LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【レビュー】百均ダイソーで800円のMFi認証・充電・同期用ライトニングケーブルは使えるか検証

百均のDAISO(ダイソー)で、税抜き800円の「MFI認証・充電・同期用ライトニングケーブル」を買ってきました。iPad・iPhone用のLightning(ライトニング)ケーブルです。

ダイソーでは、Bluetoothイヤホンや画面保護ガラス、ヘッドホンなど、次々と実用的なスマートホン用のアクセサリーが登場していますね。
最近では 10,000mAhの本格的なモバイルバッテリーまで販売されています。いつものように巡回していて発見しました。MFi認証の文字につられて、つい買ってしまいました。

またいつもの百均クオリティなのか?本当に使えるクオリティなのか?興味がありますね。

MFI認証・充電・同期用ライトニングケーブル

  • アップル社公式認定品
  • ケーブルの長さ:1m (39.37インチ)
  • 5V/2.4A(12W)

ちなみにMFi認証の “MFi”とは「Made For iPhone/iPad/iPod」のこと、アップルの公式認定を受けている製品の証明になります。カラーバリエーションは、レッドとホワイトの2色展開のようです。今回は赤を買ってきました。

 

開封レビュー

取扱説明書などは一切入っていません。ケーブルのみポロンと入っていました。プラグ部が赤でケーブルは黒なんですね。

 

材質は、ナイロン、アルミ合金、スチール。製品名は「800円充電ケーブル」とあります。
型番なのかな「OTR-20-20, G235」
ダイソーの高額商品は、製造元が違う事が多いのですが、このケーブルは「DAISO(株)大創産業」MADE IN CHINAとなっていました。

 

レビュー

iPhone SE2に付属してきたライトニングケーブルと並べてみました。

コネクタ部のヘッドが大きくガッシリしています▼

最新のiPhone12シリーズでは、USB PD対応なので、USB Type-C➡ライトニングのケーブルが同胞されています。
このケーブルは、旧シリーズに付属してきたタイプ USB-A ➡ ライトニング形式となっています。

ケーブルの長さは純正品と比べて4~5センチくらい短い▼

 

ダイソーのライトニングケーブルと言えば、片面しか接触加工されていませんが、このケーブルはMFi認証製品なので、もちろん両面接触です▼

 

太くてしっかりしているので、φを計ってみると実測で約3.4ミリ▼

 

ちなみに純正ケーブルは 2.8ミリなので太さが分かると思います。

 

iPhone 12 miniに充電してみると、4.86V / 1.75A(8.5W)前後で充電できています▼

 

純正ケーブルは4.96V / 1.52A(7.53W)

ちなみにこのケーブルの仕様では、最大出力は 2.4Aとなっています。これだけの速度がでれば合格でしょう。純正品より速度もでていますしね。

 

まとめ

最新のiPhone 12シリーズは、20ワットのアダプターを使ってPD充電すると、約 1時間 40分くらいで満充電できます。また最近では、断線に強い高耐久ナイロンのケーブルが人気なので、従来タイプのケーブルは少し微妙な気もします。

しかしながら、太くて充電効率も悪くありませんし、緊急時にダイソーに駆け込めば 880円でMFi認証ケーブルが手に入るのは嬉しいですね。

最新iPhoneシリーズを持っている場合は、USB-CのPD充電対応の高耐久ケーブル使いたいですし、880円払うのであれば、あと少し出して AnkerやAmazonベーシックの安心できるケーブルを買いたい気持ちはあります。

 

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top