LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Androidスマートフォンを買ったら最初にやっておくべきオススメ初期設定まとめ【2021年最新版】

私はスマートフォンを購入するたび、使い易いようにチューニングして使っています。当然ですよね。
しかし、これをオフにするには・・・うーんどれだっけ?とイライラする事が多いです。

そこで備忘録として、設定しておくべき簡単な初期設定をまとめておきます。

今回はrealmeのAndroid 11のスマートホンを使って説明しますが、メーカーOSやアンドロイドバージョンによっても違います。
またWi-FiやSIMの設定、言語選択、生体認証、パスコード設定、アプリの引継ぎなどは、初回起動時に強制的に設定するので割愛します。

 

OTAアップデート

一番最初に行いたい設定は、ベースのOS(基盤のオペレーティング システム)のアップデートです。

大抵の場合、メーカーの独自OSがAndroidベースに入っているので、それのアップデートとなります。

設定アプリを開き「ソフトウェアアップデート」から行います。
最新であれば「最新バージョン」と表示されます。

また稀にAndroidOSのメジャーアップデートに対応しているスマートフォンもあります。例えば Android 11で販売している端末で、OSアップデート保障として、近日リリース予定の次世代Android 12に対応する事もあります。

 

自動回転の停止・明るさの自動調整

画面の自動回転をオンにしていると、端末が少し傾いただけで横画面になってしまいます。
自動回転を好んで使っている人以外は、最初に切っておくと良いでしょう。

画面上をスワイプしてツールウィンドウを表示。自動回転をオフ▼

ディスプレイの明るさのツールバーを調整して、隣の「A」をタップしておく事で明るさがオートで調整されます。
これがオンになっていると、太陽の下などでも画面が見えますので、私にとっては必須設定です。

 

タッチ操作音・タッチバイブOFF

Android端末はデフォルトだと、タッチする度にプルプル震えてタッチ音がするケースがほとんどです。これが煩わしいので、切っておきます。

設定アプリを開き「サウンドとバイブ」から「その他の音とバイブ」「タッチ操作音、タッチ操作バイブ」をオフに▼

私はスクリーンショットのサウンドや画面ロックの音、などもオフにしています。できるだけ不必要な音は出したくないですよね。

 

ステータスバーにバッテリー残量の数値表示

設定アプリを開き、「通知とステータスバー」から「ステータスバーにバッテリー残量(%)を表示」をタップ。

バッテリーアイコンの内側、もしくは外側にチェックします。

 

これで数値でバーにバッテリー残量が表示されるようになりました。例は外側に表示▼

 

指紋の追加

指紋認証を使っている方は、他の指も登録しておくと便利です。
私は左右の親指、人差し指を登録しており、どの状態からでも指紋認証でロック解除できるようにしています。

設定アプリを開き「ロック解除方法」から「指紋」>「指紋を追加」からそれぞれ登録する▼

 

アカウントの追加

DropboxやGoogleのサブアカウントなどを追加しておきます。

設定アプリを開き「ユーザーとアカウント」から「アカウントを追加」▼

アプリにDropboxを連携させる時など、認証するのが面倒なので、あらかじめ登録しておくと楽です。

 

Android 11これだけはやっておけ初期設定まとめ

毎年、ブログ内でもかなりの数のスマートホンをレビューするのですが、未だに大切な初期設定を忘れがちです。
特に画面タッチ音とタッチバイブには毎回イライラさせられます。

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top