LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Antutu21万台のコスパ追求タブレット「Teclast M40」デビュー!スペックレビュー

海外ECサイトBanggoodでは、Teclast(台電科技)の新型タブレット「Teclast M40」のデビューセールを開催しています。

「Teclast M40」は、SoCにUnisocの Tiger T618を採用することにより、ミドルレンジクラスモデルにも関わらず1万円台の低価格を実現しています。
さらにVoLTE通話対応で、RAM 6GB・内部ストレージ 128GB、バッテリー容量は 6,000mAh、フロント・バックカメラに800万画素カメラを搭載するコスパを追求したタブレットです。

 

Teclast M40

OS Android 10
SoC UNISOC T618
GPU 10.1 インチ
1920 x 1200ピクセル
IPS液晶
RAM 6 GB
ROM 128 GB
外部MicroSD 対応
リアカメラ 800万画素
フロントカメラ 800万画素
防水 非対応
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac 
GPS A-GPS/GPS/GLONASS/BDS/GALILEO
Bluetooth 5.0
バッテリー 6,000mAh
対応バンド GSM:
B2,B3,B5,B8
WCDMA:
B1,B5,B8
4G/BFDD-LTE:
B1,B3,B5,B7,B8,B20,B34
4G/BTDD-LTE:
B38,B39,B40,B41
 サイズ 幅:163.9 mm
高さ:243.5 mm
厚さ:9.3 mm
 重量 529 g

 

筐体

ディスプレイは10.1インチ、 1920 x 1200ドット(WUXGA )。 アスペクト比16:9

 

インターフェイスはUSB-C、イヤホンジャックも付いています

 

ステレオスピーカー搭載

 

内部レビュー

搭載するプロセッサーは、Unisoc Tiger T618。製造プロセスは12nm FinFETを採用、CPUは2xARM Cortex-A75(2.0GHz)+6xARM Cortex-A55(1.8GHz)、Antutuベンチマークスコアは総合で約21万のミドルレンジタブレットです。メモリー構成は、RAM 6GB 内部ストレージ128 GB

前モデルのM30はMediaTek Helio X27を搭載しており、Antutu ベンチは約10万でした。処理性能は大幅アップしていますね。

 

対応バンド

2枚のSIMカードスロットを搭載しており、両方を活かしたデュアルVoLTE待ち受けに対応しています。

ドコモ:4G帯(LTE)主要バンドであるB1、東名阪の高速通信バンドB3に対応していますので、都市部での使用は問題ありません。しかしながら 高い建物の影や地下、郊外に強いプラチナバンドB19には非対応です。また3G帯のプラスエリアB6には未対応なので、僻地や山間部で若干電波が掴みにくくなります。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内でも快適に使えます。

AU:主要バンドのB1に対応していますが、プラチナバンドB26(18を内包) に未対応なので、ごくごく狭いエリアでの使用に限られます。また通話に3G帯 BC0(CDMA2000) を使用する非VoLTE SIMには未対応となります。

【 対応バンド 】
GSM:
B2,B3,B5,B8
WCDMA:
B1,B5,B8
4G/BFDD-LTE:
B1,B3,B5,B7,B8,B20,B34
4G/BTDD-LTE:
B38,B39,B40,B41

 

価格・まとめ

ざっくりとスペックを紹介してきましたが、端末が少し厚い点を除いて非の打ち所がないバランスの取れた端末ですね。
これで2万円を切る価格設定なので、他のエントリーモデルの中華タブが霞んでしまいます。

Teclast M40の価格は、179.00ドル。Banggoodでは、現在ワールドプレミアセール(お披露目セール)を開催しており、最初の100台が$139.99、次の100台が$154.99、最終価格が$169.99で販売しています。10月 26日まで

【Banggood】
商品名 クーポン 価格 期限
Teclast M40
フラッシュセール $179,99
$154.99

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top