LABOホンテン

スマホ/iPhone/PCタブレット/格安SIM・アプリ・ガジェット・ゲームなどの総合デジタル情報【支店はない】

Kindleファームアップデート(5.13.7)でインターフェイスが直感的に!広告ありモデルも広告が減少【変更点まとめ】

 Amazonの電子ブックリーダー「Kindle」に最新ソフトウェアアップデート5.13.7がリリースされました。
最新ファームを適用することにより、ユーザーインターフェースが格段に使い易くなり、広告ありモデルのホーム画面から広告が大幅に消失します。

今回のアップデートでの変更点をまとめてみました

Kindleファームバージョンのチェック方法

ファームウェアのバージョンは、設定の「端末オプション」>>「端末情報」から確認できます

Kindleファーム5.13.7の変更点

画面下に常にナビゲーションメニューが表示

ホーム、ライブラリ、現在読書中の本が常に一発で選択可能なナビゲーションメニューが追加されています。

今までは、画面を下にスクロールすると、画面の移動に上まで戻って操作する必要がありましたが、今回のアップデートで手間が不要となりました。これは便利です。

旧バージョンでは、上部メニューに全て入っていました▼

 

新バージョンでは、上部は検索メニューのみです▼

 

広告ありモデルの広告が減少・消失

上述したナビゲーションメニューが搭載された事で、画面下部に常に表示されていたバナー広告が消えました▼

 

広告ありモデルを購入した場合、スリープ画面(ロック画面)にオススメ本の広告が表示される点は変わりません。しかしながら、趣味趣向からオススメ本を提案してくる割合が減った気がします。私はアップデート後、Kindleストアの広告ばかりが表示されています。

 

メニュー>>「すべての広告を表示」を選択すると、ホーム画面に表示されている広告を全て抜粋表示する事ができます。

試しに実行するとKindleストアの広告が1つだけ表示されているだけでした▼

 

直接明るさ調整が可能に

読書中に画面上部を下にスワイプすると、直接明るさを調節できるようになりました▼

 

画面の上部をタップすると、以前と同じメニューが表示されますが、直接ホームに戻るボタンは無くなりました▼

 

まとめ

今回のアップデートは、広告ありモデルを使っている人にとってはメリットしかありませんね。
これだけの広告であれば、2,000円高い広告なしモデルを買う意味が見いだせません。

The following two tabs change content below.

タカシ

iPhone/Androidをはじめ最新家電が大好きなWebエンジニアです。あまり優等生な記事では面白くないので、少し際どい皆が本当に知りたい情報を記事にしてゆきたいと考えています。二次情報を転載するだけの「スマホ情報ブログ」にならないよう役に立つ情報を発信してゆきます。

コメント

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top