LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Nintendo Switch風ゲーム専用Android端末「GPD XP」が4万2600円で発売

右側コントローラーを交換できる中国GPD TechnologyのAndroidゲーム機「GPD XP」が日本国内向けの発売が開始されました。3種類のモジュールが付属し、ゲームに応じた選択が可能。冷却ファンも搭載する本格的なゲームに特化したAndroid端末となります。

 

GPD XPスペック

OS Android 11
SoC MediaTek Helio G95
GPU ARM Mali-G76 MC4 @900MHz
ディスプレイ 6.81 インチ
1080 x 2400(FHD+)
TFT液晶(IPS)
RAM 6 GB
LPDDR4x
ROM 128 GB 
UFS 2.1
外部ストレージ 最大2TB
フロントカメラ 500万画素
SIM NanoSIM + NanoSIM
eSIM非対応
認証方式 指紋 / 顔
Wi-Fi 802.11 b / g / n / ac 
Bluetooth 5.0
バッテリー 7,000 mAh
防水 非対応
対応バンド GSM:
B3/8
3G:
B1
FDD-LTE:
 B1/2/3/5/7/8/12/17/20/26/28
TD-LTE:
B34/38/39/40/41
GPS GPS / Beidou / GLONASS / GALILEO 
インターフェイス USB-C
本体長さ 約233mm(Xbox / PS 360°グリップモジュール付き)
約216mm(FPSグリップモジュール付き)
約205mm(MOBAハンドルモジュール付き)
本体の幅 約83mm
本体厚み 約18mm(本体の厚み)
約41mm(ロッカーからグリップまでの垂直方向の高さ)
 重量 370g(Xbox / PS 360°グリップモジュール付き)
350g(FPSグリップモジュール付き)
330g(MOBAハンドルモジュール付き)
カラー アイアンブラック

 

モジュール

右側にはマグネット式の「グリップモジュール」の取り付けが可能。スティックやA/B/X/Y/R1/R2ボタンを備えた「360°グリップモジュール」、ファンクションキー(1~6)を備えた「FPSグリップモジュール」、ボタンなどが一切無い「MOBAハンドルモジュール」の3種類が付属しています。

フルボタンマッピング ジョイスティックモード ALPSオリジナル3Dジョイスティック(下方向への圧力をサポートするネイティブL3対応)
ショルダーボタン(L1/L2)
PSVのような十字キー
キーマッピング呼び出しボタン
7つのカスタム物理マッピングキー
ハーフボタンマッピング ハンドルモード ALPSオリジナル3Dジョイスティック(下方向への圧力をサポートするネイティブL3対応)
ショルダーボタン(L1/L2)
PSVのような十字キー
キーマッピング呼び出しボタン
Xbox / PS3 ハンドルモード ALPSオリジナルデュアル3Dジョイスティック(ネイティブL3/R3対応)
ショルダーキー(L1/L2/R1/R2)
ABXY/△○×□デュアルキャラクターシルクスクリーン
セレクト/スタートキー
PSVのような十字キー
Android用3ボタン(□○△)フィジカルナビゲーションキー
キーマッピング呼び出しボタン
 
FPSジョイスティックモジュールには、前面に5つ、モードに1つ、背面に1つ、計7つのファンクションキーが内蔵されています。

キーマッピング

 
“キーマッピング”ツールは、最大15個のファンクションキーをマッピングすることができます。システムの基本的なコードを変更することで、タッチスクリーン操作のシミュレーションを実現し、ゲームからは周辺機器として認識されません。ジョイスティックのファンクションキーに対応しています。設定は非常に簡単で、画面上の“キーマッピング”アイコンをゲームの仮想ファンクションキーに指でスライドさせて保存するだけで、ジョイスティックのキーマッピングが有効になります。
 

FPSモード

“FPSモード”では、ハンドルにある15個のボタン全てにキーマッピングアイコンが使用できます。“L1”と“5”のアイコンにチェックを入れると、射撃ボタンの「バーストモード」が有効になり、PUBGではM16が数秒でM416になります。
 

MOBAハンドルモジュール

MOBA(マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ)ハンドルモジュールは、主に「King of Glory」などMOBAハンドヘルドゲーム用に対応。上手くダメージを回避して敵を攻撃するために、左のジョイスティックを画面の移動キーにマッピングしてキャラクターの位置を操作できます。また右手親指でのタッチパネル操作により、ジョイスティック操作の限界を回避し、柔軟性と汎用性を実現しています。

このモジュールにはファンクションキーがなく、ハンドル機能を持たず、右手のハンドルスロットを塞ぎ、右手の指と機械との摩擦を大きくするために設計されました。

 

クーリングシステム

47×58mmの純銅製のヒートシンクを採用し、40×37mmの大風量ターボ冷却ファンを搭載。上部のタスクバーには、ファンのON/OFFスイッチがあり、指先で簡単に操作可能です。放熱を柔軟にコントロールし、コアの温度を60度以下に抑えることができるので、ゲームのラグがなくなります。

 

まとめ・販売サイト

SoCはMediatek Helio G95を搭載しており、Antutuベンチマークスコア32万前後。スマートホンで言えばミドルレンジ程度の処理性能です。重いゲームでもソコソコ遊べます。
simカードを挿入できますが、通話が出来ないなど、徹底的にゲーミング端末に特化しています。
ゲーミングスマートホンの半額程度で買えますし、FPSなどではチートレベルの操作が出来そうですね。ガチゲーマーには嬉しい端末に仕上がっています。

 

GPD XP Androidゲーム機
国内対応版 (Android11)
 

 

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top