スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

WiMAX(ワイマックス)とは?ポケットWifiとの違いは?!メリットと注意点まとめ【簡単解説】


最近は、在宅勤務やオンライン授業のテレワークで、モバイルWifiへの注目が集まっています。モバイルWi-Fiルーターの契約を検討中であれば、「WiMAX(ワイマックス)」という文字を良く目にすると思います。

WiMAXと聞くと「家でも外でもインターネットを使えるモバイル通信?ポケットWIFIサービスの一種だろう」と漠然と認識している方が多いと思います。しかしながら、実際に契約しようと調べるうちに、サービス名、プラン名や通信規格、機器、キャンペーン情報などが溢れかえって頭が混乱してしまうと思います。

そこで今回は、WiMAXについて簡単に解説したいと思います。

 

WiMAXって何?

WiMAX(ワイマックス)とは、無線通信技術の規格のひとつで、正式名称 Worldwide Interoperability for Microwave Accessからの略語です。

WiMAXは、Microwaveとあるように、マイクロ波を利用した世界標準の通信方式で2.5GHz(5GHz)の専用周波数帯の電波を使用します。

IEEE802.16-2004という通信規格を使用しており、一見Wifiで使用するIEEE802.11に近いように見えますが、無線LANの標準規格ではありません。3G/4G(LTE)/5Gと同様の無線通信技術の規格となります。

厳密には、現在販売されているサービスは、WiMAXの技術に接続する基地局を切り替える仕様を追加した「モバイルWiMAX(IEEE802.16e-2005)」をWiMAXと呼んでいます。
日本ではUQコミュニケーションズから高速モバイル通信サービス「 UQ WiMAX」が提供されています。

「 J:COM WiMAX 2+」「jp WiMAX」など「〇〇 WiMAX」とワイマックスサービスが氾濫していますが、UQコミュニケーションズの提供するWiMAX回線を各プロバイダが販売しているだけです。

要はWiMAXとは、通信方式の名称だが、実質的にUQ コミュニケーションズが提供するWiMAXサービスの通称だと覚えておくと良いでしょう。

 

WiMAX 2+とは

サービス開始当初のWiMAX回線は、最大通信速度が40MbpsとLTE回線にも及ばない回線速度でした。しかしながら 2013年に登場した「WiMAX2+」回線は、最大通信速度は110Mbps※とLTEを超える速度に進化しました。
現在は、2+の表記がないWiMAXサービスもWiMAX2+回線となっています。

※ 現在は実質の下り最大1,237Mbps(ハイスピードプラスエリアモード時)

WiMAXとポケットWIFIの回線の違い

「ポケットWiFi」と聞くと、モバイルルーターを使ったWifiサービスの総称のように聞こえますが、Y!モバイル(Y!mobile)から提供されているサービスの名称です。回線はLTE(FDD-LTE / AXGP / TDD-LTE) を使っています。

WiMAXは、前述しましたように、UQコミュニケーションズから提供しているサービス(UQ WiMAX)の事。回線は、WiMAX 2+ と au 4G LTEを利用しています。

 

WiMAXのメリットと注意点

メリット
 無線なので工事無しで使える
 キャリアのWifiサービスより格安
 家でも外でも使える
 複数の機器で同時接続が可能
 スマートホンのデータ節約になる
 ギガ放題プランの存在
 高速通信が可能

 

注意点
 3日で10GBの制限がある
 1つ余計な荷物になる
 LTE回線よりは対応エリアが狭い
 LTEより障害物に弱い
 WiMAXプロバイダが多く選別が大変
 接続台数に制限がある
 家庭で使うと持ち運べない

 

WiMAXのメリットと注意点の補足しておきます

WiMAXを使うメリット

無線なので回線工事が不要なのはもちろん、固定回線の替わりにも使えるので、家・外出先での共用が可能です。
実家に帰って固定回線が無い人や、長期出張などに便利なサービスです。

外出先では、ノートパソコンやタブレット端末で使用する以外にも、スマートホンの接続先に設定しておけば、携帯キャリアの利用容量を圧倒的に抑える事が可能です。スマートホンの契約内容を見直して、データ容量を少なく切り替えたうえでWiMAXと契約すれば、総額でかなり安く抑えられます。

また通常のモバイルWifiサービスは、最大接続台数が4・5台程度と少ないのに対し、WiMAXでは最大16台(ルーターにより違います)まで接続が可能となっています。

 

 

WiMAXの注意点

WiMAXは、ギガ放題プランに加入していても、3日間で10GBの使用容量制限があります。
これを超えて使用すると、高利用時間帯に制限時速度が1Mbpsになります(ギガ放題プラン時)

10GBの容量でYouTubeを視聴した時の参考時間

 

しかしながら、掛かる制限は翌日の18時~翌々日2時までの8時間と比較的緩く、携帯キャリアのように月末まで制限されるという性質のものではありません。

WiMAXの公式サイトでも、ギリギリ3日で9.9GBに抑えて使うように推奨されています▼

またWiMAXは、高い周波数帯域の電波を使用しているので、 高速通信が可能な一方で障害物に弱いという特性があります。
そのため地下や高層ビル街などで、電波の入りが悪いという事が多いようです。
使用する場所で速度がでない、使えない、といった事もあり得ますので、注意が必要です。

またメリットでも書きましたが、一番接続台数が多い機種を使っても最大で16台となっています。モバイルルーターとしては破格に多いですが、ファミリーで本格的に使うにはギリギリの接続台数です。
当然ですが、家族用として利用すると、誰かが持ち出すと他の人が利用出来なくなってしまうので、据え置きとしか使えなくなります。

 

ギガ放題プラン

WiMAXは通常(ライト)プランの他「ギガ放題」という、データが使い放題のプランが用意されています(3日間10GB制限はあり)
通常プランは、7GB/月と利用容量が少なく、使い果たしてしまうと速度制限が月末まで128Kbpsとなります。
月額料金はギガ放題プランとの価格差も千円以下で、費用対効果で考えても実用的ではないので、ギガ放題プランで契約するのが一般的です。

 

プロバイダーの選び方

前述しましたようにWiMAXは、UQ WiMAXの通信回線を使っているので、どのプロバイダーを選んでもエリアや速度、通信容量などは全く同じです。

そのためプロバイダー比較は、キャッシュバックや月額料金の割引期間など、キャンペーンを含めた料金のみで選ぶ事になります

現在 WiMAXは、一律3年プランになっているので、実質負担する3年間の総金額で比較すると良いでしょう。

実質の月額の目安は、約3,500円から4,380円の間。3年間の総額は、 126,000円から157,680円くらいの間です(2020年9月現在)
ちなみに回線を提供しているUQ WiMAXが一番高く設定されています。

月額料金が業界最安値!と書かれているが、キャッシュバックが無いプロバイダーがあります。この場合、実質的な月額料金に換算すると、割高になってしまう場合もありますので、売り文句に騙されず3年間の総額に換算するようにして下さい。

 

The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top