LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【実機レビュー】ニンテンドーSWITCHやマルチディスプレイに便利!15.6インチFHDのモバイルモニターLepow Z1(新型タイプ)

15.6インチFHDサイズのモバイルモニター「Lepow Z1(2020版新型高画質モデル)」のレビューをしてみます。

モバイルモニターとは、持ち運び可能なモニターで「パーソナルモニター」とも呼ばれています。在宅ワークやオンライン授業などで、在宅率が高い巣籠もり需要では、特に注目されているデバイスの1つですね。

色々と窮屈なラップトップパソコンでの作業も、サブモニターとして増設できるので仕事が捗ります。

またニンテンドーSWITCHを大画面でプレイしたり、PS4を軽く机の上で遊ぶ時などのゲームモニターとしても便利です。

フラッシュ・レビュー

お勧めポイント
 メタルチックで高級感のあるデザイン
 Nintendo SWITCHが専用アダプタ無しで使える
 ノングレア加工で光の映り込みが少ない
 発色が鮮やか
 視野角が広い
 2系統のポート入力に対応
 モバイルバッテリーで使える低電力仕様

 

残念な点
 スピーカー出力が弱い
 右側のUSB-Cポートが給電のみに対応

 

Lepow Z1スペック

今回はメーカーの方から、サンプルを提供を頂いてのレビューとなります

モデル番号 Z1
画面サイズ 15.6 インチ
解像度 1920×1080 FHD
パネルタイプ IPS
画面比率 16:9
リフレッシュレート 60 Hz
表示色 167,000色
色温度 6800k
視野角 約 175°
ダイナミックコントラスト比 1000:1
輝度 300cd/m2
電源 5V /2A (USB PD対応)
内蔵スピーカー 1 W x 2
インターフェイス USB-C x 2
Mini HDMI x1
3.5インチステレオジャック x1
PSE認証 登録番号:J60950-1(H29)
重さ 730 g
製品サイズ 36.8 x 22.5 x 0.9 cm

※ 手元にある端末は、sRGBカバー率(色域)がアップした2020年型ニューモデル(高画質モデル)です

 

開封レビュー

【セット内容】

  • Z1モニター本体 x1
  • スタンド兼カバー x1
  • Mini HDMI to HDMIケーブル
  • USB-C to USB-C ケーブル(USB3.1 Gen2 規格対応)
  • 給電用USB-A to USB-C
  • 保護フィルム x1
  • フィルム貼りセット
  • 取扱説明書など紙類

※現在 グリーンのカードは付属していません

取扱説明書は、全て日本語で書かれています▼

 

フイルム貼りのセット内容は、クロス、脱脂アルコールクロス、埃除去用シール が入っています▼

付属していたクロスで拭いたら小さいゴミが付いて、後から取り除くのが大変でした。クロスは他に用意した方がいいかもしれません。

 

筐体レビュー

カバーはモニタースタンドとしても機能します▼

 

モニターサイズは 15.6インチ、アスペクト比16:9、画面はノングレア加工(艶消し)なので、光の映り込みが少なく、目が疲れ難いです。

500mlのペットボトルと並べたサイズ感▼

 

 

付属の保護フィルムは、グレア加工(光沢)でした。せっかくのノングレア画面が台無しなので、気泡を追い出す前に剥がしてしまいました▼

 

ケース(カバー)は、iPad風のギミックとデザインで、マグネットでモニターに貼りつきます▼

 

モニター背面はメタル製です▼

 

重さは実測で約731グラム。旧モデルより40グラム軽量化されています▼

 

フレーム(ベゼル)はメタル製で、内側はダイアモンドカットされています▼

 

モニター右側面には給電用のUSB Type-Cポートと電源ボタン、ロールキー(操作つまみ)を配置▼

このモバイルモニターは、バッテリーを内蔵していないので給電が必要です。こちら側のUSB-Cポートからの電源は、パススルーに対応しています。

左側面は、MiniHDMIポートとUSB-Cポート、3.5mmステレオジャック▼コチラ側のUSB-Cポートは、デバイスからの映像出力とUSB給電が可能です。

 

また両サイドには、出力1Wのスピーカーが配置されています▼

 

付属のUSBアダプターは、5V/2Aと一般的な出力のものでした▼

 

ディスプレイ発色・視野角

画面は15.6 インチ、解像度 1920×1080 フルHD。画質は鮮やかで、ノングレア加工の画面は光の映り込みも少なくて目に優しいです▼

 

178°までの視野角がありますので、真横近くからでも画面が確認できるレベルです▼

 

画像出力

画面のOSD調整メニュー

モニター右についている調整ツマミを押すと、設定メニューが表示されます。

【設定可能項目】

  • 明るさ
  • コントラスト
  • ブラックレベル
  • シャープネス
  • 省エネモード
  • DCR
  • 画面比率
  • 色設定(赤緑青)
  • 言語
  • OSD(時間/透明度)
  • リセット
  • ミュート/音量
  • 入力切替
  • ブルーライトカット
  • HDRモード

 

画面出力レビュー

出力はモニター左側に配置されている、USB-CとMiniHDMIの2系統。付属しているのはUSB-C➡USB-Cと、HDMIケーブルは MiniHDMI➡HDMIケーブル。

USB-Cでの映像出力可能なノートPCやデバイスは、モバイルモニターへの給電+映像出力がUSB-Cケーブル一本で可能です。
DisplayPort Alt Mode(DP Alt Mode)に対応のスマートホンの画面も出力可能です。

ノートパソコンでHDMI出力する場合は、フルサイズのHDMIポートに対応していない事が多いので、MiniHDMI➡MiniHDMIケーブルを用意するか、変換アダプタを用意する必要があります。

HDMIメスMiniHDMIオス変換アダプタで変換▼

 

ノートパソコンのマルチモニター用のサブモニターとして丁度良いサイズです▼

 

低電力で駆動するので、モバイルバッテリーでも動きました▼

※内蔵スピーカーを使用して音量を80以上にする場合、5V/2A以上の出力の電源(USBアダプター)が必要です

 

Amazon Fire TV StickやChromecast

Fire TV StickやChromecast、Apple TVなどのセットトップボックス(STB)でも使えます。

HDMI出力できるデバイスなら、ほぼ何でも映せますので、DVDやブルーレイプレイヤーも楽しめます。

 

PS4 / ニンテンドーSWITCH対応

テレビを占領されがちなゲーム機でも、モバイルモニターが活躍します。
ニンテンドーSWITCHを、大画面に映し出してプレイできます。

SWITCHは、純正ドック(Nintendo Switchドックセット)なしでもUSB-Cだけで接続が可能です。フォートナイトをプレイしてみましたが、直接接続でも遅延による不利はあまり感じませんでした。

ドックを買う必要が無いのがいいですね。持っていれば、もちろんドックでも使えます▼

 

プレイステーション4も問題なく遊べます▼PS4では文字の情報量が多いソフトだと、少し狭いと感じる事があります。

内蔵スピーカーは、1ワットx 2と非力なので、綺麗な音で視聴したい時はヘッドホンや外部スピーカーを使うと良いですね。

 

まとめ・価格・販売サイト

モバイルモニターは、外に持ち出す用途以外にも、家の中を持ち歩く在宅ワークの必須アイテム化していますね。

実際に我が家でも、モバイルモニターは以前から定着しています。今年になってオンライン授業や在宅ワークで、家中で引っ張りだこです。
私は、マルチディスプレイが無い環境では仕事の効率が上がりません。そのためノートPCで仕事をする時は、モバイルモニターをデュアルモニターとして使っています。資料をモバイルモニターに映しながらの仕事は快適です(動画が流れている事も多いですが 😮 )

 

また息子たちがゲーム用のモニターを奪い合った時には、片方がリビング机でモバイルモニターを使って遊んでいます。
テレビが占領されている時は、モバイルモニターにChromecastをセットしてNetflixを見る事もあります。

今のような在宅率が高い時期は、一家に1台あると重宝しますね。

Lepow Z1の標準価格は約 2万 2000円。現在、Amazonのブラックフライデーで1万 5596円でセール中です。

またメーカーの方からは、ECサイトTiktech用のクーポンを発行して頂いています▼

  • クーポン: LepowJP20K
  • 割引率: $80 OFF
  • 割引価格: $139.99
ポータブルモニター Lepow Z1 – 15.6インチ
より広い色域、2020年ニュー高画質モデルPSE認証済み グレー

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top