LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Kindleに自炊コミックの画像を右綴じのmobiファイルに変換して転送する簡単な方法

Amazon の電子書籍リーダー Kindle(キンドル)は、Amazonで購入した電子書籍の読書ができます。
Kindleの電子書籍は、Kindleストアで購入した本を読む事に特化しているので、独自形式(.MOBI、.AZW)のファイルを採用しており、他で購入した電子書籍を転送しても読む事ができません。

しかしながらアプリを使って変換する事で、自炊した漫画や画像データをKindleで読む事ができるようになります。
前回「ePub形式の電子書籍・Zip形式の自炊コミックをKindleに送る方法」としてエントリーしましたが、自炊コミックが左綴じ(左右逆)になって読み難いという問い合わせを頂きました。

コミックをmobi形式変換するだけなら簡単なのですが、右綴じ形式にするのは結構手間が掛かります。色々とテストしてみて簡単な方法を見つけましたので、ご紹介しておきます。

使用アプリ

変換から転送まで、パソコンを使って作業します。使うアプリは3種類
全てフリーソフトです。作業開始前に全てインストールしておいてください。

 

電子書籍管理ソフト「calibre」

電子書籍管理ソフト「calibre」は、電子書籍を一括管理できるアプリです。
PCでの電子書籍リーダ―機能、編集・変換・DRM解除、Kindleへの転送など、電子書籍の包括的な多機能アプリです。
このアプリ自体にもmobi形式への変換機能が搭載されていますが、洋書と同じ「左綴じ、右開き」 になってしまうので使いません。

公式サイト calibre  からアプリをダウンロードしてインストールするだけです(無料)

calibre
calibre

このアプリはKindleへの転送と電子書籍の管理に使います

 

AozoraEpub3

AozoraEpub3は、青空文庫の注記入りテキストファイルをePub3ファイルに変換するアプリです。
青空文庫形式のテキスト+画像ファイル、自炊コミックのzip/rarをePub3に変換する事が可能です。

AozoraEpub3(無料)

※ AozoraEpub3はJava製のオープンソース・ソフトウェア

 

Kindle Previewer 3

Kindle Previewer(キンドル・プレビューアー)は、 AmazonのKDP(Kindle ダイレクト パブリッシング)で本を出版する際、電子書籍の中身を確認(レビュー)して、文章・構成デザインなどが崩れていないかチェックするアプリです。Kindleの電子書籍の個人出版を簡単にできるツールとして、Amazonが公式にリリースしています。

レビューするだけではなく、他の方式の電子書籍のレビュー・書き出し(エクスポート)にも対応しているので、その機能を利用します。

Kindle Previewer 3(無料)

 

右綴じ形式に変換してKindleに送る方法

下準備

用意したコミック画像は、半角数字の連番にリネームしておきます。それらのファイルをZip形式に圧縮して「[著者名]タイトル.zip」の書式にして準備完了です。

 

Epubに変換

AozoraEpub3を開き「拡張子.epub」に設定▼

出力先を指定して。ファイルを直接アプリにドロップします。出力先を「入力と同じ」にチェックを入れておくと、隣に作成されるので簡単です。

変換前確認画面が表示されるので「表題」「著者」などを確認して「変換実行」をクリック▼

これでEpub形式の電子書籍コミックができました。

 

加工

完成したEpubファイルの拡張子をZipに変換する▼

 

出来たZIPファイルを展開する▼

 

7-Zipをお使いの場合、拡張子をリネームせずともepubを直接展開できます▼

 

OPSフォルダ内の「package.opf」をテキストエディタで開く(Windowsのメモ帳でも可)▼

 

<spine page-progression-direction=”ltr” toc=”ncx”>という行を探し
<spine page-progression-direction=”rtl” toc=”ncx”>に書き換える▼
ファイルを上書きしてエディタを閉じる

 

mobiファイルの作成

書き換えた「package.opf」をダブルクリックすると、関連付けられているKindle Previewer 3が起動し本の変換が開始する。

 

電子書籍ファイルが読み込まれるので、画面の左側をクリックしてページめくりの方向が正しい事を確認する▼

 

メニューの「ファイル」>>「エクスポート」をクリック▼

 

「[著者名]タイトル.mobi」の書式でファイルを書き出す▼

 

Calibreを使ってKindle端末に転送

Calibreを起動し、先ほど作成したmobiファイルを読み込む▼

本を右クリックして「書誌を編集」>>「書誌情報を個別に編集」
タイトル xx巻 と著者を入力して「書誌情報をダウンロード」をクリックし、該当の本を選択する▼

省略しても構いません。Kindleで表紙を表示させない場合のみ

 

 

KindleをPCと接続▼

 

ツールバー上に「デバイス」と表示されたら準備完了▼

 

 

「ライブラリ」を選択し、送信したい本を右クリック「デバイスに送信」>>「メインメモリに送信」▼

 

これでKindle端末のライブラリから開いて読むと「右綴じ・左開き」形式の漫画になっています▼

 

まとめ

結構な手順が必要ですが、現段階ではこの方法が一番簡単だと思います。左右の綴じ方が気にならないという方は、Epubを直接Calibreに読み込ませてmobi形式に変換してKindleに送信するだけです。

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top