LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【縦書き対応】KindleにePub・自炊コミック・青空文庫形式の電子書籍をmobiファイルに変換して転送する方法

Amazon の電子書籍リーダー Kindle(キンドル)は、Amazonで購入した電子書籍の読書ができます。
しかしながらKindleの電子書籍は、独自形式(.MOBI、.AZW)のファイルとなっており、他で購入した電子書籍を転送しても読む事ができません。

Kindle形式への変換・転送手段は幾つかありますが、小説が横書きになってしまう事が多く、 Kindleファイルへの変換作業は意外と難易度が高いです。

そこで今回は、他で購入したePub形式の本、自炊本・自炊コミック・青空文庫形式など、Kindleの「mobi」形式に変換して読書する方法をご紹介します。

使用アプリ

変換から転送まで、パソコンを使って作業します。使うアプリは3種類
全てフリーソフトです。

 

電子書籍管理ソフト「calibre」

電子書籍管理ソフト「calibre」は、電子書籍を一括管理できるアプリです。
PCでの電子書籍リーダ―機能、編集・変換・DRM解除、Kindleへの転送など、電子書籍の包括的な多機能アプリです。
このアプリ自体にもmobi形式への変換機能が搭載されていますが、海外ソフトのため小説が横書きになってしまう事が多く、日本の縦書き小説には向きません。

公式サイト calibre  からアプリをダウンロードしてインストールするだけです(無料)

calibre
calibre

このアプリはKindleへの転送と電子書籍の管理に使います

 

AozoraEpub3

AozoraEpub3は、青空文庫の注記入りテキストファイルをePub3ファイルに変換するアプリです。
青空文庫形式のテキスト+画像ファイルをePub3に変換。画像zip/rarをePub3に変換する事が可能です。

AozoraEpub3(無料)

※ AozoraEpub3はJava製のオープンソース・ソフトウェア

 

Kindle Previewer 3

Kindle Previewer(キンドル・プレビューアー)は、 AmazonのKDP(Kindle ダイレクト パブリッシング)で本を出版する際、電子書籍の中身を確認(レビュー)して、文章・構成デザインなどが崩れていないかチェックするアプリです。Kindleの電子書籍の個人出版を簡単にできるツールとして、Amazonが公式にリリースしています。

レビューするだけではなく、他の方式の電子書籍のレビュー・書き出し(エクスポート)にも対応しているので、その機能を利用します。

Kindle Previewer 3(無料)

 

変換

画像形式の自炊小説・自炊コミック・青空文庫形式

自炊コミックや自炊の画像形式の書籍は、Zip、rar形式のアーカイブにまとめておきます。
青空文庫の場合、TXTファイルのままで構いませんが、表紙や挿絵がある場合、テキスト(txt)と一緒にZip形式に変換します。

AozoraEpub3を開き「拡張子.epub」に設定▼

出力先を指定して。ファイルを直接アプリにドロップするだけ。

変換前確認画面が表示されるので「表題」「著者」などを入力して「変換実行」をクリック▼

calibreを起動し「+本を追加」から、先ほど変換したepubファイルを追加します。

追加した本を右クリックして「本を変換」➡「個別に変換」をクリック▼

 

出力フォーマットを「MOBI」にセットして「OK」をクリック▼

右クリックして「ディスクに保存」でPCに保存できます。Kindle端末に転送するだけなら、PCに書き出す必要はありません(後述します)。calibre上で管理しておくと便利です。

青空文庫形式で表示が崩れてしまう場合、Kindle Previewer 3(↓)で再度mobiに変換すると正常に表示される事があります。

 

ePub形式の本

ePub形式の本の場合、Kindle Previewer 3を起動し「本を開く」から読み込みます▼

 

レビュー画面が表示されますので、正しく表示されているかチェックします▼

 

表示が崩れていないようなら「ファイル」から「エクスポート」を選択し保存します▼

 

 

Kindleへ転送

これでKindle形式の「mobi」ファイルに変換できました。Kindle端末へ送る方法は、2種類あります。

 

calibreを使ってKindle端末に転送

単にKindle端末に転送したい場合、上でご紹介した電子書籍管理ソフト「calibre」が簡単です。

calibreを起動しKindleをPCと接続▼

 

ツールバー上に「デバイス」と表示されたら準備完了▼

 

「ライブラリ」を選択し、送信したい本を右クリック「デバイスに送信」>>「メインメモリに送信」▼※ SDカードに送りたい場合は「ストレージカードに送信」

これでKindle端末のライブラリから開いて読む事が可能となります▼

 

Send to Kindle

Kindleのクラウドサーバー内に保存して、色々な端末からアクセスしたい場合、Kindleの「Send to Kindle」という機能が便利です。

指定されたEメール宛てにメールを送るだけでクラウドサーバー内に保存され、端末でダウンロードして読むことが可能になります。

送信先のメールアドレスは、Kindleアプリの設定画面内で確認する事ができます

iPhone▼

2016-08-05 09.35.34_R

Android端末は設定を開くと直接「Kindleへの送信用Eメールアドレス」と表示されています。このメールアドレスは端末毎に違いますが、どこに送っても全ての端末で読む事ができます。
送信元のメールアドレスは「承認済みメールアドレス」から送信する必要があり、承認済みメールアドレスは下記手順で確認・追加する事ができます

  1. コンテンツと端末の管理にアクセスします。
  2. 設定タブをクリックし「パーソナル・ドキュメントの設定」項目まで下にスクロールします。
  3. ページ一番下に「承認済みEメールアドレス一覧」が表示されます。
  4. 新たにメールアドレスを追加する事も可能です

 

メールで送信したファイルは「メニュー」>>「ドキュメント」内に保存されます▼2016-08-05 02.45.51_R2_R

 

タップでダウンロードされます▼2016-08-05 12.30.13_R

メールでの送信は、50MBのサイズ制限があります。大きいファイルを送ってエラーになる場合、Windows / Mac 版のデスクトップアプリや、Firefox / Google Chrome 用のアドオンなども用意されています。

 

まとめ

自炊した古い本やコミック、Kindleに無い本、他のデジタルデータで買った電子書籍は、スマートホンなどの電子書籍リーダで読んでいる方も多いと思います。しかしながら、せっかくKindle端末を持っているのに、それで読めないのはもったいないですね。

以前から私は、この方法で変換してKindleで読んでいます。しかし毎回忘れてしまい、使っているアプリや手順などを思い出すのが大変です。自分の備忘録として記事にしました。

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top