LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

【Amazonセール】Wear OS by Google搭載モデルなどG-SHOCKスマートウォッチ6点がセール中!

先月5月15日に発売されて話題となった、G-SHOCK初のWear OS by Google搭載スマートウオッチ「G-SQUAD PRO GSW-H1000」がAmazonで値引き販売中です。

旧モデルもセールを実施中で、値引率もかなり高くなっています。

 

G-SQUAD PRO GSW-H1000シリーズ

Wear OS by Google搭載の最上位モデル

 

SoC
非公開
構造
耐衝撃構造
防水性能
20気圧防水
ディスプレイ
1.2インチ、2層液晶、カラーTFT液晶(360×360ピクセル)+モノクロ液晶
タッチパネル
静電容量式タッチパネル(防汚コーティング対応)
GPS
搭載(GPS、GLONASS、みちびき対応)
カラー地図機能
搭載(オフライン対応、最大5か所まで保存可能)
センサー
光学式(心拍計)、磁気(方位)、圧力(高度/気圧)、加速度、ジャイロ
マイクロフォン
搭載
バイブレーター
搭載
Bluetooth
 V4.2(Low Energy対応)
Wi-Fi
IEEE802.11 b/g/n
ボタン
電源ボタン、APPボタン、STARTボタン
バッテリー
リチウムイオン電池
充電方式
マグネット圧着式充電端子
充電時間
常温で約3時間
バッテリー持続時間
通常使用(カラー表示):約1.5日
時計とセンサーのみ(タイムピースモード):約1ヶ月
(使用環境によって変動します)
本体サイズ
約65.6×56.3×19.5mm
質量
約 103g(バンド含む)
OS
Wear OS by Google
対応携帯電話
最新版のAndroid / iOS

先日、CASIOの人気のスマートウォッチ、PRO TREK Smart(プロトレック スマート)全機種が、突然生産終了になった事で話題となりました。GSW-H1000は、デザインこそG-SHOCKですが、器を入れ替えたPRO TREK Smartという印象です。ただし防水性能は、5気圧から20気圧にグンと上がっています。

 

バッテリーの持ちに関しても、通常使用で約1.5日、時計とセンサーのみのタイムピースモードで約1か月。こちらもPRO TREK Smartと同じ。

搭載するSoCに関しては非公表です。Bluetooth バージョンが Low Energy対応のv4.2との事なので、最新の「Snapdragon Wear 4100」を採用していないと思われます。スペックで参照すると恐らくWear 3100 だと思われます。

 

マルチスポーツに対応

当社独自のアプリにより、15種のアクティビティと24種の屋内ワークアウトに対応します。心拍計測が可能な光学式センサーに加え、方位・高度/気圧・加速度・ジャイロセンサーを搭載し、GPS衛星から位置情報を取得することで、走行ルートや距離、速度など幅広いスポーツをサポートするデータを計測します。

ちなみにPro Treak スマートの目玉機能であった、登山アプリYAMAP(ヤマップ)には対応していません。そこだけは残念ですね。

※2021年05月15日発売の、CASIO G-SHOCK シリーズ 「G-SQUAD PRO GSW-H1000」ではYAMAP Wearアプリは動作いたしません。
sauce:ご利用環境について – YAMAP ヘルプセンター

 

 

G-SQUAD GBD-H1000シリーズ

20気圧防水の堅牢なボディに5つのセンサーを搭載した前モデル。スポーツトラッキングやスマートホンの通知表示機能、GPSトラッキング機能などを搭載。また、心拍数や走行速度などの計測値から、心肺能力の基準となるVO2maxの計測にも対応。ランニングなどの持久力強化の指標とすることができます

一番の特徴は、GPS機能、心拍計を含むトレーニング機能には通常のUSB充電を使いますが、時計としての日常使いにはソーラー充電が可能。外出先でバッテリーが切れても太陽光にあてるだけで時計としての機能が復活可能です。

 

G-SQUAD GBD-100シリーズ

 

G-SQUAD GBD-100-1A7JF

 

G-SQUAD GBD-100SM-1JF

 

 

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top