LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

TECLASTの11インチ2k画面の新タブレット T50発表!スペックレビュー

中国のパソコン・タブレットメーカーTECLAST((台電科技)より、Androidタブレット「TECLAST T50」が発表されました。

この端末は、11インチのディスプレイを搭載した大型画面のタブレットです。今人気の1万円台のタブレット「TECLAST T40, T40 Plus」「Teclast M40」「Alldocube iPlay 40」で使用されているSoC「Unisoc T618」を搭載し、薄型・大画面化・バッテリー容量増量・高精細カメラ搭載した強化モデルとなっています。

価格次第では、また売れまくれそうな予感です。

TECLAST T50スペック

OS Android 11
SoC UNISOC T618
GPU Mail-G52 3EE
GPU 11 インチ
2000 x 1200 ピクセル
IPS液晶
RAM 8 GB
LPDDR4
ROM 128 GB
外部MicroSD 最大 512 GB
リアカメラ 2000万画素
フロントカメラ 800万画素
生体認証
防水 非対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac 
GPS A-GPS、Glonass、GALILEO、BDS
Bluetooth 5.0
対応バンド 不明
バッテリー 7,500mAh
 サイズ 幅:-
高さ:-
厚さ:75 mm
 重量 510 g

 

筐体

ディスプレイは 11インチ(2000 x 1200)と、T40 Plusの 10.4 インチより少し大きくなっています▼

 

CNCアルミボディを採用しています▼
このシリーズのフレームは、マグネシウム製を採用していましたが、T50のフレーム材質は不明です。

また、端末のサイズは厚さ7.5mm以外の寸法は非公表です。「Go Bigger」のキャッチフレーズなので、端末サイズは変わらずディスプレイは大画面化していると予想されます。商品画像を見ると、ベゼル幅が細くなっているように見えます。

カメラはアウト2000万画素、インカメラ800万画素。タブレットでカメラ撮影目的に使う人は少ないと思いますが、それでも観光地に行くと中高年の方はカメラを活用してますよね▼

 

ゲームや動画視聴の没入感が得られそうな、リアルステレオの4スピーカーを搭載しています▼

インターフェイスはUSB-C、イヤホンジャックは無いようです。

 

内部レビュー

搭載するプロセッサーは、Unisoc Tiger T618。製造プロセスは12nm FinFETを採用、CPUは2xARM Cortex-A75(2.0GHz)+6xARM Cortex-A55(1.8GHz)、Antutuベンチマークスコアは総合で約21万のミドルレンジタブレットです。メモリー構成は、 内部ストレージ128 GB、RAM 8GB を搭載、2 TBまでの外部SDカードに対応しています。

 

 

TECLAST T50価格・まとめ

中国AliExpressにて10月19日に予定です。価格は販売ページを見ると179.99ドルとなるようです。
旧モデルのTeclast T40 Plusの販売価格は170ドルでしたので、スペックアップして値段据え置きという事ですね。
発売直後はワールドプレミアセールが開催されるようなので、更にお手頃価格で入手できそうです。

AliExpress販売ページ:TECLAST T50

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top