LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【実機レビュー】ASUSTek TUF-AX3000(A)!ゲームの安定プレイ+最大64台接続のゲーミング・ルーター

ASUSTekのゲーミングルーター「TUF-AX3000(A)」を購入しました。

TUF-AX3000(A)は、同社のTUF Gaming(タフ・ゲーミング) シリーズのゲーミングルータとしてはエントリークラスのモデルです。
Wifi6規格対応に加えてメッシュWi-Fiにも対応しており、最大64台のデバイスの同時接続が可能となってます。テレワークで多くのデバイスを一度に使っても、安定して接続できるのが魅力のルーターです。

特にゲーム機やPCでのゲームプレイ時は、「ゲーム優先モード」でデバイスをブーストする事で、ゲームに利用されているパケットを優先化させることが可能です。

今回は 接続デバイスが増えた事による買い替えですが、加えてゲームの安定プレイ、できればWifiの到達範囲の拡大とスピードアップが目的です。

数日間使ってみてのレポートと、製品のレビューをエントリーしてみます。

 

ASUSTek TUF-AX3000(A)スペック

データ帯域 802.11a:最大54Mbps
802.11b:最大11Mbps
802.11g:最大54Mbps
802.11n:最大300Mbps
802.11ac (1024QAM):最大1733Mbps
802.11ax (2.4GHz):最大574Mbps
802.11ax (5GHz):最大2402Mbps
間取り目安 戸建 3階建て/ マンション 4LDK
PS4、ニンテンドーSwitch対応 対応
ゲームモード Game Boost/acceleration:対応
メッシュ機能 対応
スマートコネクト あり
最大接続台数 64 台
簡易NAS機能
(Samba共有)
対応
ポート数 有線LANポート x 5
・WAN側(RJ-45)×1、
・LAN側(RJ-45)x 4
USB 3.1 x 1
アンテナ 外付けアンテナ×4
2.4GHz帯2×2
5GHz-1帯2×2
アンテナ仕様 MU-MIMO技術対応
2.4 GHz (2 x 2)
5 GHz (2 x 2)
CPU Broadcom 6750(1.5GHz、トリプルコア)
メインメモリ 512 MBメインメモリ
256 MBフラッシュメモリ
セキュリティ機能 WPA3-Personal, WPA2-Personal
WPA-Personal, WPA2-Enterprise
WPA-Enterprise
サイズ 65 ×189×177 mm
(幅×高さ×奥行)
重さ 675 g

 

開封レビュー

 

【セット内容】
 TUF-AX3000本体
 ACアダプター
 LANケーブル(Cat 5e/1.5m)X 2本
 取扱説明書
 ワイヤレスアダプターのインストールガイド

 

 

筐体レビュー

ルータ本体は、横置き型でアンテナ 4本タイプ。デザインと黄色を基調としたアンテナが “The ゲーミング” という感じ▼

 

黄色いLANポートの一番右側がゲーミング用ポート

インターフェイスは、WAN側(RJ-45)×1、, LAN側(RJ-45)×4、USB 3.1 Gen 1 x 1。
リセットスイッチとWPSボタン、電源ボタンが背面に配置されています。今までASUS製のルーターを使って来ましたが、USBポートは2つありました。1つしかないのは初めてです。結局は1つしか使わないですけどね。

 

前面はランボルギーニのフロントグリルのようなデザイン。ゲーミング機器らしいですね。

 

裏面は冷却のためメッシュ状になっており、壁掛け用の穴が開いています▼

 

LEDは白色8灯で状態を確認できます▼

 

Sambaサーバ機能が付いていますので、USBポートに外付けハードディスクなどを差し込むだけで、簡易的なLAN内ネットワークドライブとして利用する事が可能です。

 

設定・機能

設定は、ブラウザを使ってASUSルータお馴染みの画面から行います。項目や構成はASUS製の設定画面とほぼ同じですが、デザインやカラーリングがTUF GAMING仕様となっています。

※ 初期設定は、詳細設定を使わずともウィザード画面からもできるので、ASUSルータ初心者や機器に詳しくない方でも簡単です

Wifiに接続後は、スマホアプリを使っても設定が可能です▼

 

AiProtection機能

ASUS製ルータの魅力の一つに「AiProtection」機能があります。AiProtectionでは、トレンドマイクロの技術を採用しており、マルウェアやウィルス、不正アクセスをブロックし、安全なネットワーク運用が可能となります。

またペアレンタルコントロール機能が付いているので、子供のWIFI端末などのアクセス制限が可能です。

私がASUS製のルーターを使っている最大の理由がAiProtection機能です。スマートフォンのペアレンタルコントロールは発達していますが、Wifi環境下のデバイスは無防備になってしまいます。パソコンやタブレットなど、Wifi環境下で使うデバイスのペアレンタルコントロール&セキュリティ保護のために我が家では必須。変なサイトにアクセスして、ネットワークが汚染されたら目もあてられませんよね。

 

ネットワーク保護

ここではウィルスや、セキュリティ状態をスキャンする事で、現在の危険な設定項目をチェックする事ができます。
悪質危険サイトへのアクセスブロックや、脆弱性をついたランサムウェアからの保護など、是非オンにしておきたい有用な機能です(デフォルトではオフです)

 

ペアレンタルコントロール

ルータのペアレンタルコントロール機能を使う事で、子供のパソコンやタブレット端末などを、危険サイトやアダルトサイトへのアクセス、該当アプリの通信を制限する事ができます。

メニューの「AiProtection」から「ペアレンタルコントロール」を選択。「クライアント名」のプルダウンを開くと、Wifiに接続した機器が一覧で表示されます。「Show offline client list」をクリックすると、現在はログインしていない端末も表示可能です。

ここから制限したい端末を選択し、「コンテンツのカテゴリー」よりブロックする項目をチェックを入れ「+」をクリックして登録します▼

成人向けコンテンツやストリーミング(Youtube動画など)、メッセージツール、多岐にわたって制限できます。

 

ペアレンタルコントロールの「時間制限」機能を使うと、子供がインターネットに接続できる時間の制限も可能です。

使用を許可する時間を塗りつぶす事で、指定した端末は、スケジュール以外の時間にネットにアクセスする事ができません。

 

スマートコネクト機能

TUF-AX3000にはスマートコネクト機能が搭載されています。
スマートコネクト機能とは、デバイスのスピード性能、混雑状況に応じて2.4GHz 、5GHzの帯域を自動的に割り当てる機能です。
この機能を有効にすると、SSIDが1つにまとめられシンプルに管理する事ができます。

しかしながら、私の環境では規格が古いデバイスでSSIDが表示されない不具合や、接続が安定しないデバイスもありましたので、残念ながら使っていません。

 

ゲーミング機能

ゲーミングルーターなので、ゲームを快適にプレイするための機能が満載です。

ゲームブーストの「ゲーム優先モード」では、プリセットされた QoS によってゲーミングパケットを優先化させることができます。またオープンNATによりチャットや、マルチプレイヤー ゲームに参加して、ホストになることもできます。

「かんたんポートフォワーディング設定」が用意されているので、面倒なポート開放などのセッティングが ゲームタイトルを選択するだけで出来てしまいます

 

回線の接続範囲・スピードについて

ISPとの接続はIPv6を有効にして、カテゴリー5eのLANケーブルで接続しました。使用する建物は、鉄筋3階建ての一戸建てです。ルーターは1階に置いて、地下のガレージから屋上まで色々と測定してみました。

直前まで使っていた同社の下位モデル「RT-AX56U」と接続範囲やスピードを比較してみます。

アンテナが 2本 ➡ 4本 に増えましたし、ゲーミングルーターという事で大きな性能アップを期待しました。
しかしながら、電波の届く範囲は少し広がったかな?という程度でした。スピードに関しては、5GHzのWifi 6で接続したデバイス限定で目に見えてアップしました。

 

今まで3階の奥の部屋は電波が届かない事が多く、つながっても 1MB/sにも届きませんでしたが、2~4MB/sまで出るようになりました

訂正:左側の数値が速度だったようです。7.87 Mbps→17.3 ~28 Mbps出るようになっていました▼

5GHz帯は遮蔽物に弱く遠くまで届かないので、3階部分は2.4GHz

 

Wi⁻Fi6(11ax)のメリットについて
 Wi-Fi 6(11ax)の最大の魅力は 通信速度の速さ。理論上の最大通信速度は、「Wi-Fi 5(11ac)」と比べて約1.5倍も高速です。

今後、4K, 8K対応の動画配信サービスも予想されますし、ゲームではコンマ何秒を争うFPSのプレイなどで有利にプレイできます。

またWi-Fi 6(11ax)は「直交周波数分割多元接続(OFDMA)」という技術によって、多くのデバイスが同時にWi-Fiに接続されている状態でも、通信の順番待ちが発生しないため、快適にWi-Fi接続を維持する事ができます。

さらには、スマートフォンなど子機側のバッテリー消費を抑える「TWT(ターゲットウェイクタイム)」という技術が採用されているので、バッテリーを長持ちさせることができます(TWT対応スマートフォンが必要)

 

 

ゲームブーストモードが秀逸

買い替えた事による恩恵があまり無かったと書きましたが、2階に置いたテレビとゲームモニター付近は目に見えて電波が安定しました。

PS4をゲームブーストモードで優先に設定すると、25MB/sが精一杯だったスピードが 最大60 MB/sまで速度が向上しました。今まではゲームの大型アップデートは、数時間単位でダウンロードしていましたが、速度がでるのでストレスなくゲームを開始できます。

PS4( Limited)は、5Ghzで接続しゲームブーストモードのマークがついています

ゲームのプレイに関しても、明らかに安定しました。例えば Apex Legendsを数時間プレイすると、1, 2回は回線が切れていましたが、ルーターを変えてからは1度も切れずに遊べました。

 

最大接続台数が魅力

家族が一度に大量の機器をWifiに接続するため、ルーターの許容台数をオーバーしてしまい接続が途切れる・不安定などの現象に悩まされた挙句、上位モデルへの乗り換えるというケースが多いようです。

私が使っていた RT-AX56Uは、最大48台まで接続可能なので、最近までは接続デバイスの数で不安定にならずに、機嫌よく働いてくれていました。

しかしそれでも日々Wifi使用機器が増え続けるので、接続が怪しい事が増えていました。リセットするまでもなく、時間が経てば回復するのですが、そろそろ限界なのかもしれないと上位モデルに買い替えました。

もちろん48台も同時に接続する事はありませんが、何人も別部屋で同時に動画を視聴する事もあるので、帯域的にも厳しくなったように感じます。
またWifi 6で接続している機器が少ないので、表記どおりの接続台数を抱えきれないのだと思います。

家にはWifiで接続しているデスクトップパソコンが 1台と、家族がそれぞれスマホとノートPCを1・2台持っており、タブレット、iPad、Kindle、ゲーム機 x 3、プリンター、Chromecast、Fire TV、スマートスピーカー 4台、TVBoX、スマートコンセント、ペットカメラ、IoT家電… ふぅ。Wifiを使うレギュラー機器だけで約 25台近くになりました。
たまに接続する大型タブレットやノートPC、アクションカム、ミラーレス一眼、ハードディスクレコーダー、などを加えると数えきれません。またゲストネットワークで接続する身内も 10人近く居て、それぞれがスマホやiPadを持ち込んできます。

 

TUF-AX3000 (A)はまだ数日しか使っていませんが、大量のデバイスをモリモリ接続しても電波は安定しています。

メッシュネットワーク

実はTUF-AX3000 (A)に買い替えても、Wifiの届く範囲があまり広がらない事は織り込み済みでした。ゲーミングルーターなので、電波を遠くまで飛ばすというよりは、安定した電波と速度の向上が目的のモデルです。

手持ちのRT-AX56Uと組み合わせて、メッシュネットワークを構築する予定で購入しました。

TUF-AX3000 (A)は、ASUS独自のWi-Fiシステム機能「AiMesh」を使えば、複数のルータを使ってメッシュネットワークを構築する事も可能です。メッシュネットワークは、Wifi中継器を使うより強固で、安定した接続が得られるのが魅力です。

メッシュネットワークの標準規格「Wi-Fi EasyMesh」には対応していません。Buffaloが WiFi 6ルーター全モデルに対応しましたので、ASUSもファームで対応するかもしれませんね。

 

TUF-AX3000 (A)・価格・販売まとめ

TUF-AX3000 (A)には、(A)が無いモデルが存在します。Amazonでも(旧モデル)として少し安く販売されています。何が違うのか色々と調べたのですが、良く分かりませんでした。
ほぼ同じ製品だと思いますが、ソフト面ならファームで更新できますので、何かハード面の不具合を改良したモデルかもしれません。

またビームフォーミング機能が付いていませんでしたが、もう古い規格なのですかね?

TUF-AX3000 (A)は、通常のルーターと比べてゲームの安定感は素晴らしいので、ストレスなくプレイできます。
ゲーミングルーターですが、多台数の接続に耐えられますし、低価格なのでゲームをプレイしない場所でもお勧めです。

TUF-AX3000 (A)の価格は、1万 9,900円。Amazonなどでの実売価格は1万 5,000円前後です。
ゲーミングルーターとしては、最安値クラスだと思います。

 

ASUSTek TUF-AX3000 (A)
WiFi6 2402+574Mbps デュアルバンドゲーミング
 
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top