スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

水中カメラとしても使える!防水・防塵・耐衝撃のタフネス中華スマホの選び方とお勧め4機種

梅雨が明けるといよいよ夏!水辺にスマートホンを持ち出す機会も増えてくる季節です。
最近では、百均の防水ケースに入れたスマホを首に掛けてプールや海の中に入っている人が目立ちます。しかし防水ケースは、ビーチサイドの砂や水滴からの保護が精一杯の防水性能です。しっかり閉めたつもりでも、少し水に浸けたり潜っただけで浸水してしまう危険性がとても高いです。

また最新のiPhoneなど防水の端末も増えていますが、防水スマートホンは真水での使用を想定しています。海に持ち込んでしまうと、充電端子やスピーカー部などの金属部が海水で腐食して故障してしまう可能性があます。そこで今回は、端子も完全に保護した防塵、防水、耐衝撃の本格的なタフネスAndroidデバイスを4機種ピックアップしてみます。

スポンサーリンク

タフネススマホを選ぶポイント

タフネススマートホンを選ぶ基準は、通常のスマホとは少し違います。購入時のチェックポイントを解説します。

対応バンド

タフネス端末は僻地で使う事が想定されますので、自分が利用しているキャリア(携帯)のプラチナバンド対応していないと郊外に行っただけで電波を見失ってしまいます。
しかしながら登山での用途がメインの場合、結局は山に入ってすぐに全ての端末がオフラインでの使用になりますので私は特に拘っていません。しかし嬉しい事に最近のアウトドア向け端末は、ドコモのプラチナバンドに対応している端末がほとんどです。

ドコモ:LTE(4G)のB1, B3に対応してれば街中での使用には支障がありませんが、プラチナバンドB19に対応している事で山間部や郊外でも電波を拾う事ができます。また3G帯 (WCDMA) のプラスエリアB6にも対応していると更に広い地域がカバーできます。

SoftBank:LTEバンドB1,B3,B8(プラチナバンド)と/ WCDMAのB1,,B8に対応していればベストです。

AU: 使用しているバンドが特殊なのでプラチナバンドのみならず、通常バンドでも対応している端末は限られます。

GPSについて

山中などでGPSロガーとして使う場合、位置情報機能に通常の GPS、AGPSに加えロシアの衛星システム「GLONASS」や中国の「北斗衛星導航系統 (BDS)」にも対応している端末がお勧めです。何千もの衛星が地球上のあらゆる場所をカバーする事になるので、山中や僻地でも安定した位置情報を掴む事ができます。
登山で使うアプリ「ジオグラフィカ」や「山と高原地図」などは、電波が圏外でもGPSを掴めれば地図上のナビが使えます。GPSロガーやナビアプリには、プラチナバンド対応よりGLONASS・BDS対応の方が重要かもしれません。

カメラ性能

最近のタフネススマホは、過酷な環境下で使える防水カメラとしての要素も兼ね備えた端末が増えてています。

「水中カメラ」としても使える端末はアウトドア好きな人間にとっては魅力的です▼

セルフィー側のカメラが高画質な端末も人気です▼

バッテリー

タフネススマホ系は 数日間のキャンプや登山などを想定ししているので、大容量バッテリーを搭載しているのがトレンドです。
その分端末重量が重くなりますが、3~5日間無充電で使えるという事をウリにしている端末が多いです。

お勧めタフネススマホ4選

最近発売された防水・防塵のスマートホンの中からお勧め端末を4機種ピックアップしてみます。

Vernee V2 Pro

SoCにMediatek製のHelio P23(MT6763)を採用しており、AnTuTuベンチマークスコア(v7.0)は約7.5万程度のミドルハイクラスの端末です。6,200mAhの大容量バッテリーを搭載しており 40時間のスタンバイ、4日間も無充電で使えるとしています。衛星測位システムが充実しており、従来のGPS, A-GPSに加え、中国の独自衛星測位システムの北斗衛星導航系統(BDS)、ロシアが運用しているGLONASSにも対応しています。
この端末のカメラは「アウトドアの自然を美しく撮影」する事をコンセプトにしており、フロントに 8.0MP + 5.0MP、リア: リアには21.0MP + 5.0MPのデュアルカメラを採用しています。
個人的にはグローブをしたまま認証できる、顔認証が便利そうだと思いました。しかしスキーやスノボーでは 顔にゴーグルをかけているので使えませんね。それでも顔にかざすだけで認証してくれるのFaceID認証はアウトドアでは役に立ちそうです。

【Vernee V2 Pro 仕様】

OS Android 8.1
SoC MT6763 (Helio P23)
Octa Core 2GHz
ディスプレイ 5.99インチ
2160 x 1080 Pixcels
RAM 6 GB
ROM 64 GB
カメラ フロント: 8.0MP + 5.0MP
リア: 21.0MP + 5.0MP
microSD
スロット
最大128 GB
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n
Bluetooth 4.2
バッテリー 6,200mAh
対応バンド 3G: WCDMA
B1 / 2 / 4 / 5 / 8
TD-SCDMA:
B34 / 39
4G: FDD-LTE:
B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19
TDD-LTE:
B34 / 38 / 39 / 40 / 41
CDMA: CDMA
BC0/BC1
インターフェイス USB Type-C
 サイズ 16.42 x 7.94 x 1.21 cm
 重量 259 g
その他 NFC / GPS, AGPS, GLONASS, BDS
価格 ¥30,000 前後

 

Ulefone Armor 2

SoCにMediatek製のHelio P25を採用しており、AnTuTuベンチマークスコア(v7.0)は約 6万強のミドルハイクラスの端末です。IP68の防水・防塵対応に加えドコモのプラチナバンドB19にも対応しておりアウトドア派にはたまらない端末に仕上がっています。
対応の衛星測位システムは、従来のGPS,とロシアが運用しているGLONASSのみで、 A-GPS、中国の独自衛星測位システムの北斗衛星導航系統(BDS)には未対応です。

 

OS Android 7.0
SoC MTK Helio P25
Octa-Core 2.6Ghz
RAM/ROM 6G / 64G
ディスプレイ 5.インチ
1920*1080 Pixel
カメラ リア:16MP
フロント:13MP
Bluetooth 4.1
バッテリー 4,700mAh
対応バンド 3G: WCDMA
B1/2/4/5/8
CDMA2000 BC0
TD-SCDMA
B34/39
4G: FDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/12/17
19/20
TDD-LTE
B38/39/40/41
サイズ 15.90 x 7.83 x 1.45 cm
重さ 265g
その他  GPS, Glonass
価格 2.7~3,3万円

 

リア16MP + フロント:13MPの高画質カメラを搭載しています▼

色はゴールドとブラックの2色▼

 

AGM X2 SE

AGMはタフネススマートホンに特化したアウトドア派に人気のブランドで、「AGM X2 SE」は昨年発売された『AGM X2』のライト版の位置づけとなっています。SoCにはSnapdragon 653 Octa Core 1.95GHzを採用し 6GB RAM/ 64GB ROM積んでいます。スナドラ653はAntutuスコア90,000くらいにはなりますので、ハイスペックモデルに片足を突っ込んだ程度までの性能が期待できます。
位置情報機能にはGPS、AGPSに加えロシアの衛星システム「GLONASS」、中国の「BDS」も対応し、包括的なナビゲーション衛星システムを備えています。

AGM X2 SE仕様

CPU  Snapdragon 653 octa-core 1.95GHz
GPU Adreno 510
OS Android 7.1
RAM 6GB
 ROM 64GB
画面サイズ  5.5 インチ
1920 x 1080 pixels FHD
 カメラ画質 リア:12MP+12MP
フロント:16MP
microSD
スロット
最大 128GB
SIMカード nanoSIM+nanoSIM
DSDS
Bluetooth  v4.1
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n/ac
 バッテリー 6,000mAh
 入出力端子 USB-C
 サイズ  16.80 x 8.34 x 1.40 cm
 重量 255g
ネットワーク CDMA:
CDMA 2000/1X BC0 
3G: WCDMA

B1/B2/B4/B5/B8
TD-SCDMA B34/B39
4G: FDD-LTE B1/B2/B3/B4/B5/B7/
B8/B12/B17/B19/B20
TDD-LTE B38/B39/B40/B41
GPS GPS, A-GPS, GLONASS, BDS
価格 約¥54,000

ディスプレイには AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)を採用▼

AGM X2 SEはIP68認定を取得し、米国では軍事規格の最高峰 MIL-STD-810Gを取得しています。
気温-30℃~60℃対応、水深1.5mの防水性能、99%の防塵性を備えた脅威のタフネススマホです。

 

UHANS K5000

SoCにMediaTek MTK6753を採用したスマートホンで、Antutuスコアは3万台後半のエントリーモデルです。SONY社製の5,000mAh大容量のバッテリーを搭載しており、連続3日間の使用が可能としています。また付属の充電器を使うことで5V / 2Aの急速充電が可能です。カメラはリア13MP, フロント5MP。Sony社製のセンサーを採用ししています。
残念ながらドコモプラチナバンドB19に未対応で、位衛星測位システムに関しては通常のGPSに加え, ロシアが運用している衛星測位システムGlonass, 中国の衛星測位システムBeidouの3つに対応しています。
K5000は、電波の届かない僻地でも使えるウォーキートーキー(Walkie-talkie)機能を搭載しており。トランシーバーのように通話が可能です。
昔のPHS携帯のように1対1に加え複数人でのトランシーバ無線会話が可能です。山奥の電波が届かない場所でも仲間同士会話ができる設計のようです。この機能の仕様は表記されていないので詳しくは分かりませんが、低コスト、簡単操作、グループコミニュケーション、ワイドレンジの使用が可能としています。

UHANS K5000仕様

CPU MTK6753 Octa Core 1.3GHz
GPU ARM Mali-T720 MP2
OS Android 7.0
RAM 3GB
 ROM 32GB
画面サイズ 5. 0インチ
1080*720 pixels
(IPS液晶)
 カメラ画質 リア:13MP
フロント:8MP
microSD
スロット
最大128GB
SIMカード nanoSIM+nanoSIM
DSDS
Bluetooth  v4.0
Wi-Fi Wi-Fi 802.11b/g/n
 バッテリー 5,000mAh
 入出力端子 MicroUSB
 サイズ 14.70 x 7.35 x 1.42 cm
 重量 212g
ネットワーク 3G: WCDMA
900/2100MHz
4G LTE: FDD
B1/B3/B7/B8/B20
その他 IP68 / GPS / AGPS
プロテクション対応
価格 約19,000
メーカーの動画を観て見ましたが、専用アプリがインストールされていました。かなりの距離をトランシーバー的に会話することができています。

タフネススマホまとめ

以前のアウトドアスマホは、防水・防塵性能ばかりに力を入れておりカメラや処理性能は酷いものでした。しかし最新モデルはデザインも洗練され、競い合うようにカメラ性能が上がっています。大容量バッテリーを積んでいますので重量が若干重めになりますが、普段使いでも十分使えるスペックです。
アウトドア専用端末としてSIMカードを挿し替えて使っても良いですが、一年中 釣りやキャンプ、登山に行っているような人は普段使いから持っていても良さそうです。

 販売サイトについて

海外通販サイトの割引クーポンが発行されている場合があります。下記ページからチェックしてみて下さい

【 Vernee V2 Pro】【GearBest】Vernee V2 Pro

【Ulefone Armor 2】【GearBest】Ulefone Armor 2
【Geekbuying】Ulefone Armor 2

【 AGM X2 SE】

GearBest販売ページ:AGM X2 SE(ブラック)

センサーが充実した上位モデル「AGM X2」は+1万円から購入できます▼

GearBest販売ページ:AGM X2 64GBモデル(ブラック)
GearBest販売ページ:AGM X2 128GBモデル(ブラック)

【 UHANS K5000】

GearBest販売ページ:UHANS K5000

GearBestでの買い物方法はコチラ▼

格安海外ガジェット通販サイト『GearBest』で安く安全に買い物する方法

当ブログでも良くご紹介している海外のガジェット通販大手の『GearBest』というサイトがありますが、日本語対応サポートや各種保障サービスが充実してきており、最近で…

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top