スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

1万円で実用レベルのスペックを実現「LEAGOO S11」発売!スペックレビュー

中国スマートホンメーカーLEAGOO より、新端末「LEAGOO S11」が発売となりました。

今回発売された「 LEAGOO S11」は、MediaTek社製プロセッサーのHelio P22を搭載した1万円で買えるエントリーモデルの端末です。
しずく型ノッチの6.3インチ大画面ディスプレイを採用しており、リアはデュアルカメラを搭載。日本3大キャリアのバンドにフル対応したお買い得モデルとなっています。

LEAGOO S11

 

OS LEAGOO OS6.0
Android 9.0ベース
SoC MediaTek MT6762
Helio P22
GPU IMG GE8320@ 650MHz
ディスプレイ 6.35 インチ
1520 x 720 Pixcels
RAM 4 GB
ROM 64 GB
カメラ フロント:8 MP
リア:13 MP + 2 MP
microSD
スロット
最大 128 GB
SIM NanoSIM + NanoSIM
DSDS対応
認証方式 指紋/顔
Wi-Fi 802.11 b / g / n
Bluetooth 5.0
バッテリー 3,300 mAh
対応バンド 2G: GSM
B2/B3/B5/B8
3G: WCDMA
B1/B2/B4/B5/B8
4G: TDD-LTE
B1/B2/B4/B5/B8
4G: FDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18
19/20/25/26/28A/28B
インターフェイス USB-C
防水
 サイズ 158.3×76.7×8.55mm
 重量 160 g
その他 Glonass, Beidou, Galile

筐体

6.35 インチで1520 x 720のHD+のIPS液晶ディスプレイ。
“しずく型(ウォータードロップ)” を採用しており、画面占有率90%。

カラーバリエーションはブラックとグリーン(エメラルド)の2色▼

内部性能

LEAGOO S11は、SoCにMediaTek MT6762(Helio P22)を採用しており、AnTuTuベンチマークスコア(v7.1)は約6.5万~7万。ミドルレンジクラスに手が届きそうな、エントリーモデル端末です。
RAM 4 GB、内部ストレージが64 GB。1万円前後の端末としては破格のスペックで、実用に耐えうるレベルです。
ちなみに旧モデルのS10はHelio P60を搭載したミドルレンジクラスの端末で、ディスプレイ解像度FHD+に加え、インディスプレイ埋め込み型の指紋認証やワイヤレス充電に対応した、同社のフラッグシップ端末でした。しかしながらS10は発売当初から問題を抱えた端末で、ハードウェア不良による出荷停止などがありました。
LEAGOOはエントリーモデルを得意としたスマートホンメーカーで、ミドルレンジクラス以上のモデルはほとんどありません。
S9までもエントリーモデルのシリーズでした。ハイエンドスペックは手に負えないので、Sシリーズもエントリーモデルへと原点回帰したのかもしれません。

カメラ

リアカメラはメインに1300万画素(F/2.2)+サブ200万画素のデュアルレンズ構成。

フロントカメラは800万画素(F/2.4)のシングルカメラ。顔認証ロック解除にも対応しています▼

バッテリー

バッテリー容量は3300mAh。定電圧のプロセッサーを採用しているので、通常使用だと40時間持つとしていますが、丸一日程度が精一杯でしょう。
Quick Chargeや急速充電には対応しておらず、 充電速度は5V/2Aの10W。

対応バンド / SIM

LEAGOO S11は DSDS(デュアルSIM / デュアルスタンバイ)に対応しており、SIMカード2枚挿しでの運用が可能です。

ドコモ:プラチナバンド4G帯のBand19、都市部はもちろん郊外でも電波を拾えます。3G帯のFOMAプラスエリア(B6)に対応していないので、山間部や僻地での使用は少し厳しいかもしれません。

SoftBank:バンド(LTEバンド1,3,8 / WCDMAバンド1,8)にも対応していますので、日本国内での使用は問題はありません。

AU:LTEバンドB1,18(26)に対応しており、スペック上は VoLTE SIM での利用が可能となっています。但しAUの場合には実際に使ってみないと分かりませんので対応状況は未確認です。

【対応バンド】
2G: GSM
B2/B3/B5/B8
3G: WCDMA
B1/B2/B4/B5/B8
4G: TDD-LTE
B1/B2/B4/B5/B8
4G: FDD-LTE
B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18
19/20/25/26/28A/28B

まとめ / 価格

LEAGOO S11の標準価格は、1万7000円です。現在の実売価格は1万円前後。
1万円で買えるスマホのスペックは、RAM 2 GB~3 GB+ 内部ストレージが16GB~32GBが精一杯なので、LEAGOO S11は色々と整っていると思います。
さらにBluetooth5.0とドコモのLTEプラチナバンドのB19に対応しています。LINEやネット閲覧程度でゲームなどでヘビーに使わない人にとっては十分なスペックですね。残念ポイントは、ディスプレイ解像度が1520 x 720ピクセルのHD+画質と低めな点と、急速充電の未対応なところくらいでしょうか。

海外ECサイトのBanggoodでは、販売記念のプレセールを開催しています。最初の100台が9,147円、次の400台までは9,685円、999台まで10,761円となっています。

【Banggood】LEAGOO S11

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top