スマホLABOホンテン

iPhone/Andoroid/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店の無い本店】

Magic-BenのUMPC「MAG1」に日本Amazon限定 Core i7-8500Yモデルが登場

中国新興メーカー「Magic-Ben」からリリースされている、UMPC(ウルトラモバイルパソコン)「MAG1」に、「Core i7-8500Y」搭載のAmazon限定版モデルが登場しました。

Magic-Ben MAG1 スペック

OS Windows 10
CPU Intel Core i7-8500Y
ディスプレイ 8.9 インチ
2560 x 1600 Pixcels
RAM 16 GB
ROM 512 GB
microSD
スロット
最大 128 GB
Wi-Fi 802.11 b / g / n 
Bluetooth 4.0
バッテリー 8,600mAh
対応バンド
4Gモデルのみ
※要確認
GSM/GPRS/EDGE:
B2,B3,B8
HSPA+:
B1,B2,B5,B8
TD-SCDMA:
B34,B39
LTE FDD:
B1,B3,B8
LTE TDD:
B38,B39,B40,B41
インターフェイス 3.5mmイヤホンジャック
USB3.0 x1
USB-C x1
Micro HDMI 
 サイズ 207.2 x 146.5 x 17.5mm
 重量 690 g
その他

標準モデルのCPUは、UMPCに定番のIntelの第8世代プロセッサ「Core m3-8100Y」を搭載していましたが、Amazon限定モデルは「Intel Core i7-8500Y」搭載のハイエンド向けモデルとなっています。

Core i7-8500YはIntelの第8世代Coreプロセッサ。2コア/4スレッド、ベースクロック1.5GHz、Turbo Boost時最大4.2GHz。標準モデルのCore m3-8100Yと比較して、ベースクロックは400MHz、Turboクロック時で800MHzも高速化されます。
GPUの最大動作クロックも900MHzから1.05GHzへと増強されています。

他のベーススペックは、メモリが16GB、ストレージが512GB PCIe SSD、ディスプレイは2560 x 1600ドット/タッチ/2,048レベル筆圧ペン対応の8.9型。OSがWindows 10 Home、指紋認証システムも搭載しています。

 

また限定モデルは、Wifiモデルと4G+Wifiモデルの2タイプが用意されており、製品ページ上にはLTEバンドの表記がありませんでした。
スペック表のLTEモデルは、暫定的にスタンダードモデルのLTE版で採用されていたLTEモジュールでのバンドを掲載しています。

現在、メーカーの担当者に対応LTEバンドについて問い合わせ中ですが、現在 中国は春節の長期連休に入ってしましましたので、1月中はお返事は来ないと思います。

Magic-Ben MAG1 Core i7-8500Y 限定販売版(WiFi+4G LTE)
Ultrabook 8.9インチ 狭額ベゼル 2K IPSタッチスクリーン Windows10搭載 16GBメモリ 512GB SSD

 

Magic-Ben MAG1 Core i7-8500Y 限定販売版(WiFi)
Ultrabook 8.9インチ 狭額ベゼル 2K IPSタッチスクリーン Windows10搭載 16GBメモリ 512GB SSD
The following two tabs change content below.
タカシ

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top