LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Gmailで送ってしまったメールを取り消す方法!取り消し時間の設定も可能

メールの送信直後に「わ!ミスった。何であんな内容送ってしまったんだろ?」と取り消したい事って良くありますよね。

Gmailでは送信後に一定時間の間であれば、送信を取り消す事ができる機能が実装されています。
またパソコンメールでは、取り消し可能な時間の設定も可能です。

今回はGmailで送信済みメールを取り消す方法をご紹介します。もちろん送信を取り消したメールは、相手側に届いていません。

Gmailで送ってしまったメールを取り消す方法

PCメール(ブラウザ)

パソコンでは、ブラウザメールを使う事で取り消しが可能となります。
ちなみに通常のメーラーでは対応していませんのでご注意ください。

普通にメールを書いて送信後、下の方に一定時間「元に戻す」という項目が表示されます。
それをクリックするだけです▼

送信したはずのメール本文が表示されれば、そのメールは送信されていません▼

ただこれだけの機能ですが、「元に戻す」という表現のため、送信を取り消す機能とは知らない方も多いです。

 

取り消し時間の設定方法

パソコンメールでは、送信後の取り消し可能な時間を設定する事も可能です。

歯車アイコンから「すべての設定を表示」をクリック▼

 

「送信取り消し」の項目を「取り消せる時間」の右のプルダウンから選択します。
デフォルトでは5秒に設定されており、最大で30秒まで可能です。

送信の 5秒以内にミスに気付いてクリックするのは厳しいですが、逆に毎回30秒送信を待つのも煩わしいです。
私は10秒に設定していますが、良く後悔する方は20秒程度でもありかもしれません。

 

スマートホンアプリ

iOS/Androidのスマートホンアプリを使っても取り消しが可能です。

Gmail – Google のメール

開発: Google LLC
評価(4.3/5)
 無料
icon-itunes
 

 

こちらも送信後、右下に表示される「元に戻す」をタップするだけ▼

 

送信したはずのメールが表示されれば、送信の取り消しが成功しています▼

ただこれだけの機能ですが、失敗した時のリカバーには役に立ちます。何故か長時間かけて考えたメール本文より、送信直後の数秒の方が頭が冴えますよね。一瞬で色々な本文内容のチェック・感情の整理がつくから不思議です。
良く失敗される方は、Gmail(送信のみ)だけは敢えて専用アプリを使う事を考えてみて下さい。
私は送信先を間違えて、取り消し機能に助けられた事が2度あります。

Gmailでは以前「Labs」という試験的な機能として存在していましたが、現在は通常機能になっています。実用的という事で通常機能になったのでしょうね。

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top