LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【レビュー】アウトドア向けビビットオレンジ登場!IP67防水Bluetoothスピーカー『Tribit StormBox Micro』

サウザントショアス株式会社(Thousand shores Inc.)の音楽ブランド「 Tribit 」 より発売されている、Bluetoothスピーカー『StormBox Micro(ストームボックス・マイクロ) 』に新色のオレンジが追加されました。

Tribit StormBox Micro は、ストーム(嵐)の名前が付いているように、ビーチや雨の中のキャンプなど、過酷な環境下で使える IP67 等級の防水防塵規格に準拠したアウトドア向け小型BTスピーカーです。
以前、当ブログでは StormBox Micro のブラックをご紹介しましたが、新色として鮮やかな蛍光オレンジが追加となりました。アウトドア向けの Bluetooth スピーカーという事で、視認性の高いカラーの要望が多かったようです。

 

ザックリした感想

お勧めポイント
 音圧(音量)に迫力がある
 スピーカーから音楽操作が可能
 通話機能でお風呂で通話もできる
 背面バンドであらゆる場所に取付自由
 1回の充電で約8時間の使用が可能
 IPX67 防水でお風呂やアウトドアで使える
 2スピーカーモードが魅力

 

残念な点
 低音が少し弱い
 クリアサウンドが苦手

 

Tribit StormBox Microスペック

※ メーカーさんの方からサンプル品をご提供頂いてのレビューとなります。金銭の授受などはありませんので、公正な視点で製品をレビューします。
型番 BTS10
スピーカー出力 9 W
Bluetooth バージョン:5.0
周波数 70-20KHz
動作範囲 約 30 メートル
防水等級 IP67
インターフェイス USB -C
バッテリー容量 2,600 mA / 3.7 V
入力 5V / 1A
音楽再生時間 約 8 時間
充電時間  3.5 時間
サイズ Φ98.3 x 厚さ34.8 mm
重量 約  290グラム

TWS機能対応:2台の StormBox Microを接続することでステレオサウンド再生が可能

今回のオレンジの筐体は、ベースのレビューに関してはブラックの記事を引用します

開封レビュー

【セット内容】

  • Bluetoothスピーカー本体
  • 取扱い説明書
  • 充電用USB-Cケーブル

 

取扱説明書はマルチ言語になっており、日本語の記述もあります▼

 

製品レビュー

ボディは布製スピーカーグリルで覆われており、四角おにぎりといった可愛らしいルックス▼フィルターで実物に近い色を再現していますが、実際はもっと眩しい蛍光オレンジです

 

手に取ったサイズ感▼

 

重さは実測で約 290グラム▼

 

電源とBluetooth ボタン、バッテリーインジケーターは前面に配置▼

 

音楽・動画関係の操作ボタンは、前面のスピーカーグリル部に配置されています▼

 

充電は USB-C ポートから行います▼

 

ボディは IP67 高防塵防水対応しており、お風呂や雨の中のアウトドアキャンプなどでの使用も可能です。
完全防塵+IPX7 の防水「水深1mで30分間水没に耐え得る」等級です

 

完全防水にもかかわらず USB-C ポートにはカバーがありません。フタの閉め忘れや緩みから浸水する心配がないのがいいですね。
ただし充電時には水分が完全に乾いている事を確認する必要があります。

 

新色カラーについて

ブラックと並べて印象をチェックしました

 

ブラックはスピーカーグリル以外も全体的にブラックですが、オレンジは下半分がアイボリーです▼

 

自然の中だとエマージェンシーカラーは視認性が高いです▼

ちなみにアウトドアと言えば、カーキや迷彩といったアーミー色をイメージしますよね。しかしアースカラーの製品は、サバゲ―やキャンパー向けです。
登山や狩猟、沢登りなど、山の中に入る人間は、暗い色だと熊と間違われてハンターに撃たれる心配があります。また、遭難した時に救助ヘリからも見つけやすいように目立つ色を着用する事が推奨されています。
アイテム類も同様に失くす心配がありますので、オレンジ、赤などのエマージェンシーカラーや、違和感のあるブルーといった自然に少ない色が人気です。紅葉の季節だと、オレンジは葉っぱに埋もれて見失う心配がありますけどね。
ジョギングシューズのソールは、車からの視認性が良いように、ピンクやオレンジ、蛍光色が多いですね。理由は同じです。

 

シリコンゴムバンド

裏側には、ゴム足の他にシリコンゴムが付いており、色々な場所にマウントする時に便利です▼

 

自転車に装着してもズレたり落ちたりする事はありませんでした▼

 

ザックの肩紐に付けたりもできます▼

 

使い方

操作方法

+ボタン -ボタン
1回タップ 音量アップ 音量ダウン
1回長タップ 音量最大 音量最小

 

マルチボタン(▢)
音楽操作
1回タップ 再生/一時停止
2回タップ 次の曲へスキップ
3回タップ 前の曲へスキップ
長押し Siri、OKグーグルなどの 音声ガイド
通話
1回タップ 通話/終了
通話中1回タップ 通話切替

 

音質 / 操作性 / モード

小型ボディにも関わらず 9W の出力があるので、音圧が強く音量を大きくしても割れる事がありません。
むしろスマートホンで部屋の中で聴くには、1/4のボリュームで丁度良いほど。
パーティー会場や BBQ、キャンプなどで音楽を流して置くには便利そうです。

音質は中音域に集まっており、透き通った高音や腹に響く低音はやや苦手といった印象です。
だからといって濁ったという音質でもなく、良くも悪くも聴き取りやすい音質です。

 

TWS機能

StormBox Microは、TWS機能(True Wireless Speaker)を採用していますので、2台購入する事で広がりの有るステレオサウンドが楽しむ事ができます。
今回はメーカーの方から2台ご用意頂きましたので、TWS機能を体験する事ができました。

 

2スピーカー使用時には、パーティーとステレオの 2種類のモードが用意されています。
パーティーモードは、2つのスピーカーに同時に同じ音源を流すモードで、大きな会場などで音楽を流して置く時などに使えます。
一方、ステレオモードは、文字通りステレオサウンドを流す事ができるモードです。

接続方法は、1方のスピーカーとデバイスをペアリングした後、もう1個のスピーカーの電源を入れます。
その後、2つの Bluetooth ボタンを5秒間同時押しする事で接続します。
接続が完了した後は、Bluetooth ボタンを押すごとにパーティー/ステレオモードが切り替わります。

ステレオモードで音楽を聴くと、やはりシングルスピーカーとは比較にならない音の広がりがあります。

YouTubeに音質チェックの動画を公開しています▼

 

 

Tribit StormBox Microレビューまとめ / 価格

StormBox Microは、音楽鑑賞というよりは、外に持ち出してキャンプなどで使うアウトドア向けスピーカーです。新色のオレンジは、自然の中に持ち出すのには良さそうですね。

コンパクトな体形に似合わず、音圧が強く大音量に耐えられますので、パーティーモード(2台)で使用すれば体育館の半分くらいはカバーできるレベルです。小さいボディですが、屋外イベントなどでも使えそうです。

価格は¥4,490。Amazonで購入が可能です
今回はメーカーの方から割引クーポンを発行して頂いております

クーポンコード(オレンジ):ORANGE10(700円オフ)
クーポンコード(ブラック):TBLACK10(600円オフ)
有効期間:~2021年 5月23日 23:59
Tribit StormBox Micro Bluetooth スピーカー(オレンジ)
Bluetoothスピーカー IPX67完全防水 スピーカー TWS機能 ポータブルスピーカー 9W Bluetooth5.0

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top