LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【ワールドプレミアセール】XIAOMI 12 シリーズのグローバルモデル3機種が発売

中国の大手スマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)が、2022年版のフラッグシップモデルのスマートフォンとなる、『Xiaomi 12』シリーズのグローバル版を海外発表しました。
12シリーズは 昨年12月に中国モデルが先行して発表されていましたが、今回はグローバル版としての発表です。Xiaomi 12(無印)と上位モデルの12 Proに加え、12無印のSoCをクアルコム『Snapdragon 870』に変更したお手軽モデルの12 Xの3機種となります。

本日17時より、発売を記念してAliexpressの公式ショップではワールドプレミアセールを開催します。

スペック

  12 12 Pro
 OS Android 12 (MIUI 13) 
 SoC Snapdragon 8 Gen 1
RAM 8G / 12G
ストレージ  128 GB / 256 GB 256 GB
外部ストレージ 非対応
 ディスプレイ  6.67インチ
2400 x 1080 FHD+
AMOLED
 6.73インチ
3200×1440 WQHD+
AMOLED
 リアカメラ 5,000万画素:メイン
1,300万画素:超広角
500万画素:望遠
5,000万画素:メイン
5,000万画素:超広角
5,000万画素:望遠
 フロントカメラ 3,200万画素
生体認証 指紋, 顔
防水
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.1
バッテリー 4,500mAh
67W急速充電(有線)
4,600mAh
120W急速充電(有線)
インターフェイス USB-C
 サイズ 高さ:152.8 mm
幅:69.9mm
厚さ:8.16 mm
 高さ:163 mm
幅:74.65mm
厚さ:8.16 mm
重さ 180g 205g
対応バンド 3g: wcdma:
B1/2/4/5/6/8/19
4G: lte fdd:
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25
26/28/32/66
4G: lte tdd:
B38/39/40/41/42/48
5G
n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41
n66/n77/n78/n79
重さ 202 g
カラーバリエーション
  • グレー
  • パープル
  • ブルー

     

筐体

ディスプレイは両機種ともに最高リフレッシュレート120Hzの有機EL。12無印が6.28インチで2400×1080、Proは6.73インチ、解像度3200×1440。リフレッシュレートは、無印は選択式でProは自動可変に対応しています。表示内容によって最適なリフレッシュレートを自動で選択し、電力効率を最大50%改善するとしています。

 

リアカメラは、12無印は5,000万画素のメインカメラ(広角)と、1300万画素の超広角レンズ、そして500万画素の望遠という3眼構成。Proはメイン、超広角、望遠の全てが5,000万画素という構成となります。
それぞれのメインカメラ(広角)のイメージセンサーは、12無印がソニー製の1.56分の1インチ(約0.64インチ)の『IMX766』。Proではさらに大きな、1.28分の1インチ(約0.78インチ)の『IMX707』となり、暗所でのノイズ低減などに威力を発揮します。動画撮影では、12無印、Proともに8K/24fpsでの撮影に対応。フロントカメラはパンチホールタイプで、3200万画素と高めの仕様です。

 

急速充電に関しては、12無印は最大67W。一方Proは、最大120Wの急速充電にまで対応します。またバッテリー容量もわずかながら違いがあり、無印は4500mAh、Proは4600mAhとなります。

 

プロセッサーは、無印、Proともに、クアルコム製『Snapdragon 8 Gen 1』を搭載しています。現行Snapdragon 888と比べて、CPUコア部は最大30%高速化しており、クアルコム製のSoCでは現状最高速となります。

 

スピーカーに関しては、無印がHarman/Kardonデュアルスピーカー、ProはHarman/Kardonクアッドスピーカーを搭載しています。

 

 

XIAOMI 12 X

無印12をベースにSoCをSnapdragon 870に変更したモデル。SoC以外では、無接点充電やAdaptiveChargeには対応しないものの、基本的な仕様はXiaomi 12とほぼ共通となるバリエーションモデル。本体サイズはXiaomi 12と同じですが、重量はやや軽くなり176g。

カメラ構成やディスプレイ、急速充電といったメインスペックは12無印から引き継ぎつつ、廉価なSoCを使うことで、本体価格を大きく下げたお手頃モデルとなります。

 

販売サイト・価格

価格は、12Proが999ドルから、無印12は749ドルから、12Xは649ドルからとなっています。

「Xiaomi 12シリーズ」グローバルモデルは、AliexpressのXiaomi公式ショップにて販売されています。
2022年 3月16日(木) 17:00より、販売を記念してワールドプレミアセールを開催します。Proはページ内の30ドルOFFのクーポンのみの割引となります。

セール価格

・Xiaomi 12X(8GB+128GB): 649ドル➡449ドル
・Xiaomi 12X(8GB+256GB): 699ドル➡499ドル

・Xiaomi 12(8GB+128GB): 749ドル➡649ドル
・Xiaomi 12(8GB+256GB): 799ドル➡749ドル
・Xiaomi 12(12GB+256GB): 849ドル➡799ドル

・Xiaomi 12 Pro(8GB+256GB): 999ドル
・Xiaomi 12 Pro(12GB+256GB): 1089ドル

  • AliexpressのXiaomi公式ショップ:「Xiaomi 12X
  • AliexpressのXiaomi公式ショップ:「Xiaomi 12
  • AliexpressのXiaomi公式ショップ:「Xiaomi 12 Pro
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top