LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Xiaomiの日本専用モデル「Redmi Note 10 JE」スペックレビュー

 Xiaomiが8月2日、日本向けの新型5Gスマートフォン「Redmi Note 10 JE」を発表しました。

KDDIとシャオミが共同で設計したエントリー向け5G対応Android 端末。発売日はUQ mobile向けには9月上旬以降、auでは8月3日から予約を受け付けます。

au向けの価格は2万8765円(税込み)。auとUQ mobileのモデル、いずれもSIMロックなしで販売されます。

Redmi Note 10 JE

 

OS MIUI 12.5
Android 11ベース
SoC Qualcomm Snapdragon 480
ディスプレイ 6.5 インチ
2,400 x 1,080(機EL)
90Hzリフレッシュレート
RAM 4 GB
ROM 64 GB 
外部ストレージ microSDXC
最大 1 TB
リアカメラ 4,800万画素(F/1.79):メイン
200万画素(F/2.2):マクロ
200万画素(F/2.4):深度撮影用
フロントカメラ 約 800万画素(F/2.0)
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋
イヤホンジャック  なし
防水・防塵 IPX8 IP6X
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac 
Bluetooth 5.1
バッテリー 4,800 mAh
GPS Beidou, GLONASS,  GALILEO
対応バンド 2G GSM:
850 900 1800 1900 MHz
3G WCDMA:
B1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD:
B1/3/4/5/7/12/13/17/18/20/26/28
LTE TDD:
38/41/42
5G NSA:
n28/n77/n78
インターフェイス USB-C
 サイズ 高さ:163 mm
幅:76 mm
厚さ:9 mm
 重量  200 g

筐体レビュー

ディスプレイはパンチホール型のノッチを採用しています。
画面サイズは、6.5インチ、解像度2,400×1,080のFHD+スクリーン。リフレッシュレートは50Hz、60Hz、90Hzの3段階で自動調節されます。

 

低価格の「Redmi」ブランドとして初となるIPX8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様を備えています。またFeliCaに対応するなど、日本ユーザーには嬉しい仕様になっています。

 

 

3.5mmイヤホンジャックは端末上部に配置▼

 

指紋認証は、端末側面の電源ボタンにセンサーを配置しています▼

 

バッテリー容量は 4,800 mAh。USB-Cを使った有線充電は 18Wの急速充電に対応しています。Qi(チー)ワイヤレス充電、及び逆充電には非対応です。

 

プロセッサー/メモリー

プロセッサーには、Qualcommのエントリーモデル向けSoCの Snapdragon 480を搭載。8コアのチップで、8nmプロセス技術を用いて製造されています。2 GHzのKryo 460 Goldコア2つと1.8 GHzのKryo 460 Silverコア6つを搭載しています。
ベンチマークは、Antutu総合スコア(v8)で約 28万。3D処理がグリグリのゲームで遊ぶには物足りないですが、普段使いや軽いゲームで遊ぶには必要十分な処理性能を備えています。
RAMは4GB、内部ストレージ容量は64 GB。1 TBまでの外部ストレージ(microSDXC)に対応しています。

 

カメラ

 約4,800万画素の広角カメラ、約200万画素のマクロカメラ、約200万画素の深度センサーのトリプルカメラ構成。
フロントのセルフィカメラは 約800万画素のカメラを採用しています。
メインカメラは、AIシーン認識機能を実装しており、27種類のシーンの中から最適なものを自動的に選んで撮影します。

低照度下の撮影に強いAIスーパーナイトモード」も強力です▼

動画録画は、インカメラ・アウト共に1080P/30 fpsまで対応しています。

 

対応バンド

SIM1 , 2の両スロットが4G対応なので、デュアルVoLTE待ち受けが可能です(DSDV)。またデュアル5Gにも対応しています。
Wi-Fiは、ax (Sub-6)には対応していません。

ずばりKDDI専用機なので、ドコモとSoftbankのプラチナバンドは綺麗にスルーしており非対応です。ただし、楽天モバイルではauをパートナーエリアとしていますので、全バンドに対応しています。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。またプラチナバンドB19には非対応なので、建物内や高い建物の影や地下、郊外での通信で若干弱くなります。また3G帯のプラスエリアB6には非対応なので、僻地や山間部での電波は掴み難くなります。5G帯に対しては、Sub6のn77、n78のうちn78のみに対応しています。ミリ波は非対応です。

SoftBank:LTEバンド1,3 / WCDMAバンド1,8にも対応していますが、プラチナバンドLTEのB8非対応です。
5G帯に対しては、Sub6のn77、ミリ波ともに非対応です。

AU:LTEバンドB1とプラチナバンドB26(18を内包)に対応しており、 VoLTE SIMが利用可能となっています。また通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応です。5G帯に対しては、Sub6のn77/n78対応しています。ミリ波は非対応です。

楽天モバイル:主要バンドLTEのB3、パートナー回線のプラチナバンドB18ともに対応しています。5G帯に対しては、Sub6のn77、ミリ波ともに非対応です。

 

【 対応バンド 】
 2G GSM:
850 900 1800 1900 MHz
3G WCDMA:
B1/2/4/5/6/8/19
LTE FDD:
B1/3/4/5/7/12/13/17/18/20/26/28
LTE TDD:
38/41/42
5G NSA:
n28/n77/n78

 

Redmi Note 10 JEまとめ、価格

SIMロックは掛かっていませんが、実質バンドロックが掛かっている状態ですね。

IPX8/IP6X等級の防水・防塵仕様と、FeliCaポートを搭載。それに加えて、ゲームを遊ばない人にもオーバースペックとならない程度の処理性能、こういう端末でいいんですよね。

 

【UQモバイル】

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top