スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

【停電対策に】USBケーブルでニッケル水素電池を充電「EBL iQuick急速充電器セット」レビュー

「北海道胆振東部地震」の影響で、北海道全域で大規模な停電が発生しました。また近畿地方では、台風21号の影響で数千世帯では依然停電が続いているようです。
この機会に自宅の震災セットや、停電対策アイテムの見直しをされたご家庭も多いのでは無いでしょうか?

私は登山やキャンプ、野宿など屋外で寝泊りする事が好きで、我が家にはLEDライトやLEDランタンなど大量の光源があります。

しかし よくよく考えてみると、どれも電池を使って点灯するものばかり。電池が切れたらアウト!もちろんアルカリ電池の備蓄もありますが、停電時にはラジオ、LEDランタン類、ヘッドランプなど大量に電池を消費します。停電が長期戦になった時には明らかに電池不足に陥りそうです。

そこでUSBからニッケル水素電池を充電できるバッテリーチャージャーを購入する事にしました。
これさえあれば、モバイルバッテリーやソーラーチャージャーから電池を充電できて、長期戦にも耐えられそうです。

スポンサーリンク

EBL 急速電池充電器セット iQuick充電器

Amazonで調べてみると、幾つものメーカーから何種類も発売されていて、本当に迷いました。
結局はEBLというメーカーの単三、単四電池を4本充電できるチャージャーを購入しました。

【仕様】
・入力:DC 5.0V / 2.1A
・出力:
入力 2.1A,各チャネル充電
1xAA – DC1.4V 3600mA 1xAAA – DC1.4V 1500mA
2xAA – DC1.4V 1800mA 2xAAA – DC1.4V 770mA
3xAA – DC1.4V 1200mA 3xAAA – DC1.4V 510mA
4xAA – DC1.4V 900mA 4xAAA – DC1.4V 380mA
・充電時間目安
入力: DC5.0V 2.1A, 2000mAh AA /800mAh AAA
1x(AA /AAA) – 約 40 分. 2x(AA / AAA) –約80 分.
3x(AA / AAA) – 約120分. 4x(AA / AAA) – 約160分.

このチャージャーはニッケル水素電池が4本セットで販売されています。1,100mAhと2,300mAhの2種類があり、2,300mAhの方を購入してみました。【セット内容】
充電器+充電池+電池収納ケース+日本語取り扱い書

コレ全部込みで、お値段なんと1,399円!

USB充電器レビュー

付属のニッケル水素電池を使わず、空にしたエネループが満充電になる時間を計測してみました▼

4.96V / 2.01A。しっかり急速チャージしてくれています▼

4本別々にインジケーターが付いており充電中は緑に点滅します▼

5V / 1.3A ~ 2Aの範囲内で充電しており、4本が満充電になるまで 2時間35分程度でした。

単四電池は一段下に斜めに差し込んで充電します▼

ちなみに電池の本数が少なくても充電速度は変わりません。1・2本なら超急速充電が可能です▼

単三・単四が混在した充電も可能でした。また充電池の残量がまちまちでも、充電が終わった電池から順に点滅から点灯に変わります▼

背面に穴が開いており個別に取り出せるのが便利でした▼

モバイルバッテリーからも充電可能です▼

ソーラーチャージャーで充電

USB出力ポート付きのソーラーチャージャーで充電テストしてみます。

Aukeyの21WのUSBソーラーチャージャーを使いました▼

USB電流系の数値を撮影する事が出来ませんでしたが、薄曇の中でも 4.9V の08A~1.5Aで充電してくれました。これだけ速度が出ていれば、午前中だけで余裕で4本を充電できますね。
このソーラーチャージャーは合計21Wの出力があり、USBポートが2つ付いているので、この充電器を1個追加して8個の電池を充電する事もできそうです。震災時には1つのポートはモバイルバッテリーを充電するのに使うかな?

EBL iQuick急速充電器 価格 ・まとめ

アルカリ電池を大量に備蓄しておくのが基本ですが、長期間使わないと液漏れや劣化してしまいます。
最近では「ローリングストック法」という、普段消費しながら備蓄する方法が主流になっています。しかしながら日常的に単三電池をあまり消費しない家庭は実現不可能です。

我が家では、子供が小さい頃にプラレールにはまっていて、数え切れない本数のエネループがあります。その影響で、何でもニッケル水素電池を使う習慣が付いてしまったので、捨てようと思って電池のフタを開けるとエネループが入っていたという事もしばしば…もったいないですね。
しかしそれでも備蓄の電池と予備のエネループを総動員して、何日間停電に堪えられるのか不安で購入する事にしました。
このUSB充電器があれば少し安心です。
しかし実際に使ってみると、USBポートから充電できるのが便利で日常使いしています 🙂

余談ですが、単一電池は高いので単三を単一に変換するアダプターが便利です。
しかしそれでは、ランタンは暗いですしモーターも力不足になりパワー不足です。

そんな時には単三 x3本で単一電池に変換するアダプターがパワフルでお勧めです▼電動エアーポンプやLEDランタン、電池式の金魚のプクプクなど、何にでも活躍してくれています。

今回レビューで使ったAukeyのソーラーチャージャーは販売終了しています。

人気は「RAVPower ソーラーチャージャー 【3ポート / 24W】で、Amazonのレビューや口コミで「発電効率が良い」ことから一番売れている製品です。

RAVPower ソーラーチャージャー 【3ポート / 24W】 iPhone、Android 各機種対応 ソーラーパネル アウトドア/キャンプ / 地震/災害時 RP-PC005

 

安心のAnker製も人気です▼

Anker PowerPort Solar (21W 2ポート USB ソーラーチャージャー) iPhone 6/6 Plus/iPad Air 2/mini 3/Xperia/Galaxy S6/S6 Edge/Android各種他対応 【PowerIQ搭載】

停電の影響で、残念ながらAnkerのソーラーチャージャーは品切れで、再入荷の予定も立っておりません。RAVPower は通常の数倍の価格で販売(転売)されています。

 

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top