LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Qiワイヤレス充電対応のオート開閉式の車載ホルダー 「HonShoop T6」【実機レビュー】

Qi ワイヤレス充電車載ホルダー 「HonShoop T6」のレビュー記事です。

「HonShoop T6」は、人感センサーを搭載しており、スマートフォンをかざすだけで装着が可能な車載ホルダーです。
また取り外す時はタッチセンサーでワンタッチ。車載ホルダーの一番煩わしい脱着作業がとにかく簡単です。
またQiワイヤレス充電に対応しているスマートフォンであれば、充電しつつカーナビアプリなどを利用可能です。

HonShoop T6

  • 型番:T6
  • 材質:ABS + PC 輸入:DC 5V / 2A若しくは9V / 1.67A
  • 出力:10W / 7.5W / 5W
  • 充電ポート:Type-C
  • ワイヤレス充電通信有効距離:8 mm
  • ワイヤレス充電変換率:≥75%
  • ワイヤレス充電周波数:110-205 Khz
  • 製品のサイズ:128.5 x 70.2 x 33.2mm
  • 重さ:112g

【セット内容】
ホルダー本体 x1
吸盤スタンドx1
エアコン吹き出し口クリップx1
Type-Cケーブルx1
取説などの紙類

 

日本語取扱書は日本語表記もあります▼

 

筐体

筐体は艶アリブラック。装着前にピカピカ光る車載ホルダーが多いですが、こちらは一切光りません。

 

 

エアコン吹き出し口と吸盤アームの2種類の取り付けに対応しています▼

 

エアコン吹き出し口用クリップ▼

 

付属のケーブルは、USB-A➡USB-C。車載ホルダーにはUSB-Cを挿し込みます▼

 

動作テスト

 

センサーで開くので、スマートフォンを持って行くだけでセットできます▼取説には「青いパイロットランプが光ります」とありますが、どこが光るのか分かりません💦

 

取り外す時は、背中側の頭部分にあるタッチセンサー部に触れるだけ▼※ こちらの車載ホルダーにはバッテリーが内蔵されていないので、エンジンを切ると開きません。

ちなみにiPhone 12 Miniはワイヤレス充電のコイルと位置が合っているようで、充電できました▼

 

車に取り付けテスト

アームで付けたい場合、強力な吸盤で付ける事になります。これは不安がありますね。

 

吸盤はベタベタしたゲル状。水洗いして何度でも吸着力を戻せます▼

 

シガーソケットにUSBアダプタを装着して、そこから電源を供給します▼※ 急速充電するには、Quick Charge2.0/3.0の USBカーチャージャーを利用必要があります。
iPhone 12以降の「MagSafe」充電には対応していません。

ダッシュボードはデコボコですが、しっかりと貼りついて剥がれません▼

 

こんな感じで付けてみました▼

 

ちなみにケースは6mm以下の厚さのもので、金属製やバンカーリングには対応していません。普通のQiワイヤレス充電器で充電できれば、問題なく使えると思います。

 

価格・まとめ・販売サイト

人感センサーでの装着、タッチセンサーで取り外し、Qiワイヤレス充電対応。ピカピカ光らない。
この条件を満たす車載ホルダーって意外と見つかりません。
この前頂いた車載ホルダーは、電源がつながっていると常にピカピカ光ってゲーミングPCのようでした。シンプルで必要十分という点が気に入りました。

価格は2,699円。Amazonで購入可能です。

 

HonShoop車載Qi ワイヤレス充電車載ホルダーHonShoop T6
10W/7.5W 急速ワイヤレス充電器
 
The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top