スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

Fire TV Cube(第2世代)発表!Fire TV Stickとの違いは?

Amazonでは、Fire TVシリーズの最上位モデル「Fire TV Cube」のリリースを発表しました。第1世代は日本では発売されていませんでしたので、日本では初登場のデバイスとなります。

価格は1万4980円(税込)。予約はすでに開始されており、2019年11月5日より出荷を予定しています。

Fire TV Cubeスペック

SoC ヘキサコア
(クアッドコア: 最大2.2GHz + デュアルコア: 最大1.9GHz)
GPU Mali G52-MP6
RAM 2 GB
ROM 16 GB
音声認識 本体内蔵マイク+リモコンのマイクによる音声認識に対応
出力 2160p、1080p、720p、最大60fps
音声操作 赤外線(IR)対応するテレビ、サウンドバー、AVアンプで対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac
Bluetooth 5.0
インターフェイス HDMIポート、電源ポート、Micro USB
赤外線(IR)ポート(オーディオ用ではありません)
 サイズ 86.1 mm x 86.1 mm x 76.9 mm
 重量 465 g

 

Fire TV Cubeの特徴

Fire TV Cubeは、「Fire TV Stick」と「Echoシリーズ」の機能を合わせたようなデバイスです。
ちなみにスマートスピーカー『 Echo』は、音声アシスタント機能が付いたスマートスピーカーと呼ばれるデバイスです。
「アレクサ」と呼びかけて様々な命令を話かけるだけで家電を操作したり、音楽やラジオをかけたり調べ物・ニュースを聴くことも可能です。
要はスマートスピーカー機能付きのSTB(セットトップボックス)になります。

ニューモデルの「Fire TV StickシリーズもAlexaに対応しましたので、一見違いは無いように見えますが、Fire TV Cubeはスピーカーを内蔵しているので、テレビ画面が消えている状態でもスマートスピーカーとして利用が可能です。マルチメディア性能が秀逸で、対応機器と組み合わせれば、Dolby Vision、HDR、HDR 10+の鮮明な映像の再生も可能です。Dolby Atmosサウンドにも対応しています。

ただし1つ残念な点は、EchoシリーズはBluetooth接続でスマートホンの外部スピーカーとして利用が可能で、楽曲を飛ばして再生することができますが、Fire TV Cubeは未対応です。
アレクサ対応の新型Fire TV Stickや、Echoシリーズをお持ちの方は、特に買い替える必要は感じませんが、旧モデルユーザーは一石二鳥のデバイスだと思います。

セット内容


Fire TV Cube(第2世代)、Alexa対応音声認識リモコン(第2世代)、電源アダプタ、単4電池2個、赤外線(IR)延長ケーブル、Amazon イーサネットアダプタ、スタートガイド※HDMIケーブルは同梱されていません。

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top