スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

ちょっとプレイ!ポケモンGO風ハリポタ位置ゲーム「ハリー・ポッター: 魔法同盟」【レビュー】


WB GamesとNianticが手がけるスマートホンゲーム「ハリー・ポッター:魔法同盟」の正式サービスが、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドにてスタートしました。

ハリー・ポッター: 魔法同盟」は「ポケモンGO」のように、AR(仮想現実)機能と位置情報を利用したゲームで、ハリポタGoとも呼ばれています。

ハリー・ポッター: 魔法同盟

iOS/ Android版でリリースされますが、アプリストアではAndroid版のみ事前登録が可能となっています。iOS版は公式サイトから事前登録が可能です。

開発:Niantic, Inc.

ハリー・ポッター: 魔法同盟

現地のGoogle Playストアにアクセスする事で、日本からもダウンロード&プレイが可能となっていましたので、インストールしてみました。

既に日本語表記化されており、音声も日本語でした▼

ゲームの目的

魔法界では、マグル(人間)達に魔法の存在が知られてしまう危機的状況に陥ってしまった。それを防ぐために魔法界の外に散らばってしまった「ファウンダブル」を回収していくというゲーム。ポケモンGOではポケモンを探したように、ハリポタGOではファウンダブルを探して現実世界を歩きまわって、回収していくことになります。

チュートリアルを進めてみると魔法は、図形をなぞるイングレスの「グリフハック」的な方法で発動します。

最初のファウンダブルは、網に捕らわれた「ハグリッド」
魔法で救出します▼

入手したファウンダブルは、ハメ絵のように登録簿(図鑑)に登録されます。ファウンダブルには「0/15」などと表記されているので、一定数を集める必要があるようです。

ポケモンGOの「フレンド機能」や、ポケストップでアイテムを回収、歩いた距離で卵をふ化させるシステムなど、ハリポタGOにもほぼ同じシステムが採用されています。
日本国内ではチュートリアルから先はプレイできませんが、チーム分けはグリフィンドール、スリザリンなどの、ホグワーツ魔法魔術学校の4つの寮になるのかな?

ただ気になったのは職業というシステム。これはレベル6からアンロックされるようです。

デイリークエストや特別任務などでも遊べます。もうポケモンGOをプレイした事のある人なら、用語だけ置き換えれば簡単に遊べてしまいそうです。

課金要素

見る限りでは、課金要素も各種ボックスの拡張などがメインで、ポケモンGOとほぼ変わらないように感じました。海外ではゲーム内のガチャ(課金要素)で有利になる「ルートボックス」をギャンブルとして、法律で禁止するなど課金システムには神経質になっています。
そんな中でのリリースなので、恐らく無課金でも十分に楽しめるゲームシステムだと思います。
しかしながらポケモンGOでも最低限ボックスの拡張は必要でしたので、こちらも少額のお布施は必要でしょう。

日本でのリリースは未定で、『ハリー・ポッター:魔法同盟』は全世界で近日配信予定とだけ発表されています。

事前登録の方法は、公式サイトとGoogle Playストアの両方から可能です。生年月日とメールアドレスを登録するだけでOK
公式サイト:


公式ツイッター

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top