スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

中華振り子でドラクエウォーク/ポケモンGOなど、オートで歩数稼ぎ!使い方【レビュー】

2019年 9月12日、スクウェア・エニックスから『ドラゴンクエストウォーク(以下:DQウォーク)』のサービスが開始されました。このゲームは「ドラクエGO」とも呼ばれているように、ポケモンGOのように実際のフィールドを移動しながらプレイする位置情報RPGです。

また最近は、歩くだけでポイントや景品、Amazonギフト券などがゲットできる「ウォーキングアプリ」も次々とリリースされています。
そんな中「中華振り子(中華スイング)」と呼ばれる自動で歩数を稼いでくれるチート・ガジェットが人気です。これはスマートホンをセットして揺らしておくだけで、加速度センサーにより歩数がカウントされるという物で、寝ている間にジャンジャン歩数がカウントされるという優れものです。

これが使えるのであれば、ポケモンGOのタマゴは割り放題!ドラクエウォークの「DQウォークマイレージ」も貯まりまくりでしょう。人気の歩数カウンターアプリの「Walkr – ポケットの中の銀河冒険(ウォーカー)」なんかも捗りそうです。

中華ふり子は本当に使えるのか?少し興味がありましたので購入してみました。

中華振り子

開封レビュー

「包子君」ほうしくん?と書かれた箱に入って届きました▼

中には組み立て式のパーツがぎっしり!プラスチックの質は悪くて、無理してハメるとスグ割れそう▼

組み立て

取説すらありませんでしたが、組み立ては簡単であっという間に完成しました。今回購入したのは「バットマン型」とありました。背もたれが何となくバットマンの形になってます。それだけ。

裏側には重りを付ける位置で振り幅を調整できるようになっています▼

電力は単三電池とUSB-Aの二通りが使えます。
単三は4本使用▼

USBを使って給電してみます▼

スマートホンを付けてゴムで止めて準備完了。iPhone7を入れてみるとホームボタンの位置がピッタリ▼電源スイッチすらないので、ケーブルの抜き差しでON/OFFを切り替えるしかないようです。電池は抜くのが面倒だな。

動かしてみるとユラユラと揺れて、キュキュっという音がします
縦揺れと横揺れタイプがありあますが、これは縦揺れだと思います▼

ポケモンGO/DQウォークで実測

iPhone7と8、Android端末で実験してみました。1時間で3.8kmから5km稼ぐ事ができました(マックス 7km)

1時間4.5キロ↓( 画像の時刻は1時間以上経過していますが、揺らしたのは1時間丁度です)

記事掲載時はタマゴの距離が半分のキャンペーン中でしたので、すぐにタマゴ切れになりました。

歩数では5800歩~7600歩カウントされています。ドラクエウォークの「DQウォークマイレージ」の歩数ポイントは時給+240~300程度。

iPhoneの「ヘルスケア」のアクティビティの「ウォーキング+ランニングの距離」でも、しっかりとカウントされてます▼

 

Android端末でもGoogle Fitで25分に2511歩カウントできました▼

iPhoneの場合、「端末を手前に傾けてスリープ解除」をオンにしておくと、揺れる度に画面が付いたり消えたりするのでオフにしておきます▼

中華振り子で歩数がカウントされない時の対処方法

iPhone端末は2機種・Android端末3機種で試してみましたところ、機種により上手く動作しない事がありました。対処方法を解説します。

ポケモンGO

ポケモンGOでは起動時はアプリのGPSで距離が計測されるので、アプリが起動していない時に中華振り子でカウントが可能となります。
「いつでも冒険モード」に設定して、アプリを閉じておく必要があります。場合によっては、GPSをオフにしておくと稼働する事もあるようです。

設定方法は、設定を開き「いつでも冒険モード」にチェックを入れます▼※設定に「いつでも冒険モード」が無い!という方は、「いつでも冒険モード」が使えるレベル(5)まで上げると設定が可能になります。

ドラクエウォーク

DQウォークはWalkモードで起動しておくと歩数がカウントされません。こちらもポケモンGO同様に、起動時はアプリのGPSで距離が計測されるので、アプリが起動していない時に中華振り子でカウントが可能となります。
「いつでも歩数カウント」を有効にして、アプリを閉じておく必要があります。このアプリもGPSをオフにしておくと、より歩数が稼げる場合もあるかもしれません。

設定方法は、設定を開き「いつでも歩数カウント」を「ON」にします▼

DQウオークマイレージの歩数は期間でリミットがあります。期間分終了と表示されると、歩数ポイントはカウントされなくなります。
※期間分終了となると中華振り子を使っても歩数でのポイントは貰えませんでした。
逆を言えば、期間限定のDQウオークマイレージを達成した後は、歩かずに自転車で動いて問題ないという事になりますね。

Google Fit設定

Androidの場合、Google Fit起動してウォーキングの歩行キロ数が増えていればOK。カウントされていないようなら設定し直します。
私はカウントされない端末に「Google Fitアプリ」が入っていなかったので、インストールする事で歩数が加算されるようになりました。逆にXiaomi の端末は「Google Fit」をアンインストールする事で動くようになりました(Huaweiの一部機種などもGoogle Fitを消した方が良いようです)

Google Fit: 運動を記録して健康的な生活を
開発:Google LLC
評価:
無料

サイクリングと表示される場合

歩数がカウントされない時には、Google Fitアプリでマイアクティビティをチェックしてみます。
サイクリングと表示されていると、歩数はカウントされません▼この時、ウォーキングに変更する事で正しく表示されるようになる事がありますが、何度直してもダメな端末もあります。

そんな機種は、毎回Google Fitの「エクササイズ」で計測してないと振り子の距離は反映されませんでした。

エクササイズ計測の方法は、Google Fitを起動し右下の「+」から「エクササイズを管理」を開き、「ウォーキングを開始」をタップ▼
通知バーに「ウォーキングを現在記録中」と表示され続けていればカウントされます▼

Android端末は、Galaxy S8 / Xperia Z3 / Xiaomi Mi A3で試しました。Mi A3はFitのエクササイズ開始を実行しないとカウントされませんでした。
追記:その後、Mi A3はGoogle Fitアプリを消す事で揺らすだけでカウントされるようになりました。

カウントが少ない時の対処方法

中華振り子は、端末が軽く重心が上にあるほど振り幅が大きく軽快なスピードで揺れます。重量のあるスマートホンはケースを外し、補助の重りも付けない方がより振れます。

重い端末は遅い▼

端末を逆さまにセットした方が歩数が稼げるスマホもあります▼

デメリットとしては、Google Fitやヘルスケアのデータは滅茶苦茶で、自分の運動記録が分からなくなりそうです。

垢BANについて

ポケモンGOでは、24時間で70~80km歩くと制限が掛かって一時的に歩数がカウントされなくなる事があるようです。相棒飴だけが増えないというBANも報告されています。どちらのBANも、しばらくすれば復活します。
ドラクエウォークは、まだサービスが開始されたばかりなので、中華振り子での歩数稼ぎに対しての罰則やBANは不明です。ちなみに位置偽装はBANされる事があるようです。

ただしウォーキングでポイントや景品をゲットできるアプリに関しては、アプリの性質上、あまり使わない方が良いと思います。

人気のゲームアプリ「ポケモンGO」では、スマホを実際に持ち歩く事でタマゴを孵化させたりアメをゲットする事ができます。そのように最近では、フィールドを歩いてゲー...

まとめ・雑感

中華振り子は、今後Google Fitやヘルスケアの仕様変更により使えなくなる可能性があります。
Amazonのレビューを読んでいると「使えない」などの否定的な書き込みが多数あるので、あまり期待していませんでした。
しかしながら私がテストした端末では全て正常に使えました。恐らく否定的なレビューを書きこんでいる方の多くは、中高年の方で正しい使い方をしていないのだと思います。

中華振り子があれば、ポケモンGOはタマゴの自動孵化+アメ稼ぎ装置を手に入れたようなものですね。ドラクエウォークは、歩いてオート戦闘でのレベル上げはできませんが、週7万歩の「DQウォークマイレージ」の歩数ポイントは楽々ゲットできます。
しかし私は以前「安価な中華スマートホンのGPSが狂って歩き回る」というバグを利用して、ポケGOの歩数を稼いだ経験があります。
その時、何故か虚しさだけが残りましたので、中華振り子は緊急時のみ使う予定です。

追記:ちなみにAndroid端末は、XiaomiのアクティビティトラッカーMi Band 2 or 3を揺らしても歩数を稼げるようです( 横揺れタイプの中華振り子が良いとの事)

追記2:更にスマートウォッチを中華振り子で揺らして歩数稼ぎできるか検証してみました

前回、スマートホンを揺らして歩数をカウントする「中華振り子(スイング)」についてのレビュー記事を公開しました。その後、スマートウォッチを他人に持たせて、後か...

この中華振り子の欠点は台座がプラスチックで摩耗するという問題があります。プチ改造していました▼

先日ご紹介した「中華振り子」を少し使ってみましたが、「ドラゴンクエストウォーク」や「ポケモンGO」の歩数稼ぎには、中華振り子がとても役に立ちます。しかしながら...

 

2019年 新型 回転スイング バランスボール スピード調節 回転バランスボール
振り子 歩数自動変更 歩数稼ぐ 耐磁携帯電話を保護 パーペチュアルモーション USB給電 Pokemon GOやwalkr、Google Fit バットマン型 (バットマン型)

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top