スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

Amazon アレクサ(Echo)とLINEを連携させてメッセージを送る方法【IFTTT】

Amazonデバイスのスマートスピーカー「Echoシリーズ」を使って、LINEメッセージを送る方法をご紹介します。

アレクサでLINEメッセージを送る場合、スキルが用意されていれば簡単なのですが、LINEのスマートスピーカー「LINE Clova」のように簡単にはいかず、IFTTT(イフト)を使ったひと手間が必要です。

 

IFTTT(イフト)

IFTTTとは、様々なWEBサービスを連携して自動処理してくれるサービス。
例えば、YouTubeで「後で見る」に追加したものだけをEvernoteに自動保存したり、twitterで特定のハッシュタグを付けたものだけを、自動的にfacebookに投稿したりできます。

IFTTTのアプレットでは、IF(もし) This(xxx)だったら、Then(そのときは)  That(〇〇〇)実行 」という形でxxx、〇〇〇にサービスのアクションを指定して連携します。この赤文字の頭文字をとってIFTTTという命名になっています。

アレクサもIFTTTに対応しているので、LINEと連携する事でメッセージを送る事が可能となります。

IFTTTは、公式サイトとアプリの2通りから利用が可能です。以前はiPhoneアプリしかありませんでしたが、最近Android版もリリースされました。

IFTTTサイト

 

 IFTTTアプリ

開発: IFTTT
評価:

icon-itunes

 

IFTTT設定

アカウント連携

IFTTTでアカウントを作成してログイン後、最初にAmazon Alexa , LINEのサービスと連携させます。

WEBサイトの場合、サービス名を入れて検索して「Services」をタップすると表示されます▼

※ IFTTTアプリの場合「Get more」から探せます

それぞれ、Echoで使っているAmazonアカウントと、メッセージを受け取りたいLINEアカウントを登録(ログイン)します。

 

Appletsを作成

次にIFTTT側のアプレットを作成します。

Webサイトではアイコンをタップして「Create」。アプリの場合「Get more」から「Create」▼

 

次にThisの前の「+」をタップしてAmazon Alexa▼

 

「Say a specific phrase」をタップし「What Phrase?」にアレクサのトリーガーとなるフレーズを入れます。
しかしながら、ココで入力したフレーズは無視されますので、何でも構いません。

 

Thatの「+」をタップ▼

 

次にLINEを指定し「Send message」をタップ▼

 

「1:1でLINE Nofifyから通知を受け取る」を選択し、「Message」に送るトーク内容を入力。
ここで「TriggeredAt」を挿入すると、メッセージを送った時刻のタイムスタンプが一緒に送られます。

これで「Finish」をタップして完了です。ここで「Receive notifications when this connection is active」をオンにしておくと、毎回IFTTTにアクションログが記録されます。またアプリを使っている場合、毎回LINEとともに実行通知が届くので、煩わしい場合はオフにしておくと良いでしょう。

 

Receive notifications…をオンにすると、毎回2つ通知が届いてしまいます▼

 

アレクサアプリにアクション登録

次にAlexaアプリを使って定型アクションを作成します

Amazon Alexaアプリ

開発:AMZN Mobile LLC
評価:
無料

icon-itunes

 

アプリを開いて左上のメニューから「定型アクション」をタップし、右上の「+」から追加します▼

 

定型アクション名を入力します「xxxLINE通知」などの名前が分かりやすいと思います。
次に「開始フレーズを指定」し、アレクサに呼び掛けて実行するためのフレーズを入力します▼

※ IFTTTのアプレット作成の時「フレーズは何でもよい」と書きましたが、IFTTTで指定したフレーズは無視され、ここで指定したフレーズがトリガーになります。

※ 今回はフレーズを指定していますが、指定時刻にメッセージを送ったり、モーションセンサーをトリガーにする事も可能です

 

次に「アクションを追加」「+」から、「IFTTT」をタップ。IFTTTで作成したアプレットが一覧表示されるので、該当のものをタップしてチェックを入れます▼

 

最後に「保存」を押して完了▼

 

これで、指定したフレーズを話すとアレクサが「わかりました」と反応してトークを送信します。

LINE Notifyというトークルームで受信します▼

 

まとめ

Alexaでは、あらかじめ指定しておいたメッセージしか送る事ができませんので、その分幾つも登録しておくなどで対応するしかありません。
用途としては、スマートホンを持っていない子供から親にLINEを送ったりするのに便利ですね。

こんな感じで登録しておけば、スマホ無しでも出かけている親に色々と伝達できます▼

子供
アレクサ、ただいま

親スマホ
XX時xx分 〇〇君が帰宅しました!

子供
アレクサ、ごちそうさまでした

親スマホ
XX時xx分 〇〇君がお弁当を食べました。

子供
アレクサ、遊びに行くね

親スマホ
XX時xx分 〇〇君が遊びに行きました!

子供
アレクサ、塾に行くね

親スマホ
XX時xx分 〇〇君が塾に出発しました!

子供
アレクサ、はらへった

親スマホ
XX時xx分 〇〇君がお腹が減ったそうです。

追記:モーションセンサーでLINEメッセージを送る方法の記事を公開しました

Amazonのスマートスピーカー「Echo Flex 」(エコーフレックス)のモーションセンサー・モジュールを使って、LINEメッセージを送る方法をご紹介します。先日、「AlexaとLI...

モーションセンサーを玄関にセットしておいて、子供が帰宅時に親のスマホにLINEが届くように設定したり、空き巣対策の動作検知記録なども可能です。

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top