LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【Etoren】待望のグローバルモデル入荷「Sony Xperia 5 II 5G (XQ-AS72)」 ¥106,400!スペックレビュー

ECサイト大手の「Etroren」において、ソニーモバイルのフラグシップスマートフォン「Sony Xperia 5 II(エクスペリア ファイブ マークツー)」グローバルモデル(XQ-AS72) が入荷しています。

Xperia 5 II は、5G(第5世代移動通信)に対応した新端末で、既に発売されているXperia 1 II の下位モデルとなります。
搭載SoCなどの処理性能はほぼ変わりませんが、端末がコンパクトで、カメラ性能やQiワイヤレス充電非対応など若干機能が劣ります。
しかしながら1 II 画面のリフレッシュレートが90Hz駆動に対して、5 II は120Hz駆動、240Hz駆動(残像低減技術)、240Hzのタッチスキャンレートに対応するなどゲームプレイには有利なスペックです。

ちなみに日本のキャリア向けモデルは、10月中に販売予定となっています。

Xperia 5 IIスペック

OS Android 10.0
SoC Qualcomm Snapdragon 865
(SM8250)
GPU  Adreno 640 (700 MHz)
ディスプレイ 6.1 インチ
2520×1080
FHD+/AMOLED
RAM 8 GB
ROM 128 GB / 256 GB
microSD
スロット
最大 1 TB
フロントカメラ 800万画素(F/2.0)広角
リアカメラ 1,220万画素(F/1.7)標準
1,220万画素(F/2.4)超広角
1,220万画素(F/2.4)望遠
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac /ax
Bluetooth 5.1
対応バンド 3G HSDPA:
B1/B4/B5/B6/B8/B19
4G: FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B19
B20/B25/B26/B28/B29/B32/
TDD-LTE
B34/38/39/40/41/46/66
5G:
N1, N3, N28, N77, N78
バッテリー 4,000 mAh
インターフェイス USB-C
防水 IP65/68
 サイズ 158 x 68 x 8 mm
 重量 163 g

 

 

詳細情報

ディスプレイのアスペクト比は、21:9(映画で採用されているフォーマット)の縦長画面。ノッチを採用しない有機ELディスプレイ。
画面サイズは、今年発売のXperia 1 II(約6.5インチ)よりコンパクトな6.1インチ画面。極細ベゼルタイプを採用しています。上部フレーム部にセンサー、スピーカー、フロントカメラが配置されています。

 

リフレッシュレートは「Xperia 1 II」で見送られた120Hz化を実現しています。240Hzのタッチサンプリングレートに対応しており、繊細なタッチレスポンスを必要とするゲームにおいて、抜群の操作性を可能にします。タッチレスポンス速度が「Xperia 5」と比べ約35%向上。

 

またHDR未対応の動画(SDR)をHDR相当の画質で表示できる「HDRリマスター」機能を搭載しています。

 

筐体素材は、メタルフレームと高強度なCorning社のGorilla Glass 6を採用。
指紋認証は端末サイド。端末を握っただけでロック解除が可能です

 

防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)に対応しており、タッチ精度が高いので、手や画面が濡れたままでも快適に操作できます。

 

カラーバリエーションは、 ブルー、グレー、ピンク、ブラックの4色展開

 

音響システム

端末には最近排除されがちな3.5mmステレオジャックを搭載。音楽CDの約3~6倍の情報量を誇るハイレゾを再生できます。ワイヤレスでも多くの情報量を伝送できるLDACに対応し、伝送しても音の劣化が少ないので、ワイヤレスでもハイレゾ音質を楽しめます。

また最近排除されがちの 3.5mmオーディオジャックを搭載していますので、遅延の無い有線接続でのゲームプレイなどが捗りそうです。

 

カメラ性能

カメラ構成は、メイン1220万画素(F値1.7)/メモリー積層型イメージセンサーの標準レンズ、超広角カメラ1220万画素(F値2.4)、3倍望遠カメラ1220万画素(F値2.2)のトリプルレンズ。
カメラの仕様は、Xperia 1 IIとほぼ同じですがが、暗所でのオートフォーカス(AF)速度を向上する「3D iToFセンサー」は未搭載です。

標準レンズは1 / 1.7インチExmor RS™イメージセンサーを採用。Xperia 5 以前のモデルよりも50%ピクセルが大きいため、より多くの光を受けて画質が向上しています。

 

Xperia 5 IIには、Sonyが一眼レフカメラ「α」シリーズで培ったAF(オートフォーカス)機能、AE(自動露出制御)機能が搭載されています。標準・望遠・超広角、全てのレンズで、被写体の瞳を自動で検出し、正確にピントを合わせる「瞳AF」に対応しており、さまざまなシーンの人物を美しく描写します。
さらに「リアルタイム瞳AF」では、カメラキーを半押しすると、AIによって被写体の瞳を瞬時に検出してリアルタイムに追従します。

動く被写体に対し毎秒60回のAF/AE演算を行い、毎秒20コマの高速連写を実現しています。この技術により動きがある被写体に対して、シャッターチャンスを逃さずに撮影することができます。

 

メインカメラにはZEISSレンズを搭載し、撮影アプリ「Photography Pro」ではマニュアル露出や、撮影モードダイヤルによるシャッタースピード優先オート等の設定や、ホワイトバランス、ISO感度の変更を行うことができ、本格的な撮影にも対応可能です。

 

動画は、4K HDR 120fpsスローモーション動画記録に対応しています

 

内部スペック

SoCにはクアルコムのハイエンド向けチップセット「Snapdragon 865」を搭載しています。
QSD865は、旧世代モデルのSnapdragon 855と比べCPUで25%、GPUで25%の性能が向上しています。AnTuTuスコア(v8)は約 56万ポイント。iPhone 11 Pro Maxでのスコアは約53万を超える性能となっています。

(RAM / ROM )の構成は、8 GB + 128 GB、8 GB + 256 GBの2種類が用意されています

 

対応バンド

2枚のSIMカードスロットを搭載しており、両方を活かしたデュアルVoLTE/デュアル5G待ち受けも可能です。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。またプラチナバンドB19にも対応していますので、高い建物の影や地下、郊外での通信にも強いです。また3G帯のプラスエリアB6にも対応しているので、僻地や山間部で若干電波が掴みやすくなります。
5G帯に対しては、Sub6のn78のみに対応していますが、ミリ波非対応です。一応ドコモ端末で5Gバンド回線は使えます。

SoftBank(Y!モバイル):LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8の全てに対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。
5G帯に対しては、Sub6のn77に対応しています。

AU:主主バンドのB1、プラチナバンドB26(18を内包) に対応しています。通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには非対応です。
5G帯に対しては、Sub6のn77/n78対応しています。

【 対応バンド 】
3G HSDPA:
B1/B4/B5/B6/B8/B19
4G: FDD-LTE
B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B19
B20/B25/B26/B28/B29/B32/
TDD-LTE
B34/38/39/40/41/46/66
5G:
N1, N3, N28, N77, N78

 

Sony Xperia 5 II まとめ

Xperia 5 IIは、ソニーの一眼カメラ「α(アルファ)」で定評のある「瞳オートフォーカス(AF)」に対応するなど、ソニーらしい端末に仕上がっています。
さらにはリフレッシュレート120Hz駆動ディスプレイと、ゲームプレイのためにチューニングされた240Hzの残像低減技術により、ゲーミングスマートホンとしても魅力的な端末に仕上がっています。

カラーバリエーションは、ピンク、ブラック、ブルーの3色。Etorenでの価格は¥ 106,400となっています。

商品名 カラー 価格
Sony Xperia 5 II 5G XQ-AS72
8+256 GB/グローバルモデル
ピンク
¥ 106,400
Sony Xperia 5 II 5G XQ-AS72
8+256 GB/グローバルモデル
ブルー
¥ 106,400
Sony Xperia 5 II 5G XQ-AS72
8+256 GB/グローバルモデル
ブラック
¥ 106,400

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top