メニュー、拡張メニュー、アドレスバーへも一発でアクセスできるようになります▼

iPhone版のChromeブラウザのメニューバーには「戻る」「進む」アイコンがありますが、Android版には表示されません▼

以前と同じようにAndroidの「戻る」ボタンでブラウジングの「戻る」。メニューの →をタップすると「進む」の操作が可能です▼

元のデフォルト常態に戻したい場合、先ほどと同じようにSearch falgs から変更します。
「Chrome Duet」を「Default」にチェックを入れた後、ブラウザを再起動します。

もともとはiPhone版Chromeは、Safariのインターフェイスに寄せているので「iPhoneアプリ版のChromeブラウザにカスタマイズ」というより「Androidアプリ版ChromeにSafari風メニューバーを表示する」という方がピッタリかもしれません。

※ この機能は文字どおり実装前の実験段階の設定となります。ご利用は自己責任でお願いします。

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top